音楽小説 『ベートーベンとミストレス』  ~僕は聞こえない。彼女は見えない~ #14『彼女への質問状』

音楽小説 『ベートーベンとミストレス』

小説もくじ

前回(フルート吹きは見た!)からの続き。

#14『彼女への質問状』

 吸い込まれるように、濁った瞳。

俺を捉える双眸は、けれど、何も映していないのだ。

 

都市近郊の、大型ショッピングモール。

午前中の快晴が嘘のよう。

午後を過ると、とたんに雲の影が足を延ばしはじめた。

空はくゆり、今では今にも泣きだしそうな不穏な空模様である。

そしてまた、このショッピングモールの一角でも、何かが起こりそうなほどに空気が張り詰めていた。

 

フードコート内の狭い通路を隔てたところ、

友人のフルート弾き(2m超え)と幼馴染のヴァイオリニスト(私服)に俺は出くわした。

二人は、驚愕の二文字を顔に張り付けた表情のまま、フリーズしている。

対する俺と、俺の手の先には、少女の左手。

彼女は、盲目の少女、紫音である。

買い物途中の二人が、同じく買い物途中の俺たち(手を繋ぎ中)を目撃した形となる。

驚くのは無理もない。

「誰? その人……」

ぽっかりと開いた口から洩れた疑問は、友人の吉田から出たものだ。傍らにいる聖もまた、言葉にはしないものの、同じ疑問を持った事だろう。

「えっと、こいつは。昨日会ったピアノ弾きで、……その、」

と、俺がなんと説明すればよいか、まごまごと悩んでいると、

「私が朝起きたら、裸のこの人が一緒に寝ていた。ただそれだけの関係……」

隣から、機械音声のような無機質な声で、

最悪なアシストが飛んできた。

「「…………!!」」

知り合い二人の形相が、般若のそれへと変わる。

火にガソリンを注いでくれた。盛大に。

こうなればもう、場が修羅場となるのは必至である。

あんなに優雅な朝を迎えていたのに、

なぜいま、このような危機に見舞われているのか。

話は、この日の朝まで少し巻き戻る……。

 

――――――――――

 

その日の朝。

柊卓人は、新宿地下のあるBarで、優雅に朝食をとっていた。

時間が止まったかのような静寂。

四方をコンクリートで固められた薄暗い店内。

あたりには、性別不詳のマスターと、盲目の少女に、白い猫がいっぴき。

「はい、どうぞ」

目の前には味噌汁がほんわーと湯気を上げている。
ご飯に味噌汁、

小鉢には、納豆。生卵。

そして白菜ときゅうりの浅漬けと味付け海苔が乗った皿が二つ。

美しい朝食。

これぞ『正しい日本の』と言わんばかりの、である。

カウンターの中で腰かけるマスターも、俺と同じ朝食を食べていた。

チューチュー……。

そんな豪勢な食卓を前にして、

チューチュー……。

「…………」

盲目の少女、紫音は、チウチウと携行ゼリー食品を摂取していた。
うぃだー
10秒チャージで有名なアレだ。

うぃだー、うぃだー、うぃだー、うぃだー。

なんというか、その。

シンプルに過ぎるというか、

無機質な朝食だった。

うへぇ、という。俺が不思議そうに眺めているのに気が付いたのか、

「その子、それしか食べないのよ」

と、味噌汁をすすりながら、マスターが教えてくれる。

「朝食は絶対にウィダー?」

俺の言葉に、「違うわ」とマスター。

「朝食も、よ。超がつくほど偏食家なの。その子がまともな食事をしているの、私は見たことないわ。……携行食品を否定する訳じゃないけど、三食はねぇ……」

「ウィダー……おいしい……」

「好きなものを食べるってのはいいことだけどねぇ……」

行き過ぎだ、と、マスターはため息をつく。

確かに、随分と心もとない食生活だ。食事は主菜、副菜をバランス良く。栄養失調にはならないのだろうか。

驚愕する俺を余所に、紫音はキリキリと二本目のウィダーに手を伸ばし、再びチューチュー吸い始めた。

本当に、変な女だ。

俺はまた、その変な女に向って質問を投げかけた。

こいつの存在が強烈であればあるほど、興味は尽きない。

「なぁ、お前」

「…………」

「名前を呼んであげないと、伝わらないわよ」

マスターが豆腐を頬張りながら教えてくれる。

そうか、こいつは目が見えない。

あらためて呼びかける。

「紫音」

「?」

お前では分からないくせに、声の方向は分かるのか、紫音はウィダーを吸いながら、体をこちらへ向けた。

彼女の目。

吸い込まれるような、濁った瞳。

俺を捉える双眸は、きっと、何も映していないのだ。

「なに?」

「お前はその、他人の演奏をコピーすることができるよな」

「できる」

「どこでその技術を習った? 学校はどこか通っているのか?」

「学校、通っていない」

「ピアノの先生は誰だ? 誰について習った?」

「……せんせい、いない」

独学。という事だろうか。

「マスター、こいつはいつからここにいるんだ?」

「そうねぇ、二ヶ月ぐらい前かしら」

少し思案しながらマスターは答える。

意外に短かった。

「ひとりで練習してきたのか?」

「練習……しない」

ありえない返答だった。

「いや、練習なしでどうやって上達するんだよ」

プロの演奏をぜんぶ耳コピして、再現する。

並大抵の技量ではない。

とうぜん、毎日高度な訓練を積んでいなければ行えない所業である。

ところが、紫音の返事は変わらなかった。

「練習、しない」

「毎日ピアノに触れはするだろ?」

「そう。ピアノ、弾く」

それは、練習と言うのでは……。

俺の腑に落ちてない様子が伝わったのか、マスターは、

「紫音ちゃん、ちょっといつもみたいにピアノ弾いてあげなさいよ」

と、言ってくれた。

「わかった」

紫音は椅子から立ち上がると、杖もなしに、スタスタとピアノまで歩いていく。

まるで、目が見えているかのような動きだ。

よく見知った場所なら、躊躇なく行動できると、マスターが教えてくれた。

紫音がピアノの蓋を開けた頃、マスターはラジオを流し始めた。

ピアノの、クラシックBGMの番組だ。

しばらくすると、紫音はその番組で流れた音楽を、そっくりそのままコピーし始めた。

それもまた、あきれるほどに。

当たり前なほどに、完璧だった。

「あの子はね、毎日決まった時間。アレをあるの」

「もういいんじゃない?」のマスターの声に、紫音はまたバーカウンターへ戻ってくる。そうしてまた、机の上にあるウィダーをちうちうと吸う。

「どのくらい弾いてるんだ?」

「そうね。合計すると一日……6時間ぐらいかしら?」

6時間……技術を保つには、十分な練習時間だ。いや、練習ではないのか。

「りはーさる……」

これはリハーサルだと、紫音は言った。

なるほど、出来ないことを出来るようにするのが練習なら、

なんでも弾ける人間にとって、練習など必要ない。

本番までの最終調整、リハーサルなわけだ。

ははは、

一夜明けて改めて思う。

化け物である。

俺は、どうしてこんな怪物が出来上がったのか、ますます興味が沸いてきた。

そして、俺の中の音楽家としての血が、直感する。

こいつは、ただのコピー女ではない。

この女はまだ、恐ろしいほどの可能性を隠している。

それはひょっとすると、俺に必要な何かかも知れない。

 

#[彼への質問状 1/2]に つづく

#[フルーティーゴリラ、愛を説く]←いっこまえ

 

コメント:サイトの不調とネットの不調のため、更新が遅れてしまいました。申し訳ありません。

さて、

GWも終わり、夏の気配がしてきました。

梅雨前の過ごしやすい時期ですが、

頑張りすぎて5月病にならないよう、皆々様も気を付けてください。

程よく遊び、結構休む。

大事です。

このブログを書いた人

こたっちゃん(隔週金曜連載)
こたっちゃん(隔週金曜連載)

プロフィールをご覧いただきましてありがとうございます。 はじめまして、こたっちゃんです。 温泉とみかんの国に住んでいます。 14歳から小説を書きはじめ、新人賞に投稿したり、ココトモのブログで小説をUPしています。 ...

プロフィール詳細はこちら
こたっちゃん(隔週金曜連載)が最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク