しんどさを訴えたのに信じてもらえなかった

3 118 piko-girl 11 ヶ月前

ほとんど愚痴なんですが。

夫、義両親と同居で暮らしてきました。
これまで家族に何度となくつらさを訴えてきたのに、まともに取り合ってもらえませんでした。
妊娠を機に里帰りをしたいと申し出ても「その必要はない。わがままだ」と切り捨てられました。
出産前は、持病のうつが悪化してきたのを感じ「このままでは手伝ってもらわなければ立ち行かなくなる。産後うつは最悪、自殺するケースもある」と話したのに、「怖い話をして脅すな」と信じてもらえませんでした。
また3階建ての家だったので「産後に階段は難しい。調整をしてほしい」と言っても「そんなはずはない」と相手にされませんでした。
子育てが始まってからも「今の環境ではストレスを感じるので保育園が必要だよ。先生からの指示でもあるんだよ」と訴えても、やはり「手伝ってもらえる環境なんだから、そんなものいらない」と一方的に判断されました。
さらに夫からのDVが始まり、「このままでは警察を呼ばなければならない。離婚も視野に入れている」と真剣に話したのですが、「仲がいいくせに単なる喧嘩」「脅しだ」と何の対応もありませんでした。

結局、このようなことが重なり負担が大きくなる一方。DVもエスカレートし、最後は本当に警察を呼び離婚しました。
他人とはいえ、私が大げさな話をして周囲を脅すような性格でないことくらいわかりそうなものなのに。
強い危機感があるからまじめに考えて話すのに、無視され続けたのはなぜなんだろう。

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』プレリリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 2017/10/26 01:00

    結果的に離婚できたので、1人で子育てしていくことも大変でしょうけど、そんな家族たちと一緒に過ごすよりはマシだと思います。

    離婚した今でも、「どうして信じてもらえなかったのか」疑問で仕方ないのですね。

    私はあなたの話ししか聞くことができないので、答えを出すことはできないと思いますし、
    色々な信じてもらえなかった可能性を考えたところで、あなたのこの先の将来に役立つのかどうかもわかりません。

    なので、「どうして信じてもらえなかったのか」を考えるのは本当はやめてしまった方がいいのだと思いますよ。

    赤ちゃんは無事なのでしょうか?
    できることなら、これから先の、赤ちゃんとあなたの明るい未来を想像した方がいい。

    唯一言えるとするなら、
    あなたに非があったかどうかなんてことは、私には分かりかねますが、
    「自分たちの考えは絶対に正しいのだ」という考えの持ち主の方は、結構います。

    人の言葉に耳を傾けないタイプの人たち、
    自分が知らないことを知ろうとしない人たち、
    自分が知らない知識を持っている人を軽蔑する人たちなど、

    悲しいことに、こういう人間は少なくはないのですよ。

    せっかく、DVからも解放されたのです。
    シングルマザーで大変なこともたくさんあると思います。
    過去にとらわれず、今赤ちゃんのためにできる精一杯の努力をしてあげてくださいな。
    (けして無理はせずに。)

  • ninahyan
    2017/10/26 19:22

    piko-girlさん、こんにちは♪
    大変でしたね。
    私も、新婚の頃、夫のことを、夫の親族に愚痴ったら、まるっきり分かってもらえなかった。と言うか、みんな、夫の味方^ ^。
    それからは、夫の親族に夫のことを愚痴るのをやめました^ ^。
    まぁ、そうですよね。身内びいきなんでしょうねぇ。

    それにしても、大変でしたね。
    子供が小さい大変なときに、DVなんて、最低ですね!
    離婚して、正解♪ よく決断されましたね。

    今は、力になってくれる人が、周りにいますか?
    自分一人で、抱え込まないでね。
    ご実家とか、地域の支援とか、できるだけ周りの協力を得た方がいいと思います。
    探せば、いくらでもありますよ^ ^。
    そして、似たような悩みを持っている人達と、気持ちを共有できるといいですね♪
    あなた、一人ではありませんよ^ ^
    応援してますね。

  • お二方ともありがとうございます。
    それもそうですね。
    まだ新しい生活が軌道に乗っていなかったのもあって、もやもやと思い出すことがありましたが、所詮もうかかわらない人たちですね。
    大事なのはこれからと考えを改めました。
    先日、仕事も得ることができたし、無駄なことを考える暇があったら子どものために頑張ります!

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/