好きな人へ愛情伝えよう(勝手に)②

皆さんおはようございます。鷹れんです。

私はブログを書くとき、たまに「たった一人に向けた手紙」だと思って書くことがあります。相手がピシッとひとりに定まると、言葉を選んだりするときに「その人だったらどう受け取るだろう」というひとつの基準ができるから。

今回のブログも、たった一人に向けて手紙かもしれません。以前、オハナさんのブログ「好きな人へ愛情伝えよう①」で愛情を伝えられてしまったので、お返事を書くことにしたのです。

そもそも「オハナさん」とは

オハナさんへの愛を書く前に、まずオハナさんという人物について書かせていただきます。

オハナさんを一言で表すなら「お喋り爆撃機」なんて言葉がピッタリ。・・・つまりはそういう女性です。(笑)三度の飯よりお喋りが好きで、特に自分の趣味のこと(アロマ、ファッション、三代目J Soul Brothersなど)になると止まりません。しかしそれが嫌なわけではなく、気づいたら引き込まれてしまうんですよね。不思議です。

私が人にオハナさんを紹介するときには、よく「彼女はステーキだ」と表現をします。たまに食べるうちはごちそうだけれど、三食ステーキが三日続いたりしたら胃も心もしんどくなりませんか。・・・つまりは、そういうことです。二週に一回くらいがちょうどいい。

鷹れんとオハナさんの関係性

なんて散々に言いましたが、意外と私はオハナさんのことを信用しています。嘘ではないですよ。

鷹れんから見たオハナさんの魅力は後ほど書きますが、ステキな女性です。

では鷹れんとオハナさんはどんな関係性かといえば・・・微妙に複雑です。

以前「ファンです!」宣言をされたと思ったら今度は「(オハナは鷹れんの)猫だ」的発言をされたり。あえて言葉にするなら「友達」なのかなぁと思うけれど、微妙に違う気もする。うう~む、しっくりこない。

まぁ、そんな関係です。(どんなだ)

オハナさんの魅力

オハナさんは意外と打たれ弱い豆腐メンタルなので、そろそろフォローをしておきます。

オハナさんの魅力1.テーマを問わないお喋りさ

オハナさんの魅力は、なんといっても「お喋りであること」。テーマを問わず、恋愛だろうが悩み相談だろうが将来のことだろうが趣味の話だろうがなんであろうが揺るがないお喋りさです。

私は複数人でのお喋りがあまり得意ではないので、オハナさんのような人がひとりいるとすごーく助かります。オハナさんのお喋りにのせられて、うっかり自分もお喋りになることも。

オハナさんの魅力2.明るい笑顔・ころころ変わる表情

オハナさんを思い出すと、いつも表情はぴっかぴかの笑顔。たとえ朝までカラオケオールした後であろうと、くら~い人生相談をさせていただいた後でも、私に「ステーキ週6はキツイわ・・・」とため息を吐かれようと(笑)、常に笑顔100%です。

特に人と話しているときの表情はかわいらしい。笑顔になったり、真剣な表情になったり、思い切り驚いたりころころと表情が変わってゆきます。見ているとなかなか面白いです。

オハナさんの魅力3.意外と繊細♡ガラスのハート

豪快な雰囲気とは違って、意外と繊細な心の持ち主です。人の心の細かな動きに気がつきます。

元気がないときや少し休みをとりたいときに無理強いしてくることはないし、本気の「イヤ」と冗談の「イヤ」を聞き分けることがとっても上手。きっと、彼女も彼女なりに人間関係や人との付き合い方で悩んできたからでしょう。

その豪快さと繊細さは、相反するようで見事に溶け合い「オハナ」という人間をつくっています。

オハナさんの魅力4.なにより素直

そしてなにより素直です。思ったことを脳内で処理するなんてしない。思いつくまま素直な言葉を発言します。それはブログも同じことで、オハナさんのブログはどれも「オハナさんのありのままの姿」をあらわしている気がします。

素直なのはなにも発言だけではありません。

ココトモハウスでたまにUNOやトランプで遊ぶことがあるのですが、ひっかけたりイタズラをしかけるとすぐ「ムキーッ!」ってなります。一生懸命積んだ積み木が崩れてしまった子供みたいにすーぐムキになる。だからついついまたイタズラをしかけたくなってしまうんですよね。めちゃくちゃ面白いです。笑

オハナさんの魅力5.一生懸命

オハナさんは、常に全力疾走なイメージです。今も夢を掴むための仕事をしながらボランティアをしながらココトモではブログを書いたり看板スタッフなるものをしたり・・・他にもいろいろやっているんだとか。驚嘆させられます。

そんな一生懸命なオハナさんは、人のためにも一生懸命になれる人です。

人のことを吹聴しない。故意に人を傷つけるような言葉をつかわない。約束を守る。・・・そんな「常識」と言えるようなことをきっちりとできる人です。

常識ある行動をし続けるというのは、簡単なことではありません。ひとつひとつは至極単純で、達成することはそれほど難しくありません。しかし、何事も「維持する」というのは意外と難しいものなのです。

もちろん彼女だって完璧ではないと思いますが、なによりも「守ろうとしている」という姿勢を感じます。人から相談を受けたらその人の解決の糸口になるようなアドバイスをしたり、その声にきちんと耳を傾ける姿勢を示したり、愛情やありがとうをたくさん表現してくれたり。

一生懸命で、不器用。普段は言い合いをすることもありますが、なんだかんだ私はオハナさんが大好きです。

「愛情を伝える」ということ

最近私はよく「ありがとう」「大好き」のような言葉をつかいます。

つい先日誕生日を迎えたときなどは、(同性限定ではありますが)祝ってくれた人ひとりひとりに「愛してる」と伝えました。

言葉だけじゃ足りないくらい、たくさんの愛情を受け取りました。

愛情は、人に渡しても自分の中からなくなりません。むしろ相手に伝えることで、自分の中の愛情も増えるのです。

なにかの漫画に、こういう言葉がありました。

「愛情が10あるのを5:5に分けるのではなくて、二人に10ずつ与えてるのよ」

双子の母親が、二人に向けて言った言葉です。

私は誰の親でもないけれど、それは親子関係だけではないと思うのです。どんな間柄でも、愛情を「分け与える」わけではなくて、きっと上限なんてなくて、全員に10ずつ表現することができる気がします。

だから皆さんも、すごーく勇気がいるかもしれないけれど、チャンスがあったら「ありがとう」と伝えてみるといいかもしれません٩( ‘ω’ )و

オハナさん、いつもありがとう。素直な私でなくてごめんなさい。これからもよろしくね。

鷹れん

このブログを書いた人

たかれん
たかれん

大学休学中の20歳。 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家にも居場所を失いました。 「助けて」と言えなくて、いっぱい...

プロフィール詳細はこちら
たかれんが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全2件のコメント

  1. 紅蘭 2016/03/01 22:14

    鷹れんちゃん、オハナさんのことではないけど、私もおめでとうを伝えたのになー
    忘れず覚えていたのになー
    紅蘭ともこれから仲良くしましょ?

  2. オハナ 2016/03/01 09:40

    たかれん様、ありがとうございますm(_ _)m私、ここまできちんと語っていないよね、何だか申し訳ない気持ちもあるのだけれど…。
    ステーキを、チキンソテーに変更していくべきか悩んでいたけど、このままステーキでも良いのかしら?苦笑
    とりあえず何はともあれ、ありがとうございます♡今後もお喋りは続けます!(笑)

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク