母の日

ちゃおっす(・ω・)ウォーリーです。

3000文字くらいのブログになってしまいましたw

さて、昨日ふと鏡を見たら顔が左右対象じゃなさすぎてビックリしました。

顎関節症なので、物を食べたり笑ったりする度に顎がカッコンカッコンします。 たまに頭痛や耳が痛くなったり… そして昨日は歪んでる顔が更に歪んでしまってショック

凹んでてもしょうがないので病院に行くまでは、芸術は爆発だ精神でいることにしましたw

そんな昨日は母の日でしたね(^-^)

皆さんは何かしましたか??

私は朝の5時くらいまでメンバーのえがちゃんの家で呑んで(えがちゃんあざした)お昼くらいに家に帰って

都会まで母の日のプレゼント買いに行こうかなーと思いつつ、何故かジムでトレーニングをしていました。

脳筋じゃありませんよ??

トレーニングを終えて、家に帰り風呂に入り、母の日のプレゼントを何するか悩んでたので、友達にLINEして母の日何にした?と聞くと

チョコが好きだからチョコにした。

という事で、私はケーキにしました(笑)

 

私は男性。女性の気持ちすらわかりません。

母というのは一体どんな感じなのでしょうか?

一般的なお母さんなら、お腹を痛め子供を産み、赤ちゃんの頃は意思疎通や、夜泣きとかに悩まされ、ちょっと成長してくるとわがままに振り回されたりその合間に洗濯、掃除、食事等の家事や旦那さんの事もやらないといけない。

子供が小学生になれば外で友達と遊ぶようになり、どこで身に付けたかわからない知識や知恵を振りかざして喧嘩になったり、学校の事での心配事も増える。

中学生になれば部活に入り、また色々お金がかかります。反抗期も来るでしょう。

高校生になれば、お金も自分で稼ぎ行動の幅が広がり、さも自分1人で生きてるような感じの子供もいるかもしれません。そして、そろそろ進路について現実的に考える頃でしょうか?

大学生になり、またまた活動範囲が広がり中には一人暮らしをする子も。上手く生活できてるか心配したり。 そして就職。

晴れて社会人に仲間入りして、荒波に揉まれ。

私の家庭は貧乏で、多少複雑です。

しかし、私自身はあまり大変な思いはしなかったような気がします。もし、当時大変だと思ってたとしても、記憶としては思い出せるけど感情は思い出せません。勿論、今も大変な事はあるし、これからも大変な事は沢山あると思います。

私が大変だと思わなかったのは、母を始めとする他の家族が、私の代わりに色々やってくれてたからであり、私は恥ずかしながらここ最近まで、さもそれが当たり前だと思っていました。

私は高卒で就職し、卒業に伴いスーパーのバイトも辞めました。 バイトも大変な時があったけど基本的に楽でした。

社会人になってみると、大変、大変。

と言っても、他の会社からするととても楽な会社だと思います。

が、それまでヌルい環境にいた私からすると辞めてー辞めてー。矛盾や不条理の多さにイライラ。

そこで私はほんの少しだけ働いている父の気持ちや大変さがわかった気がしました。

だから次は母の大変さもちょっと味わってみるかって事で家事をしてみる事に。

洗濯。基本的には楽だけど、素材に合わせた洗濯方法や洗う組合わせとか考えるとめんどくさかったです。最終的には全部詰め込んでやりましたw

料理。私はクックパッドとYouTubeという神器を信頼していました。しかし使い方を誤り、神の怒りを買い、野菜は荒れ果て、フライパンからは火の手が上がり、出来上がったのは見るも無惨な未知のモノでした。美味しくもない、後片付けの手間を余計に増やしました。命や食べ物に対して失礼な事です。

掃除。整理整頓は昔から気になる範囲だと綺麗になるまで気が済まない性格なので割と楽しく、綺麗に。しかし時間かかったし後から疲れが来ました(笑)

一番大変なのはアイロン。中学生の頃までは給食なので当番になると割烹着は洗濯してアイロンかけます。その頃は楽でした。ある日女性と会う予定があったので少し早起きして、私はシャツにアイロンをかけようとしました。まあ楽勝だろ。数分後、シャツには強烈なシワがいくつも入っていました。私はそのシャツを着ていくのを諦めました。というか色々諦めましたww

一言で表せるものではありませんが家事は本当に「大変」でした。

それを母は旦那を支え、育児をしつつ、休みもなく、給料を貰える訳でもなく、毎回感謝される訳でもなく。

なのに文句も言わずに、毎日毎日してくれてると思うと、何というか、母凄い。っていう感想しか出てきません←バカ

たまにニュースで家庭内暴力や親が子供を殺害とか、子供が親を殺害とか、それに近いものを見聞きすると

何やってんだコイツは、すげえ酷い奴だな。

って、なります。

でも、人には人の事情があるし、その人にしかわからない事や仕方のない事もあって(勿論仕方ないで済ます訳にはいかない)

一概に、その人だけを責めるのもどうなのかなって。

その人や周りの人が、これからどうして行くのかが大切なんじゃないかなって思います。

綺麗事だし、当事者になればこんな事は言えないでしょうけど。

事実、私は赤ちゃんが苦手です。普段は良いんです。でも泣き出してしまうと意思疎通取れないし、こっちもアワアワしてしまいます(..;)

こういうのが毎日、毎夜続いたらと思うと相当のストレスで、自分がそれに耐えられるか怖くなります。

その事を母に話すと

「自分の子供はかわいいから産まれればわかる。」

との事で、想像はできないけど今悩む問題でもない(まず相手ができるか問題です笑)ので納得した事にしました(゚∀゚)

 

話が多少脱線したような気がしますが

想像するだけで大変な事を母は続けてきました。

思えば昔から母はあまり派手な服や化粧もしないし、自分の買い物もしません。同じ物を長く使っているので多少くすみが出ていたり、遊びにもほとんど行かないし、外食もしない、あまりパッとしない感じの女性です。

私は、周りの子供と比べるとあまり服も持っていないしおさがりが多いし、玩具とかも買ってくれないし、お小遣いは月に何百円だし、習い事もさせてもらえませんでした。

当時の私はそれに対し、母に怒り、泣き喚き、父の稼ぎが少ないからいけないんだと恨みました。何と自分勝手(笑)

けど、部活の物とかランドセルとか必要なものはちゃんと買ってくれました。

自分の買いたい物や、やりたい事を抑えて。

それなのに私は物をぞんざいに扱いました。もっと丁寧に扱えば良かったです。

今では生意気に育った私ですが、小学生に入る前まではお母さんにベッタリで、マザコンそのものでした、あー恥ずかしい。

それから時が経って、母ももう50代です。

私が大きくなったのもあるだろうけど、年のせいか疲れのせいか母の後ろ姿は小さい。というか萎んだ気がします。

ろくに料理もできないくせに自分は母の料理に「またこれかよ」と愚痴を言います。まだまだ子供ですね。しかし最近は母の料理をあと何回食べれて、何回愚痴を言えるんだろうって。

まあ、こういうのは母だけじゃなくて自分の身の回り全てに思う時もあります。すぐ忘れちゃうけど(笑)

 

母の日を迎えて、改めて思うのは貧乏だし、複雑な家庭です。その事もあり、それが今の自分のコンプレックスになってしまってる。でも、私ももう社会人なので貧乏か普通かお金持ちかは自分次第!そして複雑な事情もあって普通とは違うけど母なりの愛情を一生懸命注いでくれて、私は幸せなんだなと。

 

誕生日ではありませんが、健康にボケずに幸せに長生きしてもらいたいです。

世界中のお母様方、いつもありがとうございます。

照れくさいので、これで母にも感謝を伝えた事にしといて下さいw

 

以上、ウォーリーの気持ち悪いブログでした。ペロペロ。

 

 

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全4件のコメント

  1. ウォーリー 2015/05/13 06:55

    いだっちさん
    口だけにならないよう努力しますw
    本当にかっこいい人は不言実行!

  2. いだっち 2015/05/13 01:52

    ウォリちゃん!
    いいね〜、かっこいいね〜!
    「自分次第!」ってとこが一番かっこいい!!

  3. ウォーリー 2015/05/11 23:19

    実際は無表情でコメントしてるくせにw
    でも何だかんだでコメントしてくれて嬉しいんだ、なぁ☆

  4. nano 2015/05/11 23:00

    今日はウォーリーのくだらない記事でも読んで寝ようかと思ってたのに、泣かせるなよ…

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク