理想/夢/信念は走りながら作れば良い

こんばんは~。ねむです。
少しずつ暖かくなってきた今日この頃ですが、日が暮れるとまだまだ寒いので風邪をひかないよう暖かくして過ごしてください。

先日、お悩み掲示板でこんな相談がありました。

「皆さんは自分の理想や夢、自分の信念だったりを考えながら信じて行く事をどうやってブレずにやっているのですか。」

引用元:自分を信じるってどうしたらできますか。|交換日記

引用元でも一番伝えたかった部分に重点を絞ってコメントしたのですが、そこでは自分の思いを全て書ききれませんでした。
(あまりに長すぎると読むのも大変になりますので・・・)

今回は伝えきれなかった部分も含めて書いていきます。

1.信念や夢が最近までなかった

恥ずかしながら私は、学生時代はもちろんのこと、社会人となってからも確たる夢や信念を持つことができていませんでした。

高校生までは偏差値至上主義で過ごしていました。ただただ良い大学を出れば自分の人生も良くなるはずと思い込んでいました。
大学生になってからは学芸員を目指していましたが、大学一年の時点でそれほどやりたくないことに気づいてしまいました。
それからは卒業まで惰性でずっと過ごしていました(バイトすら一度もやっていませんでした)。さらには1年間留年までしてしまい、なんとか単位と卒論を書いて卒業しました。

大学を卒業してからも自分の夢や理想は、「就職したい」の一点張りでした。
幸い良い就労支援に恵まれ、働いた経験がなかった自分でも無事に就職することができました。
(これに関しては、いずれ記事にしていく予定です。)
ただ、「結局自分はどのようにして生きていきたいか」というものは全く見えていませんでした。

2.夢や信念の立て方がわからない

「将来の夢はなんですか?」

「10年後どうしていたいですか?」

こういったことを聞かれると答えられなくなって居心地が悪くなってしまいます。
何故そうなってしまうのかなと考えていたのですが、夢や理想を語る以前に基本的な常識が不足してしまっているのが原因だったことに気づきました。

・人並み以上にこなせるスポーツがない。
・楽器はとくに弾けない。
・酒は全く飲めない
・歌もそれほど上手ではない。
・口下手である。
一人暮らしの経験がない。
・恋愛経験がない。
・運転免許をもってない。
・団体行動が苦手。
・学生時代まで年金制度を意識していなかった。
・役所手続きが未だによくわからない。
etc…

こんな自分なので夢や理想、生き方を考えるにしてもどうしたら良いか分からずに立ち止まってばかりでした。
仮に持てても現実の前で消えていくだけなのだから意味がないと思っていました。

3.小さいところから光が見えた

就職先でできる仕事を増やしていったり、人の集まる場所(ココトモハウスやゲストハウスなど)で話したりしていくうちに自分自身が何を求めているのかが霞んではいるものの見えてきました。
イメージとしては彫刻を制作している過程を思い浮かべていただけるとしっくりくると思います。
一つの木の塊が少しずつ削れていき、やがて一つの作品となっていくような。
それと同時に実は自身が持っていたものがあったことに気づいてくるようになってきました。
そもそも受け入れられないときは自然と心の中で待ったがかかっていました。
自身で認められなかったものでしたが、今ではその感性を信じることができるようになってきました。
これは何も無いまま走りながら手に入れたものでした。

4.今のところの生き方・理想・信念

(1)生き方
今はまだまだ色んな人と会って話していくことが必要だと感じています。
今のところはできることを少しずつ増やしていくことを楽しむ生き方にしています。
世間の同世代よりは遅い成長になると思いますが、進み続けていきます。
できれば、自分と同じ生きづらさを抱えている人に対して、「世間知らずの自分でもこれだけできた」ということを発信していきたいです。

(2)理想
理想としては毎日健康体で余裕をもって過ごしていきたいです。
自分の好きなことには嘘をつかないようにすることが理想ですね。

(3)信念
「世間の流れではなく、自分の心のままにする」
自分が生きていくにはこれしかないとすら思ってます。
時折思い返しています。

最初の一歩はたどたどしいものかもしれませんが、歩いているといつかは形になって見ている世界が一変する時がきます。
僕はそれが何よりも楽しいのです。

終わり!

 

このブログを書いた人

ねむ
ねむ

みなさんはじめまして。ねむと申します。 自分は、子供のころから集団に馴染めず悩み続けてきました。 高校では、勉強に集中して四年生大学に合格したものの、大学では過ごしていくうちに空虚感で気持ちが追い込まれてしまい、留年してし...

プロフィール詳細はこちら
ねむが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全7件のコメント

  1. ねむ 2017/03/11 00:34

    恭子さん宛ての返信で余計な記号「>」が付いてしまったようです。
    読みづらくなって申し訳ありませんが、余計な記号は読み飛ばしてくださいm(__)m

  2. ねむ 2017/03/11 00:30

    恭子さんこんばんはー。
    返信が遅くなってすいません。

    >人は暗闇の時を経ないと「北極星」を見つけられないものなのかもしれませんね。

    私もそう思います。恭子さんの「北極星」という表現は非常にしっくり来ました。
    人は自分の中の「北極星」を求めて日々を過ごしているのかもしれません。

    >そこに☆はいつも輝いている、なのに明るすぎる空には一つも見えないみたいに。ねむ>さんがみつけたものはそんな感じかなと思いました。

    そうです。私の見つけたものはまさに今まで見えていなかった星だったのだと思います。
    まだはっきりとは見えていないのですが、「これが自分の理想だ」と言えるものを見つけることができる日は近いです。

    >進む先の到達点に何が待っているかなんてとりあえず歩きながら考えればいい、て私も>思います。

    少し手を伸ばせば出来そうな事に取り組んでいけば、意外とチャンスは転がりこんでくるんじゃないかと思っています。
    見ている世界を広げていくことで、できることは確実に広がっていくのですから。

  3. ねむ 2017/03/11 00:14

    ぬいさんこんばんはー。
    返信が遅くなってすいません。

    >自分の心の中には
    >自分のやりたいことの種みたいなのが
    >必ず埋まってるんじゃないかなと私は思ってます

    世間の価値観と自分の中の価値観との矛盾に気づけるかどうかが鍵になるんじゃないかと思っています。
    そもそも矛盾していることに気づけなかったり、気づけていてもそれを隠してしまっていることも多いです。
    自分の中にある価値観を人知れずでも良いので開放することができれば変化が起きるのではないかというのが私の意見です。

  4. ねむ 2017/03/08 23:20

    恭子さんこんばんは。
    返信が遅れてすいません。

    >人は暗闇の時を経ないと「北極星」を見つけられないものなのかもしれませんね。そこに>☆はいつも輝いている、なのに明るすぎる空には一つも見えないみたいに。ねむさんがみ>つけたものはそんな感じかなと思いました。

    「北極星」は良い表現ですね。そうです。まさに物事を見るときの「北極星」を見つけました。

    >進む先の到達点に何が待っているかなんてとりあえず歩きながら考えればいい、て私も思います。期待せずに進むその先にあるのは新鮮な驚きであることは確かと経験的に感じます。

    特に学生だと完璧な指針を求めすぎるあまり、失敗したら人生自体に絶望し、成功したら全てがうまくいくと勘違いしてしまい、後々現実とのギャップを感じながら過ごしてしまうことが発生してしまいます。
    もちろん学生だけでなく、生き方に迷っているすべての人に言えることなのですが、大きなことは考えずに、今自分にできることを探し出してそこから着実に世界を広げていく。そうすることで、自分の「型」になり得るものが見つかるのではないかというのが私の意見です。

  5. ねむ 2017/03/08 23:02

    ぬいさんこんばんはー。
    返信遅くなってすいません。

    >自分の心の中には
    >自分のやりたいことの種みたいなのが
    >必ず埋まってるんじゃないかなと私は思ってます

    心の中にある願望と世の中の平均的な価値観との矛盾に気づけるかが鍵になるんじゃないかと思っています。
    矛盾に気づけなかったり、隠したまま過ごしてしまう人も多いです。
    矛盾に気づくことはある種諦めを伴うものになるんじゃないかと私は考えています。

  6. 恭子 2017/03/05 13:52

    こんにちは。ねむさん。人は暗闇の時を経ないと「北極星」を見つけられないものなのかもしれませんね。そこに☆はいつも輝いている、なのに明るすぎる空には一つも見えないみたいに。ねむさんがみつけたものはそんな感じかなと思いました。そう考えると暗黒の時間に足元だけ見ずに、顔をあげ、周りを見渡して、自分の中の確かな絶対点「北極星」を捜してみるって大事なイベントですね。見つけられたら、それが「北」を示すみたいに、なんらかの「方向」をもたらしてくれるのでしょう。進む先の到達点に何が待っているかなんてとりあえず歩きながら考えればいい、て私も思います。期待せずに進むその先にあるのは新鮮な驚きであることは確かと経験的に感じます。

  7. ぬい 2017/03/04 15:55

    生き方は人それぞれなんて言葉が氾濫してる割には
    立派な生き方なんてのは世の中で決まってたりする
    そんな矛盾があったり
    けれど自分の心の中には
    自分のやりたいことの種みたいなのが
    必ず埋まってるんじゃないかなと私は思ってます
    それを見つけられるか見つけられないかで
    人生の楽しみ方が違うのかなって思います

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク