バカになると楽になれる(かも)

会社で冗談だか本気だかで『バカ』と言われていた時、とてもムカつきました。

こんなに頑張っているのに、その姿をバカ呼ばわりするなんて。

こんなに苦しんでいるのに、その私に『バカ』と言うなんて。

仕事を辞めて時間が経った今、(多分)バカと言われることにそんな拒絶反応はありません。

なぜなら、今私がしていることが、バカげているからです。少なくとも、昔の自分にとっては。

仕事辞めて、こんなにもダラダラ休んでいるなんて。

しかも貯金がたんまりある訳じゃないのに、フランスに行く為に数十万使っているなんて。

この先、安定してお金を稼げる仕事なんか、見つかってない上に、親にも現状を話していないなんて。

そんな今の私に、『こいつ、こんなハイリスクなことしててバカじゃん?』なんて言われたら、

『ですよね〜私も普通に考えてそう思います。』と返します。

もちろん、今の現状は、きっと親が知ったら呆れるんでしょう。不安を煽ってくるに違いありません。

でもね、転職繰り返して来て、私疑問だったんです。

普通、仕事辞めたらまた探すでしょ?でも探してる間も見つけた後も、幸せを感じる訳でもないし、自分を好きになる訳でもない、安心する訳でもない。

お金を稼ぐ手段が見つかっても、少し安心するだけ。また不安は襲う。

何でだろう?って。普通のことしてて、バカなことしてなくて、自分も周りも親も安心する道を常に選んでるつもりなのに、何でだろう?って。

何年も思ってました。

だから、今回仕事辞めた時に、思い切って逆のことすることにしたんです。

今まで、仕事辞めてお金のリスクを背負って休むなんて恐くて出来ませんでした⇨やってみる。

貯金ない⇨でもフランスに行く。

親にすぐ言う⇨言わない。(自分の心を守る為にも)

世間からして見たら、バカげててハイリスクなことを敢えてやってみる。

その行為は、私の人生の中で多分、『賢い』とか『良い子』とか『優等生』から、外れることでした。

多分、今までリスクを背負うことも、賢い人間でなくなることも、恐かったんだと思います。

本当に、今の貯金無くなったら、私は死ぬのかな?

ってゆーか、どこまでなくなったらヤバくなるのかな?

本当にヤバいのかな?

私が恐れているものは、実はあまり現実になったことってありませんでした。

もちろん現実になったものもあるけれど、それは死ぬ程のものだったこととか、本気で『ヤバい』ことだったことってなくて…

そんなことに気付いた時に、『本当にやばいのかな?』って、半分楽しくなって、試したくなったんです。

不安になりがちな私にとって、『賭け』に近い行動。

今も『私バカだなぁ〜』と思いますが、多分これまでの人生で、1番じゃないか?って位、私は今自分のことが好きです。

自分にとって凄くリスクがあることを、なんか知らないけどやっていて、なんかそれを自分で笑えていて…。

本当に、世間の常識の通りダメになったら、これは看板スタッフの話のネタとか、ブログのネタになりそうだなぁ、なんて思ってます笑

まぁ、死んだら自分でネタにして話せませんが…笑

うまく行くかなんて、分かりません。

でも、いろーんなものに導かれて、いろーんなものに支えられていて、いろーんなことが見えて来た気がするので、目に見えないものとかも含めて、信じてみようと思います。

これも、『バカ』なんだと思います。

でもこれまでと違うことをしていて、挑戦している自分は好きです。

バカになったらリスクを取ったり、なんかそんな自分が好きになれたら、どれだけ周りに悪く見えようがなんだろうが、それで良いのではないか?と思います。

自分が嫌いだけど、周りに好かれてるって、それはそれで良いのだけど、何だか悲しい。それでも良いのかもしれないけど。

私は、自分のことを好きになりたいし、やりたくないことをやらないとか、一度で良いから好き勝手に、わがままに過ごす時間が欲しくて、今回の選択に至りました。

そして、バカになって3週間あまり…。

もう1つ感じたことが、私にバカだと散々言って来た人が『幸せ』だったか?ということ。

職場で『バカ』と言われた時、私には苛立ちや敵意が芽生えました。

言った方は?どうだったんだろう?

多分、幸せではなかったと思います。

言われた私も、幸せではありませんでした。

そもそも、人にバカだと言う人は、自分がそうなりたいけど出来ないから、バカな人を『バカ』と言ったらするのかもしれない。

幸せじゃないから、八つ当たりしてるかもしれない。

もし、幸せな人が私の様を見た時に思うことって『良いんじゃない?』とか『面白いね』とか『ネタだね』とか。

私が自分のことをバカだと思っていても、『バカ』だとは言わない気がするんです。

1つの生き方として、肯定するんじゃないかなぁ?と。

そんな気がしています。

私にとってバカになることは、自分の殻を、これまでの自分を破ること。

不安になっても、この選択をした自分が、今でも誇らしく感じたり、たまに自分で笑えたり、ワクワクしたりします。

仕事辞めてワクワクなんて、これまでありませんでした。

良い気分になってるのなら、自分としてベストな選択だったと思います。

バカになるのも生き方の1つなのかもしれません。

このブログを書いた人

オハナ
オハナ

初めまして。 オハナと申します。 ライフチェンジカウンセラーとして、自信がない人や、生きにくさを感じている人…そんな人を笑顔にしたり前向きにしたりする仕事をしています。ココトモの次のステップを後押しするチャレトモのほうでは、キ...

プロフィール詳細はこちら
オハナが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全1件のコメント

  1. ぬい 2017/06/29 20:10

    しがらみや執着を思い切って捨てられる勇気
    とっても憧れます
    確かに先行きがはっきりしないことをするということはとっても愚かなのかもしれません
    けれどそれが邪魔して自分の生き方ができないのなら
    それを捨てられることは必要なことなのかもしれません
    自分の人生を自分で決める
    それができればどんな結果でも間違いじゃないのかもしれませんね

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク