はる

うまくいかない

8 114 はる 5 ヶ月、 3 週間前

彼氏と結婚を前提に同棲してます。仕事をしろと言われます。私は籍をいれて扶養かパートで働きたいと思ってるのですが、相手は調べたりしていないようです。なかなか正社員では雇ってもらえなく、就活しているところです。今まで職場に恵まれなく(詐欺求人や、残業が多すぎるところ)にあたってしまい余計な職歴を増やしてしまいました。私は高校も中退し、高認をとり、専門学校で資格を取りました。これは自業自得なので仕方ないと思ってます。自分なんか消えてしまいたいと思ってしまいます。何故自分ばっかりと…。もっと気を紛らわしたいと思うし、明るく生きていきたいのです。みなさんは自分ばかり責めてしまう時、どどうしてますか?

ココトモ姉妹サイト「ティーズプレイス」では、【10代限定】の交換日記も運用中!よかったら覗いてみてね☆

⇒ティーンズプレイスを見てみる

コメント一覧

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • TARA
    2017/05/23 15:57

    人って大切なものを無くしてみないと、なかなかその大切さに気づかなかったりしますが、想像したりするだけでも気の持ちようや考え方を変えることはできます。もっと自分が持っているものや環境に目を向けてみませんか。生まれつき目が見えない人、手足が動かせない人、明日生きられるかわからない人。知らないだけでもっと自由が制限された人が沢山います。なぜ自分ばっかりとか、消えてしまいたいと思うにはあまりにも多くの自由が与えられていると思いませんか?日本(国境)とか、時代とか、そんな小さな箱の外に出て考えてみたら、これ以上何を望むというくらい今が豊かだと思いませんか?豊かな人が何か特別なものを持っているんじゃなくて、今持っているものを特別にしているのが豊かな人だと思います。楽しいこと、幸せなことは、気づいてないだけでその辺に沢山転がってますよ。気づいてほしいと思い、生意気に色々書いてしまいすみません。彼氏さんとお幸せに。

  • nobu007
    2017/05/23 17:03

    こんにちは。
    自分を責めてる時は、僕も経験ありますが、現実に立ち向かって解決するより、自分を責めた方が楽だからです。
    現実に向き合うしかないです。
    はるさんの言うとおり、このご時世に正社員は難しいですし、結婚するなら扶養になって、扶養控除内でパートするのがいいと思います。彼の給与にもよりますけど、同棲しているのなら、だいたい生活費は解ってると思うので、彼に籍を入れて扶養にしてほしいと頼んでみてはどうでしょうか?

  • はるさん
    自分を必要以上に責めてしまう時は、「うつ病」の疑いがあると思います。精神科医の水島広子さんの『「他人の目」が気になる人へ』にそのようにありました。
    病気なら、自分の努力で治すというよりも、医療の力を借りるといいのではないでしょうか。うつ度チェックを紹介します。チェックしてみて、6点以上なら、病院に行ッたほうがいいそうです。
    https://www.cbtjp.net/qidsj/

  • TARAさんありがとうございます。小さいことについて考えすぎですよね。今あるこの生活も不自由なく、私より辛い状況にある方もいるかもしれないですね。私は口の聞き方も上手ではないし、知らないこともたくさんあります。小さなことでも感謝するようにします。

  • nobu007さんありがとうございます。言ってはいるのですが、伝わっておらず。。 先ほど話して少し動いてくれました。大変でしたが、彼の性格が少しわかった気がします。

  • うつ病ですか?そんな気はしていましたが、行く勇気が出ないですね。自分でも限界はあるとは思っているのですが。

  • davidさん。うつ病ですか?そんな気はしていましたが、行く勇気が出ないですね。自分でも限界はあるとは思っているのですが。

  • nobu007
    2017/05/24 07:34

    返信ありがとうございます。
    すでに話していたのですね。考え方が違うと大変ですけど、何度も話してふたりの妥協点を見つけていくしかないです。
    少し動いてくれたみたいて良かったです(^o^)
    頑張ってください。

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/