新しい自分と古い自分

来月から働くことが決まった。

新しい自分になってから、初めて働く。

緊張や怖さがないと言ったら嘘になる。

そーゆー不安を味わう時、きっと私は、過去の自分でいる。

『また辞めたらどうしよう。次すぐ見つかるのかな…?』

『また人間関係でうまくいかなかったら…?もし仕事が出来なかったら…?』

これはもう、辞める度、そして新しい仕事に就く時に、いつもいつも感じていたことだ。

思って当たり前なんだけれども、その恐怖は『人って怖いんじゃないか』とか『自分には出来ない』って感情から来ているような気がする。

ここ4ヶ月で、随分と変わった自分を見て来た。

まず自分を大切にすることと、今の状態が実はとても幸せで、望んでいた幸せは『今って本当は完璧な幸せな状態なんだ』と思う事ですぐに手に入ったということ。

今の状態と理想の状態の条件を、自分なりに紐付けていった。

執着とかしがらみとか、一般常識とか世間体とか、そーゆーものをぜーんぶ取っ払ってみて、意識して考えていく事で、本当に自分が欲しいものとか、幸せだと思える事を『現在の自分』に当てはめていった。

そうしたら、一瞬で、初めて『あぁ、幸せだな…』と思えた。

自分を許して、満足して、自分を受け容れられた。

そこから、メンタルも体もどんどん良くなっていった。

だから、ほぼ万全な心身でフランスに行った。

ラベンダー畑さえ見れたら…。

そう思う私に、どこからかもっと大きなプレゼント(幸運)が届いた。

ラベンダー畑以上に、色んな人が助けてくれて、話しかけてくれて、道を教えてくれて、同じような境遇の人に出会い連絡先を交換して、もうすぐこっちに一時帰国するから会おうと言ってくれた。

ボランティアをしていた人で、チャレトモなどにとても興味を持ってもらい、URLを伝えた。

フランスに住んでいる人が、チャレトモの存在を知っている。面白いな…苦笑

他にも実はいるんだろうけどさ…。

私は、8年前の卒業旅行でフランスの世界遺産、モンサンミッシェルに行った。

今回は世界遺産を廻る予定はなかったけど、宿泊したゲストハウスが、街全体が世界遺産と呼ばれる『アヴィニョン』というところだったのは、旅立ってから教えてもらった事だ。

そんなこんなで奇跡のフランス旅行で、より人は優しいと感じ、『新しい自分』は更に磨かれていった。

前職の人間関係から、『人は酷い』という感覚が抜けなかった私の頭の中は、どんどん逆の方向へ…。

人は優しい…に変わり。

否定的な言葉を受けて自己否定に走った位置から、どんどん自己肯定、自己受容に向かっていった。

そうして、帰国後『海が見たいなぁ〜』と思っていた私に、今度は沖縄にリーズナブルに行けるチャンスが訪れた。

有名どころはほぼ廻れ、見たかった海を見て、2回海水浴をした。海のしょっぱさ、青さ全てが美しかった。

誘われたヒッチハイクで、海外だけでなく、日本人も警戒心強そうなのに、やっぱり優しいんだなと分かった。

そんな輝かしく、安心した生活は、7月末辺りまでで、8月位から変わっていった。

人生波があるのは当然なんだけど、2ヶ月弱天国のような日々を過ごし、8月は未来探しになった。

実家に帰り親に報告し、『もう実家にもどこにも、私の帰る場所はない』と思った。

母親の言葉に殺意にも似た、強烈な怒りと悲しみがこみ上げた。

これではいけないと思いつつも始めた就活では、面接で引っかかったり疑問に思うことばかり。

せっかく自分が好きでどんどん変わっていったのに、何が違うの?どの方向が合っているの?

1ヶ月間の自問自答。色々会社やバイトを受けても、その疑問は解決せず、体調も悪くなっていった。

そんな中でも、対面相談だけは本当に楽しくて…。

この対面相談で、こんなに幸せになれる自分は幸せだと思った。ただただ、カウンセリングとか、セッションしてることが、楽しかった。

でも就活やお金、自分のことになると本当に辛かった。不眠も悪化してしまった。

折角治ったのに…落ち込んだけれども、アップダウン繰り返しながら、一度抱いた幸せな感覚を忘れない為にも、良い方向に行く方向が、自分を大事にする事だと分かって、人への信用もきちんと理解出来たことも、忘れないように、落ち込んでも這い上がることを信じ続けた。

『この方向は、絶対間違ってない。自分を否定しない。』

初めて、ここまで自己否定するのを我慢した。

1人で過ごすことが多いのに、自己否定したら、誰も味方はいなくなる。

それだけは避けた。

9月に入ってゾノさんからある会社を紹介された。

話を聞いて、ここだ!と思った。

正確には『この働き方だ!』と思った。

一般的とは少し違うその働き方は、社会不適合なところがある私には、ピッタリだった笑

尚且つ、紹介してくれたゾノさんを信用していたことも大きかった。

ゾノさんも、会社の方も、信用出来たので、その後面接などで大変でも、疑うことはなかった。

で、来月から働く。

結局、ここ4ヶ月で本当にちゃんと休めた期間は2ヶ月弱。

最後の2ヶ月は、スマホが壊れたり、親へお金のことを頼んだり、面接受けてもしっくりこなくて生き方や働き方に悩んだり、人との縁を整理したり、前職と揉めたり、市役所とすったもんだあったり…で、正直疲れた苦笑

上がって、またダウンした。

良い方向に進んだ時、大体は一度上がれば

「その後変わった自分になったらその後の人生明るく過ごせました!」

みたいなパターンで描かれるけれども、多分現実はこんなんだ。

上がって下がって、で、下がった時にどれだけ自己否定せずに自分を信じ続けて、もっと言えばその悪い状況を楽しんでいけるかで、また上がるかが決まる。

あとは、下がった時に、周りにヘルプを出して助けてもらう気持ちを持てるかどうか…も試される。

1人で頑張るのは、自分が耐えればそれで全部済む。

でも人に頼るのは、人も選ぶし、罪悪感も伴う(まぁ、人にもよるけど)

私は、自分がこれまでしてこなかったことら恐いことを、敢えてしてみた。

体調が激悪だった、あの6月1日から。

そんな中で、逆をして、自己否定を抑えて抑えて我慢して、ひたすら自己肯定した。

自分を受け容れるように努めるのは、これまでしてこなかったからすごーく大変で。

でもしてみて、一度でも『あ、この感覚が幸せとか安心なんだ!』と、やっと欲しかった感情や感覚を味わい、方法を、学べば話は早かった。

アップダウンあることを理解した上で、いかにあの感覚を維持していくか。

それはセルフコントロールなのかもしれないし、結構ガッツがいる。

自己否定したくなったり、落ち込むと、古い自分が引っ張ってくる。

引きずられそうになる。

『昔の自己否定のほうが馴染みがあるじゃないか。失敗したなら、また自分責めれば良い。全部自分のせいじゃないか。早く戻って来いよ。』みたいな。

今はこの感覚を俯瞰して見ながら、『懐かしい』と思う。

だって古い自分だから。

新しい感覚を知ったら、そこはもう幸せであって、新しい自分だ。

『幸せ』だと一度感じてしまったら、もう古い自分に戻りたいと思わない。

新しい自分でいることは、とても清々しくて、何だか分からないけど、目に見えることも見えない未来とかも、自分で信じられる。

そうなる自分に、期待が出来る。

『期待は周りではなくまず自分に』ってなんかに書いてあったな…。

誰かに期待すれば、その通りにならなかった時に悲しみや怒りが生まれる。

誰かに期待すれば、自分の体力は使わない。

それって実は楽だ。

でも自分に期待をかければ、自分のことは自分で分かるから不安になる。

自分に期待をかければ、他の誰でもない自分にプレッシャーになる。

自分を信じることは恐いから。

他人を信じることより怖いし、ある意味自分のことを本当に信じられないと、他人もある意味信じられないのかもしれない。

誰だって、自分に負担をかけたくないから、自分に期待なんてしない。

でもだからこそ、それをしてみると大きく変わる。

自分に期待して『自分が裏切った』ということって実はない。

その期待に応えようとした時点で、既に自分との約束は果たしている気がする。

結果じゃなくて、過程を見るってことになるのかな?

そして、どんな結果でも、良い意味づけは出来るから。

失敗ってあるようでないっていうのは本当なのかもしれない。

今、私はどちらかというと、色々終わって疲れ気味です。月曜に向けた緊張もあるかもだけど…。

だから、自己否定とかネガティヴに陥らないように、コントロールしていく時間。

幸せな瞬間もまたやってくる。

こうやって良い時悪い時繰り返してて、ペースが掴めれば、悪いことすら怖くなくなる気がする。

古い自分に、今までありがとう。だって自己否定しつつも、自分を守ってくれたのだから。

新しい自分に、出会ってくれてありがとう。これから沢山幸せを感じさせてくれるだろうから。

で、『古い自分』に、引っ張られそうな時には、止める。

しばらくはこの繰り返しだけど、またどこかで変わってくるんだろうなぁ。

でもここ数ヶ月で起こった出来事、奇跡、出会った人達、受けた刺激、学んだ事はきっと私の人生に大きく残るだろうな。

フランスのラベンダー畑、海を見る事、会いたかった人に1人、2人と会えて、がんちゃんに会う機会にもとうとう恵まれた事、体を休めさせることが出来た事。

数々の望みは、今年ほとんど叶いました。

実はもう1つ、大きな願いがあります。

仕事に関すること、お金に関すること、それともう1つ。

仕事を辞めて、自分が決めたもう1つの大きな願いはまだ叶っていません。

2つ叶った時のように、ポジティブに成就を待っているつもりです。

『新しい自分』で過ごしていきながら。

このブログを書いた人

オハナ
オハナ

初めまして。 オハナと申します。 ライフチェンジカウンセラーとして、自信がない人や、生きにくさを感じている人…そんな人を笑顔にしたり前向きにしたりする仕事をしています。ココトモの次のステップを後押しするチャレトモのほうでは、キ...

プロフィール詳細はこちら
オハナが最近書いたブログ

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全2件のコメント

  1. オハナ 2017/09/28 22:52

    ぬいさん☆

    いつもありがとう(^^)
    そうですね、古い自分も新しい自分も、全て自分自身です。
    私にとって、古い自分は、言わば『安定したネガティヴ思考の自分』でした。
    勿論、常に100パーセントそうであったわけではないけど、ザックリ言うと。

    そんな自分から変化したのがここ数ヶ月です。『古い自分』を愛せるようになったから、『新しい自分』になれた、とも言えるのかな?
    全部を許容するのは簡単なことではないけど、少しずつでも出来て行ったら良いと思います。

  2. ぬい 2017/09/28 18:25

    古い自分
    新しい自分
    どちらも自分なんだと思います
    だから片方だけを愛することもできないわけで
    自分の全てをいつか愛せる日がくればいいなって思います

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク