見捨てられ感との闘い

皆さん、こんばんは➚ (ૢ›◡ु‹⁎)♡みなです。ジメジメしてなかなか眠れませんが皆さんはどうですか?

今日は、見捨てられ感との闘いについて、書きたいと思います。

見捨てられ感とは?

私は、境界型パーソナリティ障害で、その主な症状の一つに見捨てられ感というのがあります。⇨境界型パーソナリティ障害についてはこちら!

境界型パーソナリティ障害の人は、見捨てられないようにと異常な努力をします。それは、まるで、赤ちゃんが、お母さんに向かって愛情を求めて泣いているのに似ています。

yun_662
幸せとは、「今」この瞬間に感じている喜びがすべてだ。
おすすめ記事

当事者はどのように対処できるか。

見捨てられ感は、歪んだ認知が原因のことが多いです。例えば、相手の不安そうな顔が、怒っているように見えて、見捨てられているように感じたりします。

しかし、境界型パーソナリティ障害の人は、自分に自信がなく、常に自分が誰かに嫌われるかもという不安を相手に投影ている場合もあるし、相手が単に調子が悪かったか、何かほかに悩みがあって、ほかのことを考えていたのかもしれません。

その、認知の歪みを治すのにオススメなのが、認知行動療法です。はじめての認知行動療法を参照 尚、この療法は、お医者さんにかかっている人は、お医者さんに相談してからしてみてくださいネ。*:゚(♡ˆoˆ﹡)゚:*。

この療法で、私は認知の歪みを改善中です➚ (ૢ›◡ु‹⁎)♡

周りはどのように接したら良いか。

例えば、自称行為や、ものを投げるなどの行動があるかもしれませんが、「そんなことしなくても、苦しいのはわかってるし見捨てない」ということを伝えて、その人と信頼関係を築くことが大切です。

また境界型パーソナリティ障害の人は少し依存的な部分があるので、昼間は電話OKだけど、夜はダメとか、ルールを作ることも大切です。

最後に・・・

見捨てられ感は非常に苦しいですが、改善して行くことができます。境界型パーソナリティ障害で苦しんでいる皆さん、一緒に闘っていきましょう(**ơ ₃ ơ)♡

おやすみなさい(๏₃๏)♡( •ั็_•็ั )

以上、ココトモライター・エディターチームのみなでした。

ココトモ「ライター・エディターチーム」とは
『ココトモのサイトに検索で訪れてくれる人を増やすこと!』を目的として、ブログの書き方~効果測定方法までみんなで勉強しながらブログを書くチーム。日ごろよりココトモに来てくださっている皆さまにとってもきっと良いブログをお届けできると思いますので、どうぞお楽しみに☆
⇒ライター・エディターチームの詳細はこちら

このブログを書いた人

みな
みな

30歳女性です。境界型パーソナリティ障害と闘っています。20歳の時に自殺未遂をして、身体障害になってしまいましたが、今はピアノをしながら生きています。

インタビュー記事紹介

プロフィール詳細はこちら
みなが最近書いたブログ

このブログと一緒によく読まれているブログ

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク