2017年、理想のココトモに向けて!

さてさて、今日お伝えする内容は、僕(ゾノ)の頭の中にある「理想のココトモ」2017年版のイメージです。去年の活動で得られた結果や反省点を踏まえて、「今年2017年にどんなことを叶えるか」を考えてみました。

良いコのみんなは、ぜったいに読んでね♪

◆目次

 ※読了目安:15分

 
 
 
2017vision_midasi1

第1章では、2016年にココトモが取り組んだことを振り返り、得られた結果と課題をお伝えします。

2016年は「相談サービスの満足度向上」を掲げて活動をおこないました!
そのあたりの経緯は去年に書いた「2016年!理想のココトモに向けて」に詳細があるので、未読の方は先にそちらを読んでくださると一層の理解を深められると思います☆

それでは早速まいりましょう!

1.ココトモ利用者数の報告

まずは、去年2016年の「訪問者数=サイトに来てくれた人数」「利用者数=サービスを利用してくれた人数」を報告します!

訪問者数と利用者数

2017vision_1

◆2016年度の訪問者数

訪問者 745,887人(前年:336,920人)
※前年比408,967人増加(121%アップ)
アクセス(ページビュー) 2,162,558PV(前年:1,473,095PV)
※前年比47%アップ

◆2016年度の利用者数

掲示板利用者 2,997人(前年:3,354人)
※トピック作成者のみカウント
※前年比357人減少(11%ダウン)
メール相談利用者 3,827人(前年:5,727人)
※前年比1,900人減少(33%ダウン)

 
ご覧のとおり、ココトモは前年に比べて訪問者数が2倍以上に増えました!
さらにアクセスは2016年12月の時点で月間30万PV以上になり、webサイトとしてはかなり大きな規模のサイトに育ちました。(パチパチ!!)

しかし、喜んでばかりもいられない状況です。
なぜなら、訪問者数が前年よりも増えているにもかかわらずサービス利用者数は前年以下に減少しているからです。しかも、少しの減少ではなく2,000人以上の減少です。

これにはさまざまな要因がありますが、なかでも「メール相談の対応が追い付かず、受付を停止する期間が長くなったこと」「掲示板の対応が追い付かず、コメントのつかない相談トピックが増えてしまったこと」が大きな要因だと考えられます。

利用者さん1人1人の立場からしたら自分の悩みに寄り添ってもらえたかどうかが満足度のすべてなので、どんなに訪問者が増えたとしても1人1人にきちんと応えられるようなサイトにしていかねばですね(*´`)

ゾノさんもたまには真面目なことを言うんだって驚いたかな?

今後の課題!

そんなわけで、2016年は訪問者数が増えて喜ばしい一方で、来てくれた人の満足度を下げてしまうという悲しい面もありました。

サイトのリピーター率も約15%ほど下がる結果となってしまいました(;_;)

2017vision_2

そのため、今年2017年も相談サービスの満足度向上が課題だなと感じています。ココトモが活動を続けていくうえで一番大切な部分なので、しっかり土台から見直していかなければ…!

まとめ:今後の課題
どんなに訪問者さんが増えても「1人1人に満足してもらえる相談サービスを提供すること」が最重要課題!

えいえい、おー♪

2.各部の取り組み結果

次に、各部が2016年に取り組んだことを振り返っていきます。
各部の取り組みを振り返ることで、これから相談サービスの満足度を向上させていくうえで解決すべき課題がハッキリと見えてきます。

2016年前半は一時的に相談対応数アップ

実は2016年の前半だけみると前年よりも相談対応数が増えています。
それは、各部の運営スタッフたちが「相談サービスの満足度を上げるためには、メンバーたちが相談活動しやすい環境をつくる必要がある」と考え、下記の取り組みをおこなってくれたからです。

各部がおこなった取り組み
  • 相談サービス向上部より、相談対応したメンバーへのありがとうメール配信
  • 相談サービス向上部より、相談受付がストップしそうなときにメンバー全体への呼びかけ
  • メンバー交流部&相談サービス向上部より、定期的な「相談メンバー交流会」の開催
  • 宣伝部より、SNSにてコメント0件の相談トピックの対応者募集
  • サイト運用部より、掲示板の荒らしへの迅速な対応

このほかにも多数。
メンバーたちが相談活動しやすい環境をつくるために、各部の運営スタッフたちが尽力してくれました。

2017vision_3
(相談メンバー交流会の集合写真☆)

こういった取り組みのおかげで2016年前半には「メール相談の受付を止めない期間」や「掲示板のトピックのほとんどにコメントがつく期間」が長くあり、結果として2016年前半は相談対応数がアップしました(*´`)

みんなのおかげです。いつも本当にありがとう♪

しかし、継続的な土台づくりまでは至らず2016年後半は相談対応数ダウン

そのままの勢いで相談者さんをお待たせすることなく対応していけたらバッチリだったのですが、現実はそう甘いものでもないらしく…。
2016年の後半には「メール相談の受付をストップしてしまうこと」や「掲示板の相談トピックにコメントがつかないこと」が増えていきました。

各部の運営スタッフのなかには休日返上でココトモのために時間を割いてくれる方もいましたが、それでも先ほど紹介したような取り組みを継続しておこなうことはなかなかできず、「一部の運営スタッフのみでメンバー全員が活動しやすい環境をつくるのは負担が大きいなぁ…。」と感じました。

また、「相談メンバー交流会に参加してくれたメンバー」や「各部に参加しているメンバー」は他のメンバーとの交流が生まれることで長い期間モチベーションを保てるけれど、そうでないメンバーはどうしても活動期間が短くなってしまうことも分かりました。

長い文章で眠くなってきたと思うけど、もうひとふんばり!大切なところだからしっかり読んでね♪

今後の課題!

そんなわけで、各部の取り組みは(特に2016年前半において)相談サービスの満足度向上に効果がありました。しかし同時に、今の運用のままでは「長期的な取り組みが難しいこと」や「すべてのメンバーのモチベーションを上げるのが難しいこと」が分かりました。

この問題を解決して長期的にメンバー全員が活動しやすい環境をつくるためには「一部の運営スタッフのみに負担が集中しない仕組み」と「メンバー同士が交流できる仕組み」が必要だと感じています…!

そのため、今後はこれらの仕組みを形にすることでメンバーたちが活動しやすい環境をつくり、結果として相談者さん1人1人の悩みに寄り添うことができたらいいなと思います(*´`)

まとめ:今後の課題
長期的にメンバー全員が活動しやすい環境をつくるためには「一部の運営スタッフのみに負担が集中しない仕組み」と「メンバー同士が交流できる仕組み」が必要!

ウトウト・・・

3.自信を提供するためのサービス開始

つづいて、2016年にココトモが新たに取り組みはじめた「自信を提供するためのサービス」について振り返っていきます。

悩み相談の次のステップとなるサービスを展開

これまでのココトモは「一人で悩みを抱える人」を対象にして、「安心できる場所」をつくりたい想いで3年近く活動してきました。

しかし3年近い活動のなかでさまざまな人の悩みに触れるうちに、その先に「自信をつけるきっかけ」を提供したい気持ちが強くなってきました。それは、悩む人の多くが「安心」と「自信」を失っていて、安心できる場所で心休めたあとには自信をつけるために行動する姿を見てきたからです。

自信をつけるための行動は「一度自信を失ってしまった場所」よりも「安心できる場所」で取り組んだほうがうまくいきやすいので、2016年は「自信をつけるきっかけ」をサービスに落として提供していきました(*´`)

具体的には、「30日間チャレンジ」が当てはまります!

eyecatch02

◆30日間チャレンジとは
1日1つの小さな頑張りを30日間続けることで「自信をつけて、自分を好きになる」企画。少人数のLINEグループをつくり、毎日励ましあいながら取り組み、みんなで「30日間頑張ることができた」という成功体験をつくります。

▽詳細はこちら
http://kokotomo.com/30days-Challenge/

この30日間チャレンジはお試し企画として実施したのですが、初回からすぐに満員になるなど予想以上の反響がありました!

参加された方たちからは毎月たくさんの嬉しい感想が届き、おかげさまで企画開始から約1年経った今も継続して開催しています(*´`)

Zzz・・・

今後の課題

そんなわけで、「自信を提供するためのサービス」としてはじめた30日間チャレンジは順調な滑り出しとなり、【企画単体で見たとき】には今のところ何も問題ありません。

しかし【ココトモ全体で見たとき】には1つの問題を抱えています。

それは、「頑張ることに疲れて休みたい人」がココトモに訪れたときに30日間チャレンジのような「頑張ることを応援する企画」をみると「ここは自分の居場所じゃないかも…」と感じてしまう可能性があることです。
実際にそんな反応がいくつかありました(;_;)

休みたいときに前向きな言葉を受け取るのはしんどいですもんね。

それらを踏まえると、「頑張りたい人に届けるサービス」と「休みたい人に届けるサービス」をハッキリと分けてあげることができれば、どちらの人の居場所も守れるんじゃないかなと感じます(*´`)

まとめ:今後の課題
「頑張りたい人に届けるサービス」と「休みたい人に届けるサービス」をハッキリ分けてあげる必要がある!

 

そんなわけで!
2016年は、ここまでに挙がった課題の解決を中心に活動していきます!

(・・・ハッ!!)そういうこと♪

 
 
 
第2章『理想のココトモに向けて』

第1章、読んで頂きありがとうございました。そろそろ眠くなってくる頃だと思いますが、もう少しばかりお付き合い頂けると嬉しいです(*´`)

第2章では、「理想のココトモ」へ向けて今年2017年に取り組むことを伝えていきます。

1.相談サービス向上のために取り組むこと

まずはじめは、今年取り組むことのなかでも最も重要な「相談サービス向上のための取り組み」についてお伝えしていきます。

課題として「一部の運営スタッフのみに負担が集中しない仕組み」「メンバー同士が交流できる仕組み」が必要だと分かったので、今年はメンバー全体の『一体感を向上』してチームとして活動する土台をつくっていきます。

そしてチームとして活動する土台のうえにお互いの『相談ノウハウを共有』できる仕組みをつくることで、相談対応の数・質どちらも上げることができるのではないかと考えています。

そんなわけで今年は、
・一体感向上のための3つの取り組み
・相談ノウハウ共有のための2つの取り組み

これら合計5つの取り組みをおこなっていきます。

ここからは各取り組みの内容を紹介していくよ♪

◆一体感向上のための3つの取り組み

1.すべての活動をチーム制にします!

これまでは運営スタッフのみがチーム制で活動していましたが、今後は相談活動をおこなうすべてのメンバーがチーム制で活動する団体にします。

具体的には、「班」をつくります。
班の詳細はまた後日お知らせしますが、4~6人を1つの班にして、同じ班のメンバー同士で相談活動にたいする不安や疑問を相談できる体制をつくります。

※班づくりは「相談サービス向上部」を中心に取り組んでいきます!

2.ココトモの活動状況を定期的に全体共有します!

メンバー全員で相談活動をおこなっている意識を高めるために、ココトモの活動状況を定期的に全体共有します。

具体的には、毎月「ココトモメンバー通信」を配信します。
ココトモメンバー通信には、毎月の「メール相談件数」「メール相談ストップ日数」「掲示板トピック件数」「コメント0トピック件数」「メンバーのブログ」「各部からの連絡」などを掲載します。

※ココトモメンバー通信は「宣伝部」を中心に取り組んでいきます!

3.メンバー同士が集まる機会を定期的につくります!

各部の運営スタッフたちを見ていて「お互いの顔が見えることで一体感が強まる」と感じたので、定期的に集まる機会をつくります。

具体的には、毎月「ココトモメンバーの集い」を開催します。
ココトモメンバーの集いは、定期開催する「一緒にごはんを食べながら雑談をする小さな会」と、年に2~4回ほど開催する「各部の紹介をおこなう大きな会」を予定しています。

※ココトモメンバーの集いは「メンバー交流部」を中心に取り組んでいきます!

◆相談ノウハウ共有のための2つの取り組み

1.定期的に「プレ相談」を実施して全体共有!

これまでは自分以外のメンバーの相談対応方法を知る機会がなかったため、今後はメンバー同士の相談対応方法を共有する機会をつくります。

具体的には、「プレ相談」を定期的に実施します。
プレ相談では実際にとどく相談に近い内容の相談(=プレ相談)を各メンバーに回答してもらい、回答内容(+良い点をコメント)をメンバー全員に共有します。

自分以外のメンバーの相談対応方法を知ることができるので、結果として全体の相談スキル向上につながるハズ☆

2.相談対応でつまづいたポイントを全体共有!

これまではメンバーが相談対応でつまづいたときに「返信サポート」が個別に対応して完結させてしまっていたため、今後はメンバー全員に共有します。

具体的には、「各班のなかでメンバーから寄せられた相談」「返信サポートにメンバーから寄せられた相談」について【回答付き】で全員に共有します。

Q&A形式で相談対応のノウハウがたまっていくので、結果として全体の相談スキル向上につながるハズ☆

 
以上、ここまでに紹介した5つの取り組みで相談サービスを向上させていきます。

まとめ:相談サービス向上のために取り組むこと
2017年は相談サービス向上のために「一体感向上」「相談ノウハウ共有」に力を入れる!

◆一体感向上のための3つの取り組み
1.「班」をつくり、すべての活動をチーム制に!
2.「ココトモメンバー通信」をつくり、全体の活動状況を共有!
3.「ココトモメンバーの集い」を開催して、親睦を深める!

◆相談ノウハウ共有のための2つの取り組み
1.各メンバーの相談対応方法を「プレ相談」で全体共有!
2.各メンバーが相談対応でつまづいたポイントを全体共有!

各取り組みについては今後進捗があり次第みんなに伝えていくのでお楽しみに♪

3.自信を提供するために取り組むこと

さて、ここからは「自信を提供するための取り組み」をお伝えしていきます。

課題として「頑張りたい人に届けるサービスと休みたい人に届けるサービスをハッキリと分けたほうが良い!」と分かったので、今年は新サイト『チャレトモ』をつくることでこの課題を解決していきます。

新サイト『チャレトモ』について

dsc_1818-1

すでにメンバー向けのお知らせでお伝えしているとおり、ココトモは2017年4月に新サイト『チャレトモ』をつくります。

チャレトモはココトモの次のステップとなるサイトで、前を向いて頑張りたい人に向けて「夢を見つけるためのイベント」や「夢をかなえるための部活動」といったサービスを提供する場所になります。

チャレトモができることで、相談者さんは自分の状況に合わせて利用するサイトを選べるようになります。ココトモには休みたい人が集まり、チャレトモには頑張りたい人が集まるので、そのときどきで自分に合った居場所が見つかります(*´`)

チャレトモはただいま準備中のため、今後の報告をお待ちください☆

まとめ:チャレトモで叶えられること
頑張りたい人向けのサイト『チャレトモ』をつくることで、利用者さんは自分の状況に合った居場所を見つけることができる!

チャレトモすっげー!!!

そんなわけで、次でいよいよ最後!
今回お伝えしてきた内容の「総まとめ」になります☆

3.総まとめ

皆さま、ここまで読んでくださってありがとうございます。
文章でどこまで伝えることができたかは分かりませんが、書いては消してを繰り返して僕なりに伝える努力をしてみました(;_;)

僕が伝えたい想いを一言で言ってしまえば、「これからも相談者さん1人1人に精一杯の愛情をこめていこう♪」ということです。それがきっと何よりも相談者さんに望まれていることだと思います。

その想いを実現するため、2017年は活動形式を大きく変えます!

これまでほぼソロプレイだったココトモの活動をすべてチーム制にします!
チーム制の導入によって、メンバー同士が「仲間」としての一体感をもって相談活動をおこなう1年になると思います。
(チーム制の詳細は近日お知らせするのでお楽しみに♪)

そんなわけで、ココトモはこれからも「悩みを抱える人たちの居場所」をつくるために精一杯活動していきますので、皆さまどうか力を貸していただけると嬉しいです(*´`)

以上、「2017年、理想のココトモに向けて!」でした。

おまけ:今年はシェアハウスも作るのでよろしくね☆

最後に、今年2月オープン予定のココトモがつくるシェアハウス「ココカラハウス」についても触れておきます☆

ココカラハウスは「自立支援」をコンセプトにしたシェアハウス!
去年に告知をはじめて、(紆余曲折ありながらも)ただいま実現まであと一歩のところまできています。すでに入居候補者さんもほぼ満員数集まり、あとは物件を決めるだけといった状況です。

▽ココカラハウスの詳細はこちら
http://kokotomo.com/147157/

ココトモやココトモハウスと同じようにココカラハウスも愛情溢れる場所に育てていきますので、どうか応援いただけると嬉しいです(*´`)

 

以上になります!

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

みんな、今年もよろしくね♪




  • ココトモニュース!
    広告掲載、はじめました。
    掲載したい方募集中です

姉妹サイト紹介

ココトモ姉妹サイトの
オーナー募集中!

あなたのサイトを無料でつくります!

⇒詳しくはこちら

PR

スポンサードリンク