悪人正機説

日本仏教のひとつ浄土真宗

その浄土真宗の考え方の中に“悪人正機”という考え方があります

今回はその悪人正機について書いてみようと思います

※私は仏教についてあまり詳しくないので間違ってる部分があったら申し訳ないです!

悪人こそ救われる?

悪い人のことを悪人といいますが

浄土真宗でいう悪人とは全ての人を指します

自分が“善人”だと思っている人は自分の悪に気付いてないだけで本当は悪人だったりするわけで

自分の中の“悪”を自覚することはとても大切なんだと言います

悪人で元々

私たちは不完全な人間です

不完全だからこそ悪い部分も持ち合わせています

悪であることはある意味当然だったりします

自分の心の中に“悪”があることは決して恥ずかしいことでもなく

その“悪”を無理やり押しつぶそうとしてもそれは自分自身が辛いだけなのかもしれません

けれど、その自分の中の“悪”としっかり向き合うことで

人は成長していけるのかもしれませんね

※この悪人正機では悪いことをしても許されるという意味は全くないです

このブログを書いた人

ぬい
ぬい

ぬいです 自分はあまり人とコミュニケーションをとるのは得意ではありません けれども誰かのお役に立てればと思い参加致しました なにとぞよろしくお願いします...

プロフィール詳細はこちら
ぬいが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク