持病をオープンにできること

こんにちは、とまとまです。

以前ブログを書いてみて、思うように書けずに終わり、また書こうと思いつつ・・・。
どこかで見た受け売りや独りよがりになってしまっても、自分で読み返してまた自己嫌悪だしなあ~~、とブログから離れておりました。
でも懲りずに書いてみようと思います。

ココトモの自己紹介で私は持病をオープンにしています。
統合失調症という病気です(堅苦しくて長いので以下統失と書きますね)。
リアルではまだまだ偏見が多く(自分の実家でさえも・・・汗)、なかなかオープンにできないのですが、ココトモではオープンに出来るだけで少し気楽です。
バレてはいけない事があるってだけで結構ストレスなんですよね。
病院へ入っていくのも人目を気にしたりしてました。

症状の程度は人によるとは思いますが、統失といっても、私の場合は普段から幻覚幻聴してる訳ではないんですよ。
むしろ、認知障害やイヤな事が頭から離れない強迫性(と教えて貰ったと思う)の方が辛いです。
こちらは持病が発症してから何年も無自覚で(自分から湧いていると思ってたから)、常にイライラムカムカしていた頃もありました。
お医者さんに教えて貰ったりして、意識できるようになってからは原因がハッキリしただけなのに少し楽になりました。

それから症状というより、お薬の効きすぎで辛い時もあります。
体質もあるとは思うのですが、私には向精神薬が効き過ぎてしまうようで。
睡眠薬は使わないようにお医者さんにお願いして、副作用に眠気のある向精神薬で寝ています・・・これがまたよく寝れるんです^^;
体が思うように動かない時も度々あり、辛くて服薬を勝手にやめたりしていたんですよ。
その度に小さな発症を繰り返してました。
二度目の発症からはおかしなことに気付きやすくなっちゃって、小さな発症で済みましたが、今考えるととんでもないですよね。

3年前までは実家で暮らしていましたが、実家の人たちはあまり病気という認識が無いようで、健常に思われなきゃいけない暮らしが病気には負担でした。
世間的な規則正しい生活をしなければならなくて、眠くても疲れてても働かなきゃって思ってました。
体のムリがきかないのが嫌で、薬をやめていたのはこの頃です。
無茶苦茶でしたが結果引っ越すお金を稼いで、実家を出る事が出来たことだけはよかったです。

病気に理解のある彼と同棲してからは自宅療養中心に考えています。
今、落ち着いて持病持ちしていられるのは、彼のおかげと病気や服薬を受け入れたからかもしれません。
健常を目指すのもいいけど、今は持病を持ったままのベストを開拓できたらなーと思っています。
イヤだイヤだと思っていたって、私の一部分なんですからしょうがないですよね!
「病気のおかげで幸せ~!」なんて達観できる境地はまだまだの私ですよーー笑

統失って聞くだけでちょっと引くかも知れませんが、書いてみたかったので思い切って書いてみました。
おしまい!

このブログを書いた人

とまとま
とまとま

42歳・バツイチ・統合失調症歴8年です(*^^*) 現在は同棲しながら在宅ワークをしています。 家族や親せきとビミョーです。 (苦しくて視野が狭くなり、どうしていいか分らなくなります) 会社や学校と同じで、休まる場所で...

プロフィール詳細はこちら
とまとまが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全6件のコメント

  1. とまとま 2016/02/27 20:44

    ゆすさん
    はじめまして、話して下さってありがとうございます。
    私も、ゆすさんの体験談を読んでとても共感しました。
    理解のある環境、羨ましいし憧れます^^
    なにより、ゆすさんのご活躍ぶりや志が心強いです!
    お互い体を大切にしながらいきましょうね。
    お母さまもお大事になさって下さいね!
    仲良しな関係だそうでそちらも羨ましいです!

  2. とまとま 2016/02/27 20:29

    オハナさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    統失マンガや統失ブログを読んだりして、普段の症状の出方が色々ある事を知りました(病気になるまで統失について知らなかったもので)。
    ・・・実家との関係って微妙ですよね。
    私も実家から離れてみて本当に楽になりました^^
    こちらこそ、よろしくお願いします。

  3. とまとま 2016/02/27 20:10

    ぬいさん

    はじめまして、コメントありがとうございます。
    こういう病気って脳に絆創膏貼ってる訳じゃないし、理解してもらいたいけど自分でもまだ分らない部分があったりして、どうしていいか分らない時期もありました。
    ムリしないように気長にやっていきますね!

  4. ゆす 2016/02/27 01:34

    こんにちは。

    私も統失です。
    しかも、親子二代で統失やってます笑

    中学時代、家庭事情が色々あって、母が統合失調症になりました。
    母の言動や行動が全然理解できず、退院後の母に
    殴る蹴るの暴行を加えていました。(今では仲良しですよ^^)
    当時の母の気持ちになると、本当に申し訳ないことをしていたなと思います。
    母が動けなくなってしまったことをきっかけに
    不登校で引きこもりだった私は、強制的に社会へ自立するきっかけになりました。

    15歳で社会復帰してからは、常にムカムカイライラしてましたね。
    ほんとに、どっから湧いてくるのか、、周囲への怒りと焦燥感と疑心暗鬼。
    怒りと憎しみをパワーに変えて生活してました。

    私の場合、疑心暗鬼が強くて
    このモヤモヤした怒りや心情を誰にも打ち明けられなかった。
    アルコール依存と何時間もの自慰行為(不快に思われた方すみません)に日夜溺れることが救いだった。

    19歳になって、怒りとソワソワが常に頂点に達した状態になり
    アルコールは止まらず、消化器もぶっ壊れて摂食障害になり
    毎日ゲロまみれの便器に頭突っ込んで、なんだかわからない怒りに苦しくて泣いてたっけ。

    私が統失だと正式に知らされたのは、それから6年も後です。
    私の勤務先が、仕事中の認知障害や感情失禁、ストレス下での幻聴や被害妄想から統合失調症ではないかと疑ったのです。
    そして、正式に病名が伝えられたとき、すっごく安心しました。

    統合失調症への差別は確かにあります。

    しかし、私は病気は隠すつもりはないし、病気のことは全部オープンにして生活しています。それで、離れて行く人はそれまでの人だと思う。

    少なくとも、原因不明の疑心暗鬼や認知障害から
    幾度の職場いじめや配置転換にあってきたこれまでよりはずっといい。
    病名がわかっていて、説明することもできる。

    何より、私には同じ経験をした家族と
    統失とわかってもクビにせず、しっかりポストを用意してくれた会社
    理解のある上司の下で恵まれている。

    私はこの病気を抱えながら、自分がどこまでキャリアを伸ばせるかワクワクしています。

    そして社内で、自分と同じような精神疾患を抱えた人がいたとき
    私のように、いじめや退職強要、不当な配置転換が行われないような
    理解ある社風にしていけるよう、広めていけたらいいなと思っています。

    ブログを読んで
    自分と同じような体験をされた方がいて、安心しました(o^^o)

  5. オハナ 2016/02/26 23:56

    初めまして、オハナと申します。
    統失の方のリアルな話や内情を聞いたことがなかったので興味深くて、とても為になりました。ありがとうございます。
    仕事の関係で、統失の方を見かけることがあります。ネット上でのやり取りになる仕事なので、あまり深い話は出来ませんが、サイトで調べると、幻聴や幻覚の言葉が多かったので、そういったものではない、こういった話は、ある意味で新鮮でした。
    話してもらえて良かったです。
    彼の存在があって、実家から離れられて良かったと思います。私も実家が負担だったので一人暮らししましたが、やはり実家より楽だと感じることは多いです。
    もっとお話し聞いてみたいと思いました。
    また何かの機会があれば、よろしくお願いしますm(_ _)m

  6. ぬい 2016/02/26 22:53

    統合失調症
    病名だけきいてそれがどのくらいのものなのか一概に言えないんだと思います
    もちろん急性期でとっても不調な時期もあれば
    安定期に入って日常生活をおくるレベルにまで回復していることもあるんだと思います
    そのなかで自分でできる範囲もそのときどきによって変わるんだと思います
    その人その人によって障害の出方も違うし同じ人でも時期で違うこともある
    なかなか他人からそれを理解するのは困難なことかもしれません
    けれど、決してなにもできないなんてこともなく
    人として生きていけないこともないと私は思っています
    障害と一緒に暮らしていくのは大変なことだと思います
    それでも一進一退を繰り返してでも自分の人生として生きていけるんだと私は思ってます
    どうか無理なさらず

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク