「優しいね」

こんにちは!
だんだん暖かくなってきて、、、出会いと別れの季節となってきましたね。

さて、今日は「優しい」について書きたいと思います。

みなさんは「優しいね」と言われたことはありますか?

私は、よく「優しいね」と言われます。
自分自身、優しくしているつもりはないんです。
だから、そう言われた時、嫌な気持ちにはならないけど、「なんでだろう?」という気持ちになります。

なぜ、「優しいね」と言われるのでしょうか?
それは自分でもよくわかりません。

でも、ある人がこう言っていました。
「生きている過程で、苦労や辛さをたくさん経験した人は、誰よりも優しくなれる。
これらを経験していない人には、その苦しさや辛さが分からないんだから、本当の優しい人にはなれない。
思いやりを持つことは誰でも出来るけど、優しさを持つことはそう簡単には出来ないの。
だから、たくさんの経験を積み重ねて、優しい人になりなさい。」

私は、短い人生の中でもたくさんの経験をしました。
いじめられたり、否定されたり、受け入れられなかったり。。。
こういう経験があったから、私は優しいと言われるのかな???
もちろん、私より辛い経験をしてきた人はたくさんたくさんいると思います。
その人たちは、本当の本当に優しいのだと思います。

「思いやり」を通りこした「優しさ」を持てるようになりたいですね。

マサ

このブログを書いた人

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全2件のコメント

  1. マサ 2017/03/23 15:20

    しだれ柳さん、コメントありがとうございます。
    そうですね。
    私も、優しさは自然と出てくるものなのだと思います。
    私も自然と優しさが出る人になりたいです。

  2. しだれ柳 2017/03/14 23:54

    あまり意識していなかったのですが、こう考えると「思いやり」と「優しさ」との間には大きな違いがあるのですね。
    確かに、意識さえすれば相手を思いやることはできると思いますが、優しさを持って人に接するのは意外と難しいんですね。
    優しさは思いやりよりも心の深いところで生まれるのかもしれません。
    「優しさを持とう」と思って持った優しさではなく、自然に滲み出る優しさが、本当の優しさなんじゃないかなと思います。

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク