誰かの幸せを、例え素直に願えなくても…

結婚したんだ。

子供が出来た。

私の周りには、そんな報告が来ることはよくあって、年齢を考えれば、むしろ来ない方がおかしいくらいかもしれない。

当たり前なんだと思う。

でも、そんな報告を素直に喜べない時の方が、私は多い。

喜べないのはきっと、私の心に、自分の人生を満足していないところがあるからだと思う。

『人は人、自分は自分。』

『むしろ、そんな報告が来たってことは、私ももうすぐだ。』

そんな風に思う自分は、むしろ押し付けっぽくそう思ってるところがある。

『人の幸せを喜べない奴は悪だ』

『嬉しい知らせを、素直におめでとうと言えないなんて…』

そんな気持ちを押し殺して、「おめでとう!!!」と祝福の言葉をLINEに載せて送ることを、これまで何回繰り返したんだろう?

今のご時世、そういった報告はまずLINEで届いてくれるから、この邪な気持ちはバレずに済むことはほとんどだ。

ありがたい、心からそう思う。

自分の汚い気持ちが、相手に伝わることはまずない。

嫌な人間だと思われたくない。

相手が嫌いなわけではない。

このモヤモヤは、私が1人で静かに消化したい。

いつも色々黒い気持ちを抱えながら、葛藤しながら、幸せな報告に返信するのは、

自分を汚いと思いながら、嫉妬や妬みを知らんぷりしながらも出来なくて自覚して

それでも耐えぬく人は

そんな20代、30代、ううん年齢関係ないかもれないし、きっと性別も関係ないけど。

きっと、私が思ってる以上に、同じような人は沢山いるんだろうけど。

沢山いて、沢山の人が本心や本音を隠しているんだろう。

昔よりは、そんな気持ちを人には決して見せないけど、自分で受け容れるようになった。

こんな気持ちも、抱えて良い。良しとしようと思うようになった。

だって、しょーがないから。

羨ましいじゃないか、やっぱり。

誰が悪い訳ではないけれど。

自分だって、いつか友人にそんな報告をしたい。

でも出来ないかもしれない。

そんな日が来ないかもしれない。

そんな絶望に襲われかけるのは、いつも眩しいくらいの幸せ、典型的な幸せを見たとき、そんな報告を受けた時。

妬みや嫉妬や羨望の眼差しは、きっととても人間らしい感情なんだろうけど。

それを押し殺して、素直に祝福を述べる人間として演じたり振る舞うことに、時には自分が自分で耐えられなくなりそうになったり。

そんな自分を、否定したくなったりすることがある。

これもまた、今の人生を生きてきたからこそ。

この人生を、歩んでいるからこその悩み。

でも、別に今を後悔しているわけじゃない。

結婚していないからこそ、得られた物も沢山あって、それをちゃんと認識すると、気持ちが少し和らぐ。

こんな感情の時に、結構前にフェイスブックで見た、妊娠した人の言葉がよぎる。

私がこんな時に浮かぶ黒い感情を、否定しなくて良いと、祝福される側の立場から述べてくれたファイスブックの投稿。

私がもし、この先結婚や妊娠することがあったら…

SNSに投稿するかは別にして、素直に喜べないことを『悪』だと思わないで欲しいと思う。

その気持ちは、多分自分の幸せを望んでいて諦めていない証拠だ。

自分で自分を幸せにしようとしている証拠だ。

それってきっと、凄く素晴らしいことだと思う。

性格が悪い訳じゃない。

そもそも、嫉妬とかは、人が当たり前に持ってる感情だから。

自分の心に浮かんだら、否定せず静かに感じて、ザワザワが落ち着くのを待とう。

羨ましいよね、と自分に共感したらいい。

幸せになりたいのは、万人同じ。

別に、ふてくされたっていいじゃないか。

えぇ、ショック!!!と思ってもいい。

それでも、私もみんなも、自分の幸せをちゃんと持ってる。

例え今持ってなくてもちゃんと持ってるから大丈夫。

どれだけ落ち込んでも、最後はそれを信じてあげよう。

自分の為に。

私はそれをいつも最後は言い聞かせて、数時間でリカバリするようにしていますw

諦めちゃえば多分すんなり祝福出来るんだろうとも思う。

まだ選べるから、自由に選べる、だから、羨ましい。

今も、1人なのはある意味とても自由なのに。

それを頭で理解していても、やっぱり欲しくなっちゃうよね、結婚とか、子供とか…

ゆっくり、そんな自分に付き合ってあげよう。

黒い感情、受け止めてあげられるのは自分だけだから。

自分には自分のタイミングがある。

そのタイミングを静かに待とう。

例え、どれも違って、独身を貫くのが自分の幸せならば、それでも良いと思う。

自分には自分の役割があるって言うから。

何が、自分の幸せか分からない。

一般的な幸せが当てはまるかどうかも私は分からない。

その答えは、死ぬときにやっと分かるような気もする。

どんな自分でも受け止めて、最後笑って死ねるように、今は目の前の自分のことをしっかりとね。

こんな風に言い聞かせて、今日も私は生きる。

◆PR:ココトモがつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
ココトモは自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』をまもなく公開!恋愛相談からマッチングサポートまで、あなたの状況に合わせて恋を応援します。基本使用料ずっと0円。

⇒Piece公式サイトはこちら
◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは2018年6月に東京都内にフリースクール『Riz』をオープンしました。今この瞬間に「どこにも自分の居場所がない」と感じて苦しんでいる中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

オハナ
オハナ

初めまして。 オハナと申します。 ライフチェンジカウンセラーとして、自信がない人や、生きにくさを感じている人…そんな人を笑顔にしたり前向きにしたりする仕事をしています。ココトモの次のステップを後押しするチャレトモのほうでは、キャリアアドバイザーとして活動しています。 私は、『救う』と言うよりは...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. オハナ 2018/08/14 22:25

    ぬいさん★
    心の声に耳を傾けることは、とても大切なことだと思います。こういう時に湧き出て来て制御したくなる感情は、大抵出しにくい感情であることが多いと思うんです。

    勿論、相手本人には伝えないにしても、他の人にもきっと話しにくいことだと思います。そういう時は…。

    ある意味で、きっと人間らしい感情。
    情けないとすら、思わなくてもいいような気がしています。あくまで私が思うに…になりますが…。

    相手の喜び、全て素直に喜べる程、人はそう完璧ではない。だから人は愛おしい、そんな風に思えたら良いなぁと思います。喜んでいないこと、そんな本心を相手に伝える必要はないし、だからと言って、自分を否定しなくても良い。
    静かに、自分の本心を、受け止められればなぁと思います…。

  2. ぬい 2018/08/12 23:44

    人の幸せを必ずしも喜べるのか
    それはないと思います
    けれど相手の幸せを喜べない自分というのは
    なんだか情けないような気がします
    けれどそれはそれでいいんだと私は思います
    感情は理性によって制御されているものではないので
    大事なことは感情がどこからでてきて
    その感情が自分に何を伝えたいのか
    そういう心の声にしっかり耳を傾けられるか
    なんじゃないかなと私は思ってます

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP