苦痛のない世界を夢見た私がたどり着いた先

私には小学生の時の記憶がほとんどない

それでも私が小学生の時夢見ていた世界があることは覚えている

苦痛のない世界である

小学生の時にこの世界を何度も空想した

でも、なぜだろう

私は何時までたっても苦痛のない世界にはたどり着けなかった

私がようやく苦痛のない世界が実現しないことに気づいたのは、たしか小学5,6年生辺りの時だった

人間だけを対象に言うと、

まず人には感情というものがある時点で無理だった

もし私が人の感情を操れたとしても無理だった

人がどんなタイミングで傷つくのかまで私には正確に想定できない

あらゆる危険を一生懸命無くし続けていく内に疲れ果てた

ものすごく大変だった

そもそも感情を操り出した時点でその世界の人間は人ではなく人形になっていた

今思うと、人は進化によって出現した生物なのだから永年の生存競争の続きでそもそも全員がなんの苦痛もなく生きることなど無理なのだろう

苦痛のない世界が実現しないことに気づいた私は空想をやめた

そして、これがこの時からの私の生涯の目標である

より多くの人に手を差し伸べ続ける

この目標なら私個人で達成でき、さらに私の理想の世界である苦痛のない世界にも則してはいる

現実不可能なら可能な範囲でやればいい

無くすことはできなくても減らすことならきっとできる

もし、このブログを読んでくれた人が同じように「より多くの人に手を差し伸べ続け」ながら生きてくれたなら、私は物凄く嬉しい

このブログを書いた人

みうら
みうら

ちっちゃい時からずっと人とのコミュニケーションが上手くいがず、高1年のときに自分を全否定した瞬間身体症状が起こりました この後しばらく極度の自己嫌悪とうつ症状などに悩まされ、私は8年間友だちと思える人がいなかったし、家族も信じら...

プロフィール詳細はこちら
みうらが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全1件のコメント

  1. ぬい 2017/02/19 17:13

    苦しみはなぜ存在するのか
    古代から人間はその答えを探ってきました
    ある人は全てを捨てれば苦しみから開放されるといい
    ある人はそれは神が与えた試練だと解釈したわけで
    その答えは未だに見つかってないのです
    人間の弱さの根本に感情があるのは確かに間違いないと思います
    けれどその感情が人に優しくするために最も必要だったりして
    人間の体って複雑にできてるなって日々悩んでますww

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク