聴覚過敏がラクになったヘッドホン

電車の音がしんどい
人混みのガヤガヤしてる中にいるとすごく疲れる
お店のBGMがうるさすぎる
駅のホームやエスカレーターのアナウンスが耐え難い

私にはこんな症状があるのですが、
それが聴覚過敏だと発覚したときには驚きました。

うるさいなーと思いながら我慢することが
私にとっての普通の状態だったからです。
以前、買い物に出かけてあまりにも疲れたことがあって
主治医にそのことを話したら

「あなたが過敏なだけで、みんなが我慢してるわけじゃないんだよ。
みんながうるさいなーって我慢してたら
苦情だらけで静かになるでしょ」

言われると確かに、と思うけれど
言われた時は目が点でした。

え?みんなうるさくないの??

 

 

そんな私の状況を知っている知人が
ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを私にくれました。

見た目はよくあるヘッドホンです。
ノイズキャンセリング機能というのは

外部の環境ノイズ(乗り物内の騒音や室内の空調音など)と

逆位相の音を出すことで環境ノイズが低減して聞こえる機能です。

(トリセツより)

簡単にいうと、
騒音をデジタル処理してから
耳に届けてくれるような機能です。

ちょっとドキドキしながらつけてみると、
1番最初は魔法にかかったような感覚でした。

・・・ナニコレ?シズカ・・・

時間の流れにひきずられて生きてるのが
自分のペースにすとんとはまるような感じでした。

しばらくヘッドホンをしてると
イライラがしずまって心が広くなったような時もありました。
音楽を聞くと今まで騒音につぶされていた
コーラスやパーカッションが
聞こえるようにもなりました。
寝る前に静かな時間や快適に音楽が聴ける時間を作るようになって
睡眠の質が良くなった日もあります。

こんなに違うなら早く試せばよかったと思いました。

ノイズキャンセリングのイヤホン・ヘッドホンというものがあって
ネットで買えるという話は聞いたことがあったのですが、
それが「逆補聴器」のようなイメージだった私は
ネットじゃ試せないから買いづらいなーと思っていました。
そうかといって、実際の店舗だと
どこに売ってるか分からなくてそのままになってました。
知人は家電量販店で買ってくれたそうです。

私の場合は聴覚過敏用のものじゃなくて
ノイズキャンセリングヘッドホンで
十分だったみたいです。

メミ調べでは、聴覚過敏にこういうアイテムを使うことは
リラックスすることで症状の改善につながる説もあれば、
常用すると音に弱くなって慢性化する説もあるので、
念のため主治医に聞いたところ、
「1日中じゃなければ大丈夫。
音楽を聴くときは音小さめにね」
とのことでした。
(個人差があると思うので、あくまで私の場合です。)

疲れた時ほど、音に過敏になってイライラしてしまうことがよくあったのですが、
そういう時に使うとリラックス&リフレッシュできるのがとても快適です。

このブログを書いた人

メミ
メミ

…(・・) 積極的に紹介したいような自己がないんですよねぇ… ひとは変わってゆくものですから! …というのも、いま、私は自分自身の大きな変化の真っ只中におります。 だから、今の自分をまとめて書くのは難しいです。...

プロフィール詳細はこちら
メミが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全2件のコメント

  1. メミ 2017/09/24 15:37

    ぬいさん、コメントありがとうございます。
    少しの違和感のうちに相談することを心がけていきたいと思います。

  2. ぬい 2017/09/15 20:35

    みんなと自分が違う
    その原因がしっかりわかると安心だったりしますよね
    そしてその対策ができればもう申し分ない
    少しの違和感があるなら
    それを相談してみることで道がみつかるのかもしれませんね

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク