つらい。

3 104 hotel 3 ヶ月、 3 週間前

初めて、書きます。
ホテル業に勤めて、もうすぐ1年になろうとしています。
恥ずかしながら、夜間高校を卒業して新卒のカテゴリとして就職しました。
就職当初から、「年齢的に新卒扱いではない。」と言われていました。
その言葉を前向きに受け止め、必死に仕事を覚えてきたつもりでした。
2ヶ月前程に勤務に遅刻をしてしまい、同じような状況で遅刻した同期が退職することになりました。
私も、その際に上司から「◯◯は責任をとって辞めると言っているが、お前はどうするんだ。」と、問い詰められ退職しますと告げたところ、問い詰めてきた上司が「辞めるな」と説得され、今に至ります。
その時点で、すでに訳がわからず仕事にたいしてのモチベーションが保てていません……。
今日、違う上司から二日前の業務に対しての確認の電話があり、「すみません、確認します。」と告げたら、上司が急に電話口で声を荒げ「二日前のことすら覚えていないのか、業務にやる気がないからそうなるんだ。◯◯は辞めたのに、お前はのうのうと続けて。」など、言われました。
すみません。そんなつもりはありません。と、言うことしかできず、もう心が限界にきています。
電話をとるのも億劫になるほどです。

遅刻は確かに悪いことです。
社会人としてありえません。
それを挽回したくて、頑張ってきました。
「今回の件で当たりが強くなる」と、上司から言われていたので覚悟はできていましたが、想像以上で疲れきっています。
相談できる人が周りにいません。

どなたか、話を聞いてください……。

◆PR:ココトモがつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
Pieceは「自信がない人の恋を応援するアプリ」です。アプリをインストールすると「恋愛相談」や「マッチングサポート」といったサービスを利用することができ、利用者の状況にあわせて恋を応援します。自信を持てずに悩んでいる人が自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになってほしいという想いをこめてつくりました。

⇒Piece公式サイトはこちら
◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは2018年6月に東京都内にフリースクール『Riz』をオープンしました。今この瞬間に「どこにも自分の居場所がない」と感じて苦しんでいる中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 2018/02/27 04:58

    それは大変でしたね。
    私はホテル業界には明るくないのですが、体育会系の厳しい職場のようですね。
    確かに遅刻は良いことではありませんが、人間だれしもミスは犯してしまうものです。一度のミスを引きずるのは部下の士気を下げるだけなので、上司としてどうかと思います。
    hotelさんは十分頑張ってきたと思います。
    ぜひ、自分の悪かった所ばかりでなく、良い所や頑張った所にも目を向けてみてください。

  • 退会したメンバー
    2018/02/27 08:55
    退会したメンバー
    ココトモメンバー

    ホテル業界は接客業の中でも厳しい方です。
    合わないのなら、しがみつく必要はないと思います。

    しばらくは厳しく言われるでしょう。
    それでも耐えられる自信があるなら続ければ良いですが、
    それはあなたがやりたかった事ですか?

    私なら他の業界に行きます。
    やり直しなどいくらでもききます。
    夜間で卒業された努力は素晴らしいと思います。
    自分を低く扱わない事、もっと自分を認めてあげる事が大事だと思います。

  • cameo
    2018/02/27 10:41

    大学時代に仲良くしていた友人がクリスチアンで、彼の心の強さにはしばしば感銘を受けたものでした。なぜそうなのかと興味を持って聞いてみると、次のような回答をもらいました。

    社会では、一度教えられたことはその後ずっとできるっていう前提があるけど、これは間違っている。さっきまで覚えていたけど、今は忘れているなんて当たり前のことじゃないか。この当たり前のことを認めていないから、社会では「ミスは悪」ってことになるんだ。宗教では違う。人のことを等しく「迷える子羊」って言って迷うことを許容しているし、1日3回毎日毎日忘れないように祈れって教えられる。本来はこれが正しいはずじゃないか。

    以来、僕は仕事を宗教の礼拝みたいに考えるようになりました。毎日毎日、一つずつ、忘れるからこそ忘れないように努めることは、ミスを認めると同時に予防していく姿勢になると感じています。そして外からの評価はどうあれ、「毎日働いている」ということはつまり「毎日誰かのために価値を作り出している」ということです。それこそが紛れもない真実だと思います。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/