アスペルガー症候群と自殺願望、自尊心の欠如について

2 103 name123 2 ヶ月、 1 週前

もう将来の希望が見えなくなりました。

甘えかもしれませんが、聞いてほしいです。僕は今22歳で、会社員として今年から働いています。今の会社でキャリアアップを目指し、ちゃんと家庭を持つことができればそれで満足だと思っています。しかし、結婚をすることが難しいのではないかと最近思い始めています。今まで恋愛経験がなく、好きになった人は全員彼氏持ちで、アプローチの仕方もよくわかっていません。インターネットで調べて実践してもなかなかうまくいきません。出会いの場を増やそうと恋活アプリやサークルなども探したりやってみましたが、これもうまくいきません。

また、子育てにおいて、何が楽しいのかと疑問を持ち始めています。僕はアスペルガー持ちで何一つとしてとりえもなく、人に迷惑ばかりかけ、浮いた存在です。高校までの友達はほぼフェードアウトしてしまいました。大学では友達があまりできず、県外の大学だったため、交流する機会は皆無といいていいほどです。そのため、地元で住んでいる今は友達が周りにほとんどいない状況です。会社の周囲の人が友達と出かけたり、楽しんでいる話を聞くと、いいなと思ってしまうと同時に、自分の情けなさを痛感してしまいます。こんな子供を22年間も育ててきて、親としてはどう思っているのか、何が楽しくて子育てをしているのかと思っています。
自分が子供を持つようになったら、子供にもアスペルガーが遺伝してしまい、自分だけでなく子供や周囲の方々にもつらい思いをさせてしまうと思うと子育ての希望も見出せません。
子供も、能力の低い子供は処分してしまった方がお互いのためではないかと考えています。

仕事も、アスペルガーのせいでミスや不注意などが多く、落ち込む日々が続いています。

そのため、この先生きていても意味はあるのか、意味がないのならもうこんな人生を終わらせてしまってもいいのではないかと思いました。簡単に、楽に死ねる、人生を終える方法があれば、教えてほしいです。
死んで保険金が入れば、今までの教育費分は家族に返せると思ってます。
この気持ちを何とかする方法を教えてください。お願いします。

◆PR:ココトモがつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
ココトモは自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』をまもなく公開!恋愛相談からマッチングサポートまで、あなたの状況に合わせて恋を応援します。基本使用料ずっと0円。

⇒Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • tororon
    2018/06/09 04:07

    こんにちは。tororonといいます。
    将来の事を考えると、希望がもてないと感じられているのですね。結婚できない気がするし、子育てを楽しいと思えないし、自分のアスペルガーの要素が遺伝するかもしれない。

    name123さんの書いている文章を見てみると、まだ起こっていない事を思い悩んでいるように感じます。結婚する前から子供の事で思い悩むのは早計だと思うのですが、いかがでしょうか。また、アスペルガー症候群が子供にも遺伝するかは絶対とは言い切れないと思います。こればかりは産んでみないとわからない事ではないでしょうか。

    仕事もミスや不注意が多くて落ち込む日が続いているんですね。
    そういうのが重なって、生きている意味はあるんだろうかと考えてしまう。

    生きている「意味」を見出そうとすると辛くなると思うのです。
    例えば子供を育てる必要があるから今は死ねない、と思っている人がいるとします。
    「子供を育てる必要があるから」というのは理由であって意味ではないですよね。
    殆どの人間が、何らかの理由をつけて意味を持っているように感じてるだけなのかもしれません。私も生きている意味はわかりません。生まれてしまった、そして自分で自分を殺すのも怖くて出来ない。ならば生きるしかないと思っています。

    簡単に、楽に死ねる方法はないと思います。
    生きているものを殺すのです。こうして字に起こすだけで私は苦しいです。
    嫌でもいつか死がやってきます。今無理しないでもいいのではないですか。

    結婚できて、幸せな家庭が作れることだけが、人生の楽しみでしょうか。
    name123さんが少しでも興味を持てること、楽しいと思えることはありませんか。
    どんなことでもいいんです。あれ食べて美味しかったな、とかあの本読んでちょっとだけ笑っちゃったなとか。あの人楽しそうに笑うな、かわいらしいな、とか。
    ものすごい小さなことでいいんです。
    どうか将来の不安に目を向けすぎず、楽しいなという気持ちを少しでも探す方向に目を向けてみて欲しいなと思います。

  • name123さん。こんばんは。父が(おそらく)AS、母が(おそらく)PDの組み合わせで気質を引いて生まれたものです。name123さんよりも倍以上生きてしまってますが少し長くなりますけれど、お話させてくださいね。

    name123さんが自身のこれまでを振り返り、人知れず、人間関係やら些細なことで散々苦労してきて、自分の子供にまでその苦労をさせてしまうと絶望的に思ってしまうの、とてもよくわかります。私自身も実はそれによって、子や家庭を持つことを避けてしまった当事者でありますから。ただ今、とてつもない後悔をしています。こんなに発達障害が世に知れ渡り、対処法が出てくるとは夢にも思っていなかったから、なんです。

    この国は発達障害など先天性内部障害に対して他の先進国よりも遥かに後れをとってきました。なぜかというと日本は「親が診断を受けない(気づかない・認めない)まま親になってきたから」です。子供が診断されて、初めて自分がそうだったと知るパターンが今は少なくないかもしれません。

    発達障害を持っていると、子供時代は特に皆と一緒の行動が確かに難しいかもしれません。ですが、理解者が近くにいることにより、おそらくname123さんがした苦労よりもうんと少な目で、近い将来の子供たちは成長してゆけるようになるのではないかなと。この先ももっといろんな情報が広まると思うので、確実にそういう方向へ教育の現場が変わっていくだろうと信じています。例えば何らかの非定型発達を有していたとしても、早くに分かれば早く適切な学びを与えてあげられる、ということは知っていて欲しいのです。
    そしてもう一つ、非定型(発達)は特別な才能をどこか秘めている人たち、でもあります。この障害群の特徴的なところは、「練習すれば誰でも出来るような事は出来ないが、好きなことに限り、定型発達者がどう頑張ってもやりきれないことを易々とやってのけられる」ことにあるような気がします。その興味の方向が仕事として成り立つものであれば、かならずお金や評価に変わるでしょうし、それらを通じて人間関係も構築されていくようです。実際、内部障害を公表しているミュージシャンや俳優、著名人は沢山います。私が逢ったことある人では成毛眞さん。この方も診断されてませんが「おそらくそうなんだろう」の自覚の上でお子様をお持ちになったようです。沢山本を書かれているのでよかったら読んでみてください。絶望の突破口になるかもしれません。
    https://ddnavi.com/review/439911/a/

    そして私自身のお話を。私が子供の頃、父は私とほぼ接触してくれませんでした。おそらく、「どう接していいかわからなかった」んでしょうね(笑 今なら容易に想像できます。それでも私の方は、無表情で、言葉足らなくて、感情も乏しいけど、常々誰かに怖がられたり、嫌われることに脅えてるかのような父と、もっと仲良くしたかったんです。私自身、いろんな性質を受け継いで確かに大変だった時期もありました、ですが、親と良い関係を築けてたら、この遺伝すら、悪きものとは思えないんですよ。似てること、それが嬉しかったりするので。ああ繋がってるんだなって思えるからなんですかね。

    あとですね、子に渡る遺伝子というのは、父と母から貰ったモノ(これには隔世遺伝も含まれます)に加え「後天的に獲得したモノ」も受け継がれます。name123さんは何か大好きで続けていることとかありますか。あなたにもしお子さんが出来たなら、最初からそれが好きで夢中になりますよ。成毛さんも言ってましたが、子供が非定型であったなら「育てる」という感覚はあまり持たない方がいいのかもしれません。一緒になってやってみる・遊ぶ・楽しむでどんどん覚えていきます。実際、私も父の趣味の機械いじりを傍で見てたせいか、家じゅうの時計やら掃除機やらあれこれ分解してよく怒られまして。そのためか特別学んではいないのですが、機械ものの理解が人より容易で、仕事でとても役立ったりしました。

    すみません。沢山書いてしまいましたけれど、最後に。今日この日から、自分が獲得した何かが子へプレゼントになるのならば、今日までできなかったことを並べ立てるよりも、出来そうなこと、興味あることに挑戦してみる方がなんとなく面白そう。。とname123さんが思えたらいいなあなんて願ってやみません。
    よく見に行くサイトでこんな記事見つけました。よかったら見てみてくださいね
    https://h-navi.jp/column/article/35025514

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/