ゲスじゃダメなんですか?

(なんかタイトルが民主党のアレみたいになっちゃったな)

ゲス

漢字で書くと下衆

元々は身分が低い人々を指す言葉なのですが

今、ニュースでよく聞きますね

(某バンドマンの件で)

今日はゲスの極みについて考えてみようと思いますw

いやバンドの話ではなくて

ゲスな奴

生きていれば

身の回りに“こいつゲスだな”

と思う相手はたくさんいるんじゃないかなと思います

そして自分自身にも“ゲスだな”と思える部分はおおいにあるんだと思います

よくよく考えてみれば

だいたいみんなゲスなんじゃないかと

そんなふうに思えてきます

もちろん皆さんステキなところもたくさんあって

立派に生きてらっしゃるんですが

ゲスの極み

もし

これは仮の話です

その人物がゲスの極みだったら

要は何も美しいものをもっていない

とんでもない奴がいたとします

はっきり言えば迷惑以外の何者でもでもなく

だれも一緒にいたいなんて思わないと思います

そんな人

じゃあゲスの極みたるその人は

生きてる意味はないのでしょうか?

ゲスの極みでもいいんじゃないかなと

ここからは私の考えです

ゲスの極みで何も美しいものを持っていなくても

その人が生きていてはいけない理由は特にないと思います

もちろん問題は山積みです

沢山の人が悲しむことになるのかもしれません

それでも生きてちゃダメなんてことはどの人にも言えないんじゃないかなと

結局何が言いたいのかと

自分に自信がもてない

自分は何にも役に立たない

自分は人に迷惑ばかりかけている

そんなふうに思うこと私はよくあります

けれど何にもできなくても、何にも誇れるものがなくても

生きてちゃダメなんてことはなくて

きっとそのうち誰かに必要とされる日がくるかも

って自分に言い聞かせたいだけなのかなと思います

このブログを書いた人

ぬい
ぬい

ぬいです 自分はあまり人とコミュニケーションをとるのは得意ではありません けれども誰かのお役に立てればと思い参加致しました なにとぞよろしくお願いします...

プロフィール詳細はこちら
ぬいが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全4件のコメント

  1. ぬい 2016/02/26 19:58

    生きてちゃいけない人間はいない
    これは正しいようで
    実生活ではなかなかそれを実感できない部分もあるような気がします
    もしかしたら自分も必要とされない人間なんじゃないかなんて落ち込むこともあるんだと思います
    その疑問にはっきり答えることはとても難しいのですが
    とりあえず人に“不必要な人間はいない”と伝えるなら
    自分自身も不必要な存在ではないと思えるようになれるといいなって私は思います

  2. 鷹れん 2016/02/25 16:17

    ぬいさん、
    いつもブログ楽しみしています。鷹れんです

    いろいろ考えたのですが、結局「生きてちゃいけな人」っていないと思います。
    なにが出来なくても、極悪人でも、たとえ誰かから「役立たず」「いらない」なんていわれても。
    その人を必要としている人はどこかにいるのかなって。

    まぁそれも、私が「自分に言い聞かせたいだけ」なのかなと思いますけれどね(´ω`)

  3. ぬい 2016/02/21 19:48

    まいんさんへ
    全てがダメでも
    なにも素敵なところがなくても
    まあそれでいいんですよ
    たぶん

  4. まいん 2016/02/21 19:34

    少なくともぬいさんのブログは私には必要とされてるので安心してください。(逆に安心できない!?)
    生きてちゃダメって自分自身が思うから余計辛くなるんでしょうかね。

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク