はじめまして★

 

はじめまして!

1ヵ月ほど前にメンバーに加わりました

れいちゃんといいます♪

はじめましての挨拶が少し遅れてしまいましたが、これからココトモの活動に参加させていただきます。よろしくお願いします★”

 

現役の大学2年生で、大学では《哲学》を専攻しています。

好きな思想家は

”エマニュエル・レヴィナス”

フランスの哲学者で、ユダヤ人です。

主に倫理学をメインに勉強され、他者との関係を深く考えた「他者論」というものを考えた人でした。

「他者論」をとっても簡単にまとめると…

「私にとって他人は、理解出来ない存在、、

でも、だからといって自分以外の他人を理解する事を諦めるのは間違えで、もちろん他人を理解したつもりになることも間違っていて、、

『私には理解出来ない存在』だからこそ、無限に思いやりを持って、他人を分かろうと(理解しようと)しなくてはならないんだよ。」

レヴィナスは愛の哲学者とも呼ばれていて、人との関係を一生懸命考えた人でした。どの本もかなり難しい本ですが、私は優しいレヴィナスが大好きです。

彼の生い立ちも一緒に調べると、なぜ優しくなれたかという事が分かります。ぜひ興味がある方は一度読んでみてください^^

話が止まらなくなりそうなので、今回はこのへんで終わりにしておきます!笑

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★

 

このブログを書いた人

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


全2件のコメント

  1. あつ 2014/11/06 19:14

    こんにちわ。。

    他者論:他者とは何であるかを規定し、他者と自己の関わりを明確化する。

    レヴィナスはフッサールやハイデガーに非常に影響を受けた哲学者であり倫理学者と認識しております。

    自分とは何か? 他者とは何か?

    関わりがわかりづらくなっている現代だからこそ、言葉や数字など視覚化できないことに取り組んだ先人方の研究結果を読み考えるのも必要なことだと思いました。

    久しぶりに、哲学・倫理学・心理学といった書籍を読んでみようと思いました。きっかけを有難うございます。

  2. みや 2014/11/04 19:45

    他者論、、、奥深いですね。。。
    要約してもらったのみるとほんとその通りだと思います!

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/



  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク