鷹れんの本の紹介☆神様のカルテ

みなさま、こんばんは♪こんにちは☆おはようございます!

鷹れんです☆

最近は、進路のこと、ココトモのこと、いろいろなことがあり、
なかなか落ち着いて本を読む時間がつくれず……
読みたい本が、どんどんたまるばかり……
でも、つみあがった分だけ、自分の知らない知識があり、世界があり、人がいて、想いがある。
そう考えると、ふくれあがった「読みたい本リスト」も、なんだかほくほくするもののような気がします☆

自分の人生は一度きりだけど、本を読めば、私は無敵のヒーローにもなれるし、吸血鬼にもなれます!
切ない恋愛もできれば、結婚、リストラ――今は想像もできないことまで、なんでも経験することができます。

今回紹介する本『神様のカルテ』は、そんな、私が経験できないことの一つ「医者」のお話です。

人間と向き合うということ。
医者も人間であるということ。
幸せとはなにか。正しい道とはなんなのか。

そんなことを、教えてくれる。そして、一緒に考えてくれる。
そんな物語です。

三巻まででている神様のカルテですが、
私が特別心に残っている話があります。
一巻の最後の方で、末期ガンにかかった老年の女性が、数々の病院で入院を拒否され、半ば諦めかけていたときに訪れたのが、主人公・栗原一止医師のいる、本庄病院。
そんなところから話は始まり、やがて、悲しくも暖かい、そんなラストへ向かっていきます。

拒否されることは、心にとっても辛いことで、それを何度も経験してきた女性が、栗原医師たちの暖かさ、優しさに触れる……そんなシーンは、私はハンカチを握り締めていないと読み進められません……((エグエグ

心に、感情に、ストレートに切り込んでくるこのお話を、是非読んでいただきたいと思います☆
鷹れん

◆PR:ココトモがつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
ココトモは自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』をまもなく公開!恋愛相談からマッチングサポートまで、あなたの状況に合わせて恋を応援します。基本使用料ずっと0円。

⇒Piece公式サイトはこちら
◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは2018年6月に東京都内にフリースクール『Riz』をオープンしました。今この瞬間に「どこにも自分の居場所がない」と感じて苦しんでいる中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

たかれん
たかれん

小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家にも居場所を失いました。 「助けて」と言えなくて、いっぱい悩んで苦しんで、当時は「なんで私ばっかりこんな想いをしているの」と、まるで世界に一人ぼっちなような...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全6件のコメント

  1. 鷹れん 2014/11/22 21:23

    organさん☆
    わかっていただけますか!
    嬉しいです^^

    『神様のカルテ』オススメなので、是非読んでみてください☆
    organさんもオススメの本あったら、教えてくださいね!

  2. 鷹れん 2014/11/22 21:22

    いだっちさん☆

    確かに、一生をどれだけがんばっても、知らないことの方が多いですね。
    一度知っていても、忘れてしまっていたり、当たり前に感じてしまっていたり……。

    伊坂幸太郎さんは、読みたいと思いつつなかなか読めていない作家さんの一人です!
    「登場人物を身近な人に置き換えて読む」という読み方を今まで思いついたこともなかったので(自然と、この人似てるなーとかはありますけど^^;)、
    『砂漠』を是非いだっちさんオススメの読み方で読んでみたいと思います☆
    有難うございます♪(´▽`

  3. organ 2014/11/22 19:48

    物語って、良いですよね。
    「物語を経験できる!」って感触、とても良くわかります。
    神様のカルテ、今度、よんでみようかな(^ω^)

  4. いだっち 2014/11/21 00:38

    本の感想ではないけれど、
    『自分の知らない知識があり、世界があり、人がいて、想いがある。』という文がとても好きです☆
    一生勉強し続けたとしても、
    「知っていること」より「知らないこと」の方が多いし、
    100歳まで生きたとしても、
    「経験」より「未経験」の方が多いんですよね。
    そして、
    相手は、自分の「知らないこと」と知っていたり、
    自分の「未経験」を経験していたりするわけです。
    年齢も性別も関係なく、「相手」はすごいんですよねぇ。
    これは僕が大事にしていることの一つです。

    と、何の話だかよくわからなくなったので(笑)、
    本の話に戻ると、、、
    青春ど真ん中の鷹れんさんにオススメの本は、
    伊坂幸太郎さんの『砂漠』です!
    かっこいい青春小説として僕は大好きで、2回ほど読みました!
    この本、登場人物を身近な人に置き換えて読むと面白いんですよねぇ。

  5. 鷹れん 2014/11/19 21:30

    あつさん

    おぉっ、読まれましたか!!
    泣きますよねぇぇ!!!

    私も、映画より原作が好みです笑
    末期ガンの女性のエピソードも、原作の方が、胸にストンと落ちてくるような印象です。

  6. あつ 2014/11/19 21:12

    おおっ、名作じゃないですか‼︎僕も読みました。…で、泣きました(泣)。映画化もされて、映画もよい映画だったのですが、僕は断然、原作を勧めます‼︎

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP