これから生きていける気がしない。

4 1,891 asagi 1 ヶ月前

こんにちは。私は精神障害を患っている20歳の者です。
15の時から病院に通ったり入院を繰り返したりしています。
高校は中退せざる終えませんでした。それでも、なんとか社会復帰しようと始めたアルバイト先はパワハラがひどくて辞めて、現在無職です。アルバイト中、「どうして大学に行ってないんだ。」「高校は?」と言われました。辛かったです。だって別に辞めたくて辞めた訳でもないし大学だって行きたいけどそんな余裕もありません。高校すら通い直すお金が無くて高認取っただけです。奨学金どうの言ってくる人も居ますが入学金はどうしろって言うの?障害持ちで今だって不安定でバイトもできないのに就職して返し続けられる確率は低いのに、と思います。
それにバイトしたってたかだか3万程度で1万5千円は家に入れるから貯蓄できる訳もなく、友人も恋人も居ないし、家族も本音を言うと性格合わなくて疲れます。
死んだって構わないけど、担当してくれてる病院の先生やもう亡くなってるお世話になった人に申し訳なくて行動に移せません。
でも、そんな考えすら(別に死んだって気にしないだろう、もう死んでる人に申し訳なさなんて感じるだけ無駄。)等考えもう死にたくなるのと行ったり来たりしてます。将来は絶望的だしそんな事考え続けて無駄に苦しんで過ごした5年間を思うとますます死にたくなります。

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • orangedays
    2016/08/25 11:44

    はじめまして。
    お話ししてくれてありがとうございます。
    精神障害と言ってもどんな時にどんな症状が出てしまうのでしょうか?

    親もわかってくれない、恋人も友人もいない。辛いですよね。寂しいですよね。
    あなたは今までよく頑張ったと思うので、まずは自分を褒めてあげて下さい。
    そして本題に入りますが、高校も大学も別に行っても行かなくてもいいと思いますよ(^_^;)結構世間体的にとか言いますが、言っている人ほどわかっていないこともあります。
    この世界は私達が思っている程にそんなに窮屈ではありません。周りの情報や、自分自身で私達が生きる世界を自ら窮屈にしているだけなんです。
    貧しい。でも幸せに生きている人って発展途上国の国にはたくさんいます。私は海外ボランティアに行ったことがあるのでわかりますが、結局私達の身の回りが自分と違って見える。周りと比べるから優劣が付いてしまうだけであって気にする必要もありません。
    人は人は、自分は自分です。そして幸せは人との繋がり、心や愛だと私は思っています。

    あなたは家族と上手く打ち解けていないのかもしれませんね。もし、お金がキツイなら1万5千円も家に入れないで良いか勇気を持って聞かれてみたらどうでしょうか?

    今は確かに将来も見えなく、絶望的なのだと思います。
    でも人って死にたい。と思ってもやっぱりどこかで希望があるのなら生きていたい。って思うと思うのです。
    誰かに気づいて欲しいし、助けて欲しい。って。
    あなたの好きなものだとか、好きなこと、好きな人だとかはいませんか?
    仕事もパワハラがあったりして辛い。給料も少ない。これから生活も不安。
    確かに世の中辛いことばかり。本当に思います。
    私は無職が続いていた時本当に思っていました。あなたの言うことをそのまま受け止めることができます。

    人が嫌いなら家の中で仕事をすれば良い。職種に気に入ったのがなければ自分で作ればいい。
    できるだけ自分の心に負担がない職をと思ったら探せばいい。家から出るお金がなかったら住み込みの楽な仕事を選べばいい。
    あなたには少なくともまだ選択肢がたくさん残っています。
    同じ世界で生きていると思考が滞ってきます。
    だから思考を広げるために外に出る。
    外に出ると心に傷をつける人がやってくるかもしれない。でもそんな言葉を気にしないくらいの心を。あなたの心にバリアをあなた自身で作るんです。
    その心にバリアを作るには自分で自分を認め愛することです。
    今の情けない自分。何もできない自分。これから先不安しかない自分を認める。現状を正しく認識し、そんな自分でも自分で愛することです。これが自己肯定感を育むといったことです。あなたがあなたを好きでいれば周りに何と言われようと動じない自分が出来てきます。

    今は心がすごく疲れていると思います。
    だからゆっくり休んでいいと思いますよ。そして、いつもより元気になったときは見知らぬ領域に足を一歩踏み入れてみる。見知らぬ領域とは知らない土地でも、知らない知識でも、新たな発見をして新しい自分を見つけるといったことです。
    疲れたらまた休めばいい。

    周りには敵ばかりいると思ってしまうかもしれません。
    でも、病院の先生やココトモの掲示板の人。顔は知らなくてもあなたがここに開示してくれたあなたの一部を知っています。あなたは一人ではありません。
    人と人との繋がりがあれば人は元気をもらえます。
    だから、また何かあったらここでお話し下さい(*^^*)

    世界は愛に満ち溢れています(*^^*)

  • TARA
    2016/08/25 18:40

    TARAと申します。はじめまして。
    不安や絶望感の中、社会復帰を試みてアルバイトをしたりお家にお金まで入れてるなんて素晴らしいじゃないですか。同じ状況でそこまで動けない人もたくさんいるんじゃないでしょうか。
    私も鬱病になり仕事に行けなくなった経験があります
    が、仕事をしないでずっとこもっているときは、他人と比べて自分はダメな人間だと絶望的な気持ちになったものです。出来ないこと(無いもの)ではなく、出来ること(有るもの)を数えてみましょう。どこかの誰かは目が見えなくなって絶望したり、事故で下半身付随になったりして絶望してる人もいます。幸いなことに、綺麗な景色を見れる眼があり、どこまでも行ける足があり、他にも誰かにとって希望と言うべきものをまだ沢山持っているはずです。
    人は(とりわけ日本人は)本当は自由なんですが、◯◯しなければならないとか、◯◯すべきといった考えを持てば持つほど自由が失われてしまいます。憲法で勤労の義務とかいうのがありますが、働かなきゃ生きちゃいけないなんて決まりはないし、自分が休みたければ休んでいいんです。誰かが家にお金を入れるべきだと言ったとしても、入れるかどうかは自分の自由だし、入れなくたって「間違い」ではないんです。アルバイトだってパワハラ野郎がいる中よく耐えたじゃないですか。1つのバイトを続けなきゃいけないなんて決まりはないし、2回でも3回でも合うところをまた探せばいいんです。常識とか正解なんて言葉があるけど、本当はそんな決まりはないので、もしご自身をダメな人間だと責めているのであれば、ダメだと思う部分も含めてこれで良いのだと自分に許可を出してあげてください。
    お辛い5年間だったと思いますがまだ20歳とお若いです。人生は最後に寿命で死ぬ時が勝負です。最後に人生を振り返ったときトータルで楽しい人生だったと思えるかどうか。だから最後に良い人生だったという思いが勝ち越せば半分は失敗で良いんです。

  • 2016/08/28 15:06

    人生、生きてること自体が地獄だよ。どうせ死ぬと思っているなら、生きてるうちにやりたい事食べたいもの好き勝手に生きてみたらどうかな?

    あと、どうして高校いってないの?の質問されるのはしょうがない。普通に落ち込みやすい性格なんですーて適当にいうしかない。本当のこと言わないと信頼出来ないし、雇う側としてもこの子大丈夫かな?とか思っちゃうから。

    あとキャバクラとか意外とオススメだよ。いろんな苦労してる人いるし、男性とも話せるようになるし、意外と危なくないよ。

  • 2017/10/19 15:25

    わたしも、社交不安障害の可能性がある20歳の者です。(正確には、あさってで20歳になる。)
    アルバイトしたお金を家に入れて、大学にも行きたくてもいけない状況の中、すごく頑張られていて、すごいなと思います。つらいですよね。私が同じ立場だったら、こんな人生何のために生きてるのっておもって、何もかも逃げ出したくなると思います。
    アルバイトはどんなものをやっていたのですか。わたしも、以前パワハラにあって、やめました。飲食店で、自分には接客なんてできる自信がなかったので、キッチンに入ったのですが、料理長が最悪で、軽い病気にかかりました。
    ほんとにお金を稼ぐのって、すごくつらくて大変ですよね。特に障害を持っているとなおさら。
    わたしも、こういう悩みを家族にも友達にも話せません。カウンセリングを受けてみたいけど、勇気が出なくて行ってません。
    良いアドバイスも言えずにすいません。ただ、私も似たような悩みを抱えているので、共感できるところがあって少しホッとしました。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/