またここへ来たよ。必要だったんだ。

14 205 hk 3 ヶ月前

つらつら書いてしまいます。
心で話をする人が、メール含めていなくて。
いなくなりました。
そのことは前からこうなるとわかってて、細かくはさておき、僕が悪い、自然な流れでこうなりました。
ただわかったことが今更だけどあります。憎しみ含めた愛が人間にとって1番必要だったんです。
水みたいなもんです。
器が小さきゃ溢れちゃうし堰止めれば洪水だけど、人間に不可欠なもの。
心がかょったたった1人の人さえいなくなるとそれが何より辛いことだと。
心が通ったって言ったけど、何もいつも仲良しなんてありえないから、喧嘩しようが憎しみあおうが、会わなくても、電話で話すことすらできなくても、
構わない、脱線しそうなのでまとめると、僕が受けるべき報いと覚悟していたけどこうやって生きる意味を失い始めるんだ。
変な意味じゃなく死も怖くなくなる。
変な意味じゃなく死をキーワードのように考えてしまいます死なないけど。
ただ、ただ、ふとしたタイミングが自分でも止められなかったらなんてことあるのかなと、思う瞬間があります。
朝目が覚めても体が指の一本も動かず起きたくない。だから、リアルに求められない今しばらく来なかったここにまた来ました。
以前投稿してる時はまだ、生活のための「人」ではなく、心をきっかけとした、「人」がいました。
本当のひとりぼっちという辛さを初めて噛み締めている最中です。
辛い…厳密には辛くはありません。1人好きだし。、、、なんだろう…
誰かを心配し、けんかし、あった出来事を話し、聴き、たい。
人間がいかに弱いかわかりました。
とりとめもなくてごめんなさい。
返信できるかわかんないけど誰か話しかけてください。

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』プレリリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)
  • はじめまして。

    ひとりぼっち・・・孤独ってつらいよね。
    喧嘩しちゃったとか、傷つけてしまった、傷ついてしまった、または虫歯を抜いた後とか、そういう”苦痛”とはまた違う苦しさだよね。
    えらそうに「わかるよ」とは云いたくないけど・・・敢えて、「わかるなあ、それ」

    愛情。
    狭い意味じゃなくて、それに始終ベッタリしてるとかお喋りしているとかでもなくて、街でちょっとすれ違った人と目があって笑顔を交したとか、見知らぬ猫が体をすり寄せたとか、道ばたのタンポポを見てほっこりしたとか。
    その一瞬でも、「心から」想い、想われる、そんな何かが、人間であれ何であれ、たましいは必要としてるのかなあという気がします。

    誰かを、何かをそんなふうに愛情をもって温かに想う時、誰かが、何かが必ず、あなたを同じように想っているよ。
    目に見えなくても、声が聞こえなくても、誰のそばにもそんな愛情に溢れた何かが寄り添っている。
    その「何か」が、誰かを、何かを通して、愛情を惜しみなく、誰彼にも降り注いでいる。

    三十年生きてきて、そう思わずにいられないことが、よくありました。

    生死をまたごうと試みた後・・・生きる屍になっていた時・・・世の中を憎悪した時・・・
    「ここにいるよ」という幽かな声。

    あなたが書き込みをして、それを誰かが読んでいるのも、そんな愛情の表れなんじゃないかな、って。

    私が住んでいるところは、今日いい天気で、気持ちの良い風がふいていました。
    鳩が五羽、きれいに飛んでいたこと。
    珍しく飛行船がぷかぷかしていたこと。
    そんな小さな出来事が、「孤独」に囚われていた私を微笑ませてくれました。

    ネット環境の関係で、ここに来られないことも多々あるけれど、弱い人間同士。
    話したいことがあったら何でも云ってみてくださいね。必ず応えます。

  • 2018/05/23 01:00

    phoenixさん、ありがとう。本当にありがとうございます。
    でも実は投稿するの、だいぶ迷いました。何を話したら、、せっかく返信をくれたのにごめんなさい。
    言葉にならなくて。とにかくありがとう。泣きたい。ずっと。
    心って水や空気みたいだ、と思いました。
    動くことで新鮮さを保っていて、僕のコップの中の水はずっとそのままで、出ることも入ることもないからそのうち濁って、違うものになって行ってしまわないかと不安で、誰かや何かにあげようとした時には迷惑がられるものになってしまうんじゃないかって。
    だから迷ったけど今はここしかないし、
    実はphoenixさんと変わらないような歳なんです。
    情けない。
    ここの人たちにずいぶんお世話になったんです。僕の中では。
    でもその時とは今はまた違う感じです。
    少しずつ、少しずつ、なにかがなくなってきてたんです。心の中の。それとも、なくなってはいないけど、そのままそこにあるだけだから、気づいてよぉく見たら濁って飲めない水に変わってきてしまってた気がふと、して怖くなった。
    心はいたって平穏です。
    でも不安です。動いてないからそう見えるだけで、心が劣化して行ってるんじゃないかと。
    平穏なのに突然ぷつん、てなりそうな気もして。
    数日ピアノ曲を聴き続けて少し落ち着きました。
    ごめんなさい。
    合理的に話を組み立てる気力が今なくて。
    よくわからないことばかり言って。
    とにかく返信くれてありがとう。ありがとうございます。

  • こんにちは!
    こちらこそお返事ありがとう。

    あやまることなんてないよ(^^)
    言葉にしなくて大丈夫。お見合いや面接じゃないんだから(笑)
    泣いていいんですよ、泣きたくても泣けないこともあるけど、それならそれでもいいんです。

    > 心って水や空気みたいだ、と思いました。
    > 動くことで新鮮さを保っていて、僕のコップの中の水はずっとそのままで、出ることも入ることもないからそのうち濁って、違うものになって行ってしまわないかと不安で、誰かや何かにあげようとした時には迷惑がられるものになってしまうんじゃないかって。

    hkさんは繊細な人なんだろうな、と思います。

    きっと欠点も、やらかしちゃった間違いもあるんだろうけど、それは誰も彼も、見え方が違うだけである程度はおんなじだから、お互いさまです。
    外の事象ばかりじゃなくて、心のこと、“中”に目を向けるって、豊かな感性が生きているアカシに思えるんです。逆に感受性が高いから、いろいろ認識できちゃって苦しくて、ショートしちゃったり鈍感になったりすることもあるんじゃないかな。

    心って意外と大きいです。・・・うーん、心をも包んでいる更なるものがある、と云ったほうが近いかも。
    hkさんには今、動きが鈍くて、淀んだ何かが停滞しているように見える部分が、クローズアップされて感じられるのかな。私には、hkさんの心が濁ったものへ変わっていっているというより、hkさんがそういう箇所にとどまっているような感じがします。それもまた、悪いことではないです。
    あと、止まっている、停滞しているようにしか見えなくても、少しずつ動いているよ。心は水や空気の動きと確かに似ている。でも、さっき云ったみたいに、もっとスケールが大きい。私たちが意識できない無限の深さがある。
    それに、hkさんはこうやって心情をあらわしている。動いている。
    私には停滞しているどころか、激しく波打つエネルギーが感じられるんだけど・・・。

    音楽、いいね(^^)
    hkさんが心地よく感じられること、何でもしてみてほしい。

    ちゃんとした返事をしなきゃ、とか思わなくて大丈夫。
    私も思いついたことをベラベラ喋ってるだけ(ある意味迷惑な話?^^;)
    そんな気分じゃなけりゃ何も書かなくてもいいし、私の書いていることなんて無視して、云いたいことをただぶちまけてもいい。自分でよければ聞きます。

    ココトモさんは、私は最近偶然辿り着いたばかりだけれど、そうやって話し合ったり純粋に気持ちをあらわしたりできる居場所なんじゃないかな、って思います。

  • 2018/05/27 23:31

    なんでこんなにピンポイントなんですか、、、
    phoenixさんの言葉で、なぜだか、泣くことできました。こみ上げました。
    そんなタイミングでした。
    僕はまたあることで打ちのめされていた(気持ち的に目標にしていたことがほぼ望めないことがわかりました)

    phoenixさんが返信してくれた。
    僕のそのタイミングを知らない状態で返信をくれるから、なんか不意打ちで、ストライクで、泣けました。
    どんな人にも、誰かとの繋がりを自ら絶ってしまった人にも、繋がりたいと、求める資格はありますか。
    自ら一人ぼっちになった人は、死ぬまで誰とも心の繋がりを持たないのが罰ですか。
    そうじゃないと言って欲しいだけだろと、自分も思いますが、そうじゃなくて、楽なのは罰だと思って生きるほうだけど、廃人のように荒んで荒んで、そのうち自分や人をなんかの拍子に傷つけてしまいそうな状態になるんじゃないかと。
    本当にわからなくて。
    もう、よりどころが何もないです。
    phoenixさんが書いてくれたことで、自分がダメな人間とは思わない様にいられてます。
    返信が来るまでの時間、もし今、ナイフが目の前にあったらとか、目の前が非常階段だったらとか、想像する自分を打ち消そうと、思っては、深呼吸だった。ごめんなさい。
    頭ではわかってる。百倍苦痛なこと。
    頭で考える暇もない瞬間を来るなよと思ってる自分なのか、まさか望んでる自分じゃないよなとか、いまこれ、口が裂けても人に言えないことなんで、こんなこと書いてる自分も嫌ですけど、いいですよね。声に出せないんで。
    また重い長文すいません。
    こうやって書けてるの、言葉くれたおかげです。
    ありがとうございます。

  • こんにちは(*^^*)

    しょっぱなから変な話をしちゃうけど・・・
    昔読んだ本に(専門外のうえにうろ覚えなのが恥ずかしいな笑)確か、素粒子だったか、宇宙線だったか、とにかく小さな小さな物質単位のことで、「実験において、その正確な位置を測ると、正確な速度は測れず、また正確な速度を測ると、正確な位置は測れない性質を持つ」っていう話があったのね。
    それを知った時、すごぉく安心した。
    宇宙には測りきらないものがある、いやむしろ「測りきらないこと、例外が必ずあること」が宇宙の本質とすら云える。それがなぜか、とても心強かった。
    「私は何ソレである」と定義されたら、永遠に変れない。時間と空間というダーツボードの一箇所に「自分」というダーツが刺さったら、それっきり。そんな固定観念があったのかもしれない。アインシュタインさんの有名な理論じゃないけど、宇宙は、視点によって無限に違う顔を見せる。視点を自由に動かすこともできる。それって人の心やたましいも同じなのかもしれないね。
    「たましいの本質は、自由である」私たちは自由。

    自分の境遇や心についても、人って知らない間に自分で自分を決めつけて、自分で自分を縛るらしい。「何ソレは斯く斯く然々だ」と思ったらそれが真実になっちゃう。別にそれが善い悪いってことじゃなくて、水を分離すれば酸素と水素にわかれる(あ、間違ってたらゴメンナサイ。化学は5だったもので汗)みたいな、ごくごく自然で、数学的、物理学的な流れだっていうだけ。

    ただ、どんなに苦しくて、辛くて、不幸せで、理不尽な境遇であっても、幸せで、楽しくて、世の中がバラ色であっても、宇宙は変わらない・・・たましいは自由である。
    雷が光っていようが、梅雨を降らす厚い灰色の雲が垂れ込めてようが、台風だろうが、空は変わらず青く、星々は変わらず光っている・・・たましいは自由である。
    私たちが知覚しえる「世界」「自分」「自分の痛みや歓び」それを全部ひっくるめた無限の何かがある。それは変わらないんだな・・・私が生きてても体が滅びても、変わらない・・・って、感じていいと思う。

    ここでの命は、掛け替えのない大切なもの。
    同時に、ここでの一生は、大きな舞台のワンシーンであり、無限の旅の間の、仮の宿り。

    こうしてエラそうに話している私も、実は全然、世間で胸を張って歩けるような身の上じゃあないんです。情けないし、自信もないし、病気もちだし、夢も諦めちゃうし、イタイことばっかりしちゃうし、人に迷惑ばかりかけている、どうしようもない女ですよ(^^;
    毎日、「消えちゃったらサバサバするだろうなぁ。そのほうが周りも助かるだろうな。でも、痛いのは怖いし、その日を待つしかないか」なんて内心でボヤいているもうホント自分でもいや~な人間。。。

    でも、どのみちここは、長い長い旅路の停車場。
    そう思うと、「袖触れあうも他生の縁」せっかく一時停車したこの場所でのご縁は、出逢いはなおのこと大切にしたくなります。
    ふいに、指先に優しくとまったテントウムシを眺めるみたいに。

  • 2018/05/29 23:11

    phoenixさん、ありがとうございます。
    自由。ですね。自由なんですね。
    良いとか悪いとか、ではないんですね。
    これが、今、僕からみる、ある方向からみる、姿。
    良いとか悪いとかじゃない。
    深いです。
    何度も読んで、入口が理解できた様な。
    ちょっとまってくださいね。油断すると見失う。
    でも、自分を定義付けない。何もかもが常に変化してる、その宇宙の一部でしかない、少し楽になったかも。
    指標は無数にある。いや、指標なんていらない。
    人間が作っただけ。
    良い、悪いではない。良い、悪いでは、、ない。
    間違いなく僕はここに生きている。
    同じかどうかわからないけど僕もそう思います。
    思うというよりも感じてた時があります。
    夏はいつもです。

  • 2018/06/13 21:10

    hkさん

    phoenixです。
    別の名前になってて驚かせてごめんなさい。

    実は、しばらく来ないうちにパスワードを忘れてしまって・・・
    新しいアカウントをつくってしまったのです。
    今になって、せめてHNは同じままにしておけたじゃん!とツッこんでいます(泣笑)

    最近の私は、不調の極みでした(^^;

    で実は、ほぼ衝動的に恋愛掲示板にトピックを投稿した時、
    過去のhkさんのトピックを発見、こっそり読んでしまって
    (「こっそり」ってなんだか盗み読みでもしたみたいだな汗)、不躾極まりなくも、
    ああ、わかる、似てるようだなあ、私独りじゃないんだなあ・・・なんて思っちゃって、
    安心を覚えると同時に、ますます親近感を抱いてしまったのです。

    もっとも、hkさんは私より、ずっとできることも多い気がするから、
    親近感の一方で、尊敬もしています(*^^*)

    私は只今、自分の“謎の傾向”なるものを認知し、探求中。
    これまでにまったく別々の問題、原因を持つと思われてきたことが、
    ひょっとしてその同じ“傾向”の影響も受けていたらしいと、気づき始めています。

    hkさんはその後、どうですか?
    吐き出したいことやとにかく話したいことがあったら、気軽に来てくださいね。

    というか、私が話し相手がほしいだけなのかもしれないな(^^;ゞ

    もちろん無理はしないで(^^)ノ
    気兼ねなく話したいこと話し合えたら嬉しいな、なんて思ってます。

  • 2018/06/15 02:10

    こんにちは。Juditさん、またコメントもらえて嬉しいです。
    僕はここのところ、不安定さは、落ち着いてきてるかな、、?
    危機的な感じは数日おきにあるような感じだけど、落ち着いてはきてる。
    危機的ってゆうのは、起きる事柄だったり、気持ちの面だったり、なんだかもう、何が気持ち由来で何が現実かとか、わかんない感じだけど、引っくるめて、まぁ、いっか。
    という思考停止も、瞬間だけどできるようになったというか。
    Juditさんは、しばらく不調だったんですね。
    また話できて嬉しいです。
    不調と一言で言っても、きっと大変だったんだと思う。
    “謎の傾向”、なんだろうかなぁ?、、でもなんとなく、わかる気がします。
    またもし良ければ教えてくださいね。
    そして、Juditさんが、そんなに僕の投稿に共感してくれたりするのが、とてもとても、それだけで僕がたまらなく救われます。
    こんなような話できる人、場所、ないから。
    僕にとって、リアル環境は”体の居場所”であって、心の居場所は、アフリカの原住民が東京にいるようなもんです。
    わかるようなわからないような例えでした。

    でも、僕なんてほんと全然ダメダメですよ(^^)
    まぁでも、いいですよね。良いとか悪いとかではない。どうしても定義づけようとするのが人間。

    そういえば、Juditさんの別のトピック見ました。僕は恋愛封印してるから、、まともなこと書けないからここで触れるしかできないし、Juditさんの辛さを置いといて気楽なこと言っちゃってごめんなさいと思うけど、恋愛感情って世の中で1番素敵なことだと思います。
    Juditさんにとって、何もかもが優しく笑顔に見えるようなことがありますように。
    偉そうなこと言ってしまいました。

  • hkさあ~ん。
    (と、呼んでみたくなった笑)

    こちらこそお返事ありがとう!

    どういうわけなのか、hkさんにJuditとしてコメントした後、
    phoenixのパスワードが出てきたのです(・□・!
    せっかくログインできるようになったのだから、
    hkさんとはphoenixとしてお話ししたいと思います(^^)ノ

    こちらこそ「また話せて嬉しい」と云って貰えるだけで
    (そういう言葉をかけて貰えるだけで)、救われます(´`*)

    hkさんは、最近はどっちかというと落着いてる感じなんですね。

    よかった(*^^*)
    もちろん一概に何が良い悪いとは云えないし、
    嵐に遭ったり荒波にもまれることも、人生の醍醐味ではあるけど、
    やっぱり、できれば誰にもしんどい状態であってほしくないもの。

    > 何が気持ち由来で何が現実かとか、わかんない感じ

    ああ、わかる気がする・・・。
    うまく云えないけど、物心ついて自分を客観視するようになってから、
    「本当なのかな?」「自分の気のせいかな?」と思うことが多いな。

    でも人の心が認知する世界って、自分の感覚が及ぶ範囲なんだし、
    その心その心、それぞれの現実や真実があると考えたほうが、
    いろいろ辻褄のあうことも結構多いわけだから、
    「まぁ、いっか」で大丈夫なんだと思う。

    というか“瞬間”でもそう感じられるhkさんは凄いと思うよ(^^)
    見習いたい(笑)

    “謎の傾向”のことは、詳しく話すと長くなっちゃうから、
    すごくカンタンに云うと、私にはどうも、
    自分を否定する(と感じられる)行動を敢えて選択してしまうこと、
    しかも大概無意識にそうしてしまうことが、多いらしいんですね。

    今までは、自分が直面してきた物事を別々の問題に捉えてたけど、
    もしかしたら、根っこでは同じ何かが影響してるんじゃないかって、
    つい最近、昔からの間違いを繰り返した時、ふと思ったのです。

    根が深そうだから時間も力も要りそうだけど、
    向かい合ってみたほうが人生面白そうだな~なんて考えてるところ。

    > アフリカの原住民が東京にいるようなもんです。

    ごめんなさい、喩えが可愛くて吹き出しちゃった(笑)
    っていうか、思わず目に浮かんだ、ビルの密林とネオンの嵐の下で、
    右往左往している森の人の姿が、なんか可愛く見えちゃって。
    (本人はそれどころじゃないだろうにすみません汗)
    同時に「そうそう、そうなんだよね!」と思っちゃいました。
    似たように感じている人って、意外と多いのかもしれないね・・・?

    ふふ、きっとhkさんが思ってるより私もダメダメだよ~(^^)

    ぶっちゃけ、まともな学校生活の経験もなければ就職したこともなく、
    これじゃアカンと勤め始めた職場を、たった数ヶ月で、
    尻に帆かけて逃げるように辞めたのがつい最近のことなんです(- _-;
    (職場の方々に引き継ぎのお姉さん、迷惑かけてゴメンナサイ)

    でも自分と対話しようとする人にとっては、程度は様々あれど、
    必ず「自分はダメ」と否定するところってあるのかもしれません。
    それが謙虚となるか、病的な自己否定か、自己欺瞞か、
    はたまた自分を貶めることで誰かの注目や助けを求めているのか・・・
    (いや、その中のどれかひとつ、なんて本当は決められなくて、
    いろんな要素が混ざり合っていて、人間の理性が
    いちばんわかりやすい理屈をくっつけてるだけなのかな?)
    それは周りの環境、生まれ持った性質、経験で培ったもの、
    他のいっぱい数え切れないほどの要因が影響してるんだろうなあ。

    hkさんは類い希な繊細さの影響も受けてるのかも、なんて思いました。
    世間的な(と思われる)価値観も敏感に察知できるんだろうし、
    自分自身の心の動きも、拡大鏡を使うように見えているのかも知れない。

    でも、自然と他者の存在を尊重して優しく心を遣っている、
    そんな性質が、私にはとても尊くて美しく見えます(^^)

    恋愛カテゴリのトピックを読んでくれたのも。
    どうもありがとう、気に掛けて下さったことこそとても嬉しいです。
    そんな気遣いが、時には適切的確なアドバイスより、
    誰かの救いになることもあると思うよ(*^^*)

    私こそ長々~と偉そうなことばっか書いて失敬しました(汗)
    hkさんもどんどん偉そうなこと云っちゃって下さいな、なんて(笑)

    気が向いたら、またお話して下さいね(^^)ノ

  • 2018/06/17 23:06

    phoenixさん、コメントありがとうございます。
    僕の場合、自分をダメだ、ダメだ、と言っている時、思っている時、ネガティブな思考になっている時、消えたい願望がある時、たぶん
    生きていくのに必要なものの蓄えや補給が減ってて、本来使っちゃいけないものを削って作り出してるんですね。
    ダイエットが過ぎると、自分の骨や筋肉から栄養を取り出して、体が崩れていくようなことがあるとしたらそんな感じ?
    そんなこと良くないこと、でも生きてくことと天秤にかけたら、体は本能でそうするようにできている。
    こんなこと分析しても始まらないことなんだろうけど、自分が消えればいいのにとか、世界が終わればいいのにとか、自分はクズだ、とか、そんなこと考えて、でもそのあと、少し前向けるのは何なんだろうって、考えたんです。
    だから、ここでも、いろんな方から、「ネガティブ思考もしないようにと思わなくていい」と教えてもらいました。
    生きるための本当の方法ではないけれども、今はそれしかない、それさえダメだと言ってしまったら、「前向き」である事のために生きる本能を否定するという本末転倒になってしまう、

    なんだか、思うままつらつら書いてしまったけど、そういう、ありがたい言葉だったんだと、そしてphoenixさんからも、大きなヒントがもらえたような気がします。ありがとうございます。

    phoenixさんのこともいろいろ教えてくれてありがとうございます。
    親近感、そして、温かい気持ちになりました。
    僕は、「社会生活」という、生きるという「手続き」、本当に大変です。いやです。
    でも、そんなことどうだっていい、フィーリングだけで十分だと思うことにします。
    phoenixさんもそういうことを教えてくれてるんですよね(^^)
    こんなこと書いてて、また自傷思考になるんだろうけど、今はおそらく補修作業です。
    自分で自分をカウンセリングしてるみたいで変ですね。
    きっとやっぱり、少し落ち着いてるんです、今。

  • hkさん、こんにちは!

    ネガティブの渦に飲まれている時、本来使われるはずのない燃料を使っているような・・・という話。そうかそうか、と思いました。
    私には持病があってね、これは健康体なら内臓で一生つくりだされるはずのホルモン分泌が、すっかりなくなってしまう病なのね。もう二度と自然にはつくりだされないから、死ぬまで人工のものを投与しないと、生きていけないんです。
    で、ン十年前に発病して、緊急入院するまでの間、肉体は生命を守るために、それこそ、体内のタンパクから何からすべてを生命維持の燃料とせんとがんばって栄養を血液に送っていたのです。一、二ヶ月で骨と皮くらいに痩せました。
    もちろん、hkさんが話してくれた主旨とは違うことだし、治療が遅かったら間違いなく死んでいたんだけど・・・生きるために、意識できない領域で、体ががんばっていたんだって、そのことを今更のように感じて。

    仮にもし、あの時生命が終わっていたとしても、“本来の正しい方法”ではなかったとしても・・・そうよね、それすら否定してしまうのは、違うよね。うん。

    「生きるってなんぞや」「何のために生きるんだ」という問いはあまりに深く、絶対的な答えもないし、それをどうこうは云えないけど、それでも健気に生きようとしている様は、何か本能よりずっと奥のものに訴えかける気がします。
    何かに足を食いちぎられて血だらけになっても、澄んだ目を見張って跳ねていたカエルちゃんに出会ったこととか、死期を悟ったクモと会話したこととか、わあ~っと思い出しちゃった。

    ヒントっていうなら、私こそhkさんの存在や話にヒントを貰っているよ(^^)

    > 「社会生活」という、生きるという「手続き」、本当に大変です。いやです。
    同類、発見(笑)
    あ、勝手に同類呼ばわりしてごめんなさい(汗)

    物心ついてから何度も自問自答したんですよ、なんで、こんなに大変なのかなーって。で、周りに目を向けると・・・幼稚園の頃でも・・・みんなこんな大変なこと、よくやってるな、すごいなあって、尊敬と羨望が混ざったような気持ちがして、「きっと大変なのはみんな同じだよね。私ががんばりがたりなくて、努力するのが億劫なものぐさだから、大変だ~なんて弱音吐いちゃうんだろうな。私ってダメだな」と思ったものです。
    私にとっていちばん近しい存在たちが、家族や同級生にはまったく認知されていないとわかって・・・私も人間として生活できるようになるためには、彼らが見えないようにならなくちゃならないと知って、悲しかったなあ。怖かったなあ。実は今でも怖いんですよ(笑)
    生まれた時代が時代だったら、確実に魔女狩りにあって火あぶりになってました(^^;

    あ、ごめんなさい、自分のことばっかりベラベラと;

    でも、気にせずそんな話ができるって、救われるものですね。
    ありがたい。

  • 2018/06/20 23:21

    phoenixさん、こんにちは。
    そうだったんですね、、、

    僕だったらどんなだっただろう。
    小さい時に呼吸器系の病気で入院はしたけど、生死に関わる病気を急に発症する事の辛さ僕にわからない。
    漠然と胸が苦しくなるだけで、、
    今こうやって話ができることに理由もわからず泣きそうになるだけで。
    健康体の僕がしょうもないこととか色々、、。
    体のことは何よりも辛い。
    僕には今はそういう背負う事はない。。
    ポジティブかネガティブかも分からなく何かがこみ上げて来ます。
    少なくとも、そんなphoenixさんに、こんな僕がここで話を聞いてもらって、ありがとうと思います。

    phoenixさんは、どういうフィーリングを糧に、為に、毎日生きて行ってますか?変なこと聞いてごめんなさい。
    何に、生きる意味を見出してますか?
    リアル周囲には聞けないから。
    贅沢かな。

  • hkさん、こんばんは。

    こないだは重い話をしちゃったな(^^;
    この病気は発症した時も今でも痛みや苦しいことはないし、薬さえちゃんと投与してれば、健康な人とほとんど変わらず生活できるからなんともないんだ。

    むしろ、生まれてからこのかた、自分はずいぶん恵まれていると思う。恵まれているがゆえに、もっと辛い境遇で、もっと苦しいことと闘っている人たちがいるのに、些細なことで悩んだり苦しんだりする自分が恥ずかしくて、情けなくなってしまうの。
    でも、本当はきっとくらべられるようなものじゃないのよね。
    地上の存在がみんなそれぞれ、違う想いや喜びや苦しみを抱えているんだろうし、目に見える表面上の、困難の「カタチ」より、苦しみってもっと内側からこみ上げてくるものなんだと思う。どんなに自分にとって、些細でばかばかしいことに見えても、それで悩んでいる人の苦しみは本物なんだから、くらべるんじゃなくて、認めて尊重できたらいいなって。そして、他者の想いをいたわると同じように、自分の苦悩もみとめたいなって。

    だからお互い様ですよ(^^)
    hkさんの苦しみも本物なんでしょう、私こそ話を聞いたり聞かせたりして貰えることに感謝しています。

    > どういうフィーリングを糧に、為に、毎日生きて行ってますか?

    生きる意味、か・・・。
    考えてみたけど、正直、よくわからなかった(笑)

    夢の中で、何かとてつもなく素晴らしいものを見たり聞いたり、思い浮かんだりしたのに、目が醒めて現世の意識に戻った途端、忘れちゃってたり、思い返してみてもなんだか意味がよくわからないことになっちゃってたり、することありません?
    それと似たようなものなんじゃないかと思うの。
    たとい「これ!」「このために生きるの!」っていう具体的な何かがあったとしても、背後にあるのは、人間が理性で語れないような大きなものなんじゃないかなあ。
    だから、いのちと世界には矛盾と例外が満ちあふれてるんだと思う。
    マニュアルや理論どおりにいかないことっていっぱいあるでしょ?

    健気な動植物や、威厳に満ちた山々、ふわっと風が吹いてきたり、夕焼けなんかを見てたりすると、無限に大きくてあたたかな何かが、宇宙をうめつくすように、優しく降り注いでくるのを感じることが、たまにあります。
    でも「何」って云えないし、だからどう、ということでもないの。
    敢えて云うなら、そういう時に、無心だってことかなあ。自分はそこにいるんだけど、いないようでもあって、その「何か」そのもののような感じもするし、一部のようでもあるし、はたまた傍観者のようでもある。よくわかんないや。

    ひとつ確かなのは、死ぬときがきたら、その大きくてあたたかい何かの中へ飛び込んでいきたいってことかなあ。

  • 2018/06/22 00:19

    本当ですね。
    こんにちは。
    phoenixさん、ありがとうございます。
    なんかよおくわかったようなか気がした。
    答えが見つかったとかそんなんじゃなくて、風を感じること、が、生きること。動物もみんな同じ。
    だからそうゆう環境にたまに身を置かないと、なんで生きてるんだ?なんて、考えなきゃいけない羽目になる。

    分からないけどわかった気がした。
    夢の話も。
    僕らが考えてるより途方もなくアバウトで緻密でみんながそれぞれ例外で、、
    変なことばっかり言葉に出てくるけど、生きるってとっても、変で、phoenixさんが言うように、矛盾で、生き物を見てなぜか共感したり愛おしかったり美しいと感じたり、結局僕らは何も分からず生きているけどそれでいいんだと、大きな大きな流れの中にいて、またその流れに戻って行く、のですね。
    何か、分からないと言う安心感を覚えました。
    理解しようとしないことにします。
    感じるようにします。
    生まれてこのかた、「感じ」で生きてるのに、
    はぁ、、なんで自分こんなんなの。と思った時には、悪あがきのように考えてしまうんですよね。
    このまま僕はフィーリングの世界に生きてればいいんだと、少しホッとしました。
    あと、phoenixさんのホワンと柔らかい率直なお話聞けて。
    ありがとうございました。

14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/