どうしていいのか分からない・・・自分の未来がみえない

3 1,662 TOKInoAME 9 ヶ月、 1 週前

私は、高校3年で受験を迎えています・・・将来なりたいものや行きたい大学や専門など決まっている方はいるでしょう・・・でも、私は決まっていません
なりたいものや行きたい大学や専門はあります。
例えば、私は将来声優になりたいと思っています、勿論、声優は簡単になれるものではないと十分に分かっています。それでも、私にとってそれは初めて諦める事の出来ない夢なので実現させたいのです
これまでも、私はなりたいものはなんなのかといっぱい考えてきました・・・でも、どれも否定され(声優も)なりたいものがなく困っています
大学も同じことです
私は前までは大学に行きたいと思っていました。でも、専門に行った時に専門に行きたいと考えましたが、これも親に反対されました
今は大学に行けとの一点張りです
実の所、私はなぜ、声優になりたいのか大学に行きたかったのかの理由が分からないのです
勿論、どうして其処に行きたいのかなどの理由は前はありました・・・でも、いざ言えとなると言えないのです。理由は簡単・・・思い出せないからです
変な話、友達との会話や昨日の夜ご飯何を食べたかなどは覚えています・・・でも、大学に行きたい理由などはどうしても思い出せないのです
この事が原因なのでしょう・・・親との喧嘩が前よりもひどくなりました
以前の喧嘩では蹴られもしました(いつもの事ですが・・・)
最近それもあってか、親と今すぐに離れたいと思うようになりましたし、今すぐに死んでやりたいと思うようにもなっています
もう、自分が何をしたらいいのか・・・自分はなんの為に生きているのかが分からなくなり・・・
どうしていいのか、自分の未来がみえないのです

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • きちんと話会えばいいと思います。親も、過去の自分みたいにはさせたくないと思っていると思います。
    相談者様は、親に 本音で話合われた事はありますか?
    相談者様は 親に蹴られたとありますが、蹴る事は決して良くないけど、相談者様にも原因があるはず。
    死にたいとか、軽々しく言わないでください。生きたくても 病気などで生きられない人がいるんですよ。仲の良い友達とかにも相談してみたらどうですか?

  • 2016/07/15 01:04

    どうも珈琲といいます。
    自分のやりたいことがあるなら絶対に諦めないことがいいと私は思いますよ。
    理由なんていらないと思いますし否定されたぐらいで諦められませんよね。
    もし、絶対に理由が必要ならこれが自分のやりたいものだからというのが理由でいいんです。
    大学に行きなさいと言われても、やるもやらないのもTOKInoAMEさんの自由だと思います。
    TOKInoAMEさんの人生です。親に責任はとれません。
    自分のやりたいことを全力でやって、
    それでもし駄目だったら次のやりたことをやるというのも一つのやり方だと思いますよ。
    自分の気持ちを大切にしないと楽しめるものも楽しめないと思いますよ。

  • 2017/02/12 03:12

    今日は、駄文失礼します。
    私は大学でとりあえず、資格とっといた方がいいと思うよ。
    私の大好きな声優で、林原めぐみさんって人がいるんだけど、その人は大学ではないけど、看護師の資格をとる代わりに声優になるって親と約束をしたってエピソードがあります。実際、ちゃんと資格をとって声優として人気もあるから私はとても尊敬してます。
    親御さんからすれば、声優なんてとても不安定な仕事だし、世間の目線もきついからなってほしくはないと思う。実際、失敗してる人も沢山いるし。
    そういうことを踏まえて、自分に保険をかけるつもりで資格とっといた方がいい。あなたはちゃんと人生設計出来てますか?出来てて、親御さんがダメと言うなら、親御さんと話し合って(穏便に、人生の大先輩に世の中の不条理を教えてもらうつもりで)考えたらいいと思う。出来てないなら、声優は諦めるか、すぐに人生設計してください。それじゃ、親どころか、声優のオーディションで、怒鳴られておうちに帰らされるだけです。

    声優頑張ってください‼応援してます。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/