「助けて」が言えなかった過去

私は人に頼ることが苦手でした。

何でも自分でしようとしていました。

でも、一人じゃできないこともあり、辛くなってしまうことがありました。

私がどうしても言えなかった言葉があります。

「助けて」

この言葉がどうしても言えませんでした。

辛いとき、苦しいときに誰かに助けを求めることが出来ませんでした。

小学校の時、人に頼ったらいけないと言われました。

それは私が助けを求めれなくなったきっかけでした。

だから、一人で頑張ろうと思いました。

でも、全部一人ですると自分が壊れてしまいました。

死のうとした時も人に辛いと言えませんでした。

どんなに辛くても笑顔で大丈夫だって言っていました。

その言葉の裏に気づく人はおらず、私はずっと偽りの自分でいました。

中学生の時も同じでいじめられて辛くても誰にも言えず、一人で耐えていました。

それで、自分が壊れてしまい、学校に行けなくなりました。

ストレスで食べられなくなって拒食症になりかけたこともあります。

どんなに辛くても「助けて!」と叫ぶことが出来ませんでした。

でも、ココトモや色んな人と話すうちに少しずつ「助けて」が言えるようになりました。

助けを求めれば助けてくれる人がいることを知りました。

人に頼っても誰にも怒られないことが分かりました。

自分一人ではどうにもならないときがあります。

そんなとき、自分に嘘をつかないで

「助けて!」と言ってください。

誰かに助けを求めてください。

きっと助けてくれる人がいるはずです。

マノン

 

◆PR:ココトモがつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
ココトモは自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』をまもなく公開!恋愛相談からマッチングサポートまで、あなたの状況に合わせて恋を応援します。基本使用料ずっと0円。

⇒Piece公式サイトはこちら
◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは2018年6月に東京都内にフリースクール『Riz』をオープンしました。今この瞬間に「どこにも自分の居場所がない」と感じて苦しんでいる中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

マノン
マノン

高校3年生のマノンです。 通信制高校に通っています。高校に入ってから転学を繰り返しています。 私は小中といじめを経験し不登校になりました。幼なじみからのいじめや親友を失ったこともあり人間不信になりました。高校でも軽度の嫌がさせや仲間外れにあい人と話すことが苦手です。両親が不仲で家にも居場所がなく...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. ぬい 2017/06/16 16:20

    助けを求める
    それって意外と怖いことだったりしますよね
    でも勇気を出して助けを求めること
    とっても大切だと思います

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP