くろねこ。

アドバイスください。親との関わり方。

4 129 くろねこ。 3 ヶ月、 1 週前

閲覧ありがとうございます。
以前も親とのことで相談をさせていただきました。

本当に小さくて、大したことない悩みです。

私は幸いにも、両親から愛されて生きてこれたと思います。
だからきっと、贅沢すぎる悩みでしょう。

以前のトピックでも、新生活のことで親と揉め事が増えている件で相談させていただきました。

いよいよ引っ越しを明々後日の朝にすることになります。
そこにきて、父も(母は前々から希望休を入れていました)休みを取ったことを今朝知らせてきました。

車を置く場所がない、卒業式もあるからまた今月中に戻ってくる、下道でも二時間半あれば行かれる場所だから、両親共に下旬まで忙しいのだから日を改めて来たらいいと話しても
「あんたは口出すな金出せって考えなんだな」
「親は大家さんに挨拶くらいするもんだわ」
「なんかあったときに行かれるようにしておかないと困る」
「邪魔扱いしてくれるじゃないか」
等々言われるばかり。

もう疲れたんだよ。
昔から私のやること二人で反対しても二人で賛成したことない。
私の部屋は半分二階用の居間で、寝てようが何してようが入ってきて。お母さんの本や荷物がいーっぱい。
服も一々文句つけて。そんな色、そんな丈、そんな柄…
泊まるときは誰といるか教えなきゃいけなくて。
大学だって二人が決めた場所行かないなら働けってさんざん言ったじゃん。やっと認めてくれたかと思ったら、行かれなくなったら辞めなさい。

内定先からきた封筒も勝手に開ける。
水洗い不可の服勝手に洗って、指摘しても謝らない。
もうかき乱さないでよ…
私22歳だよ。
なんかあったときに行かれなきゃ困るってさ、父はトラック運転手歴長くてどこでも地図ちょっと見たら行けるじゃん。

二人ともこっちに住んだこともなければ一人暮らし経験もない。
乾燥機付きの洗濯機を買えとか無茶苦茶なこと言ってきたし。

友達に相談したところ「くろねこのことを考えてはいるけど、くろねこの気持ちを尊重してはいないよね」と言われて本当にそうだなと思いました。

彼氏(新居から車で10分の距離。ご家族も協力的で物置を貸していただいている。)に預けた荷物もアパートについてすぐ受けとる予定だったのに…。
母は彼氏とお父さんも顔合わせしなさいと言うけど、引っ越し当日にそれは揉め事の元。

とんちんかんなことばっかり言うあなた方より新居から徒歩二十分のとこにいる大学の友人や
県外の大学で一人暮らし経験してる彼や協力的な彼のご家族に相談して落ち着いて準備したいって思うのはいけないこと?

新生活を始めるときくらいしっかり送り出してやりたいって言う親心なのかもしれません。
特に母は苦労して育ち、親をあまり頼れない状況(母子家庭ということもあり)だったので、やれることはしっかり協力したいという思いあってのことと思います。

私が落ち着いて準備したい気持ち、親が送り出したい気持ち、そこにわかりあえない部分があり、衝突しているのだと思います。

彼に預けたものもあるし、夕飯は彼のお家にご招待を受けています。
しかし、当日についてくるなという説得をするのは無理そうです。
できれば午前中にはお帰りいただくようにしたいところです

彼が「俺はくろねこが落ち着いて新生活送れるようにしてほしい。親御さんと鉢合わせてまずいなら時間ずらすし、なんかあったらできることはする」と、味方についてくれていることは救いです。

何か伝え方のアドバイス等、お願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

◆PR:ココトモがつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
Pieceは「自信がない人の恋を応援するアプリ」です。アプリをインストールすると「恋愛相談」や「マッチングサポート」といったサービスを利用することができ、利用者の状況にあわせて恋を応援します。自信を持てずに悩んでいる人が自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになってほしいという想いをこめてつくりました。

⇒Piece公式サイトはこちら
◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは2018年6月に東京都内にフリースクール『Riz』をオープンしました。今この瞬間に「どこにも自分の居場所がない」と感じて苦しんでいる中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 退会したメンバー
    2018/03/07 12:49
    退会したメンバー
    ココトモメンバー

    こんにちは。

    小さくて大した事のない悩みなんかでは無いと思います。
    過干渉は、周りから見ればよくある光景でも、
    本人は自分を否定され支配され、その苦しさはなかなか人に理解されるものではありません。

    両親想いで、お母さんを庇うような事も言われてますが、
    本人達の都合の良いようにしたいだけ。
    それは本当の心配ではなく、自分達の意見の押し売りですね。

    こんなに大変だとは気付けず、前回は的はずれなコメントでしたね
    ごめんなさい。

    過干渉からは、もう自分で自立するしかありません。
    物理的な距離だけでは、あまり効果はありません。
    精神的な自立の為、一度思い切って戦う事です。

    そこまで干渉されたくない。やめてくれ!
    そんなのは愛情じゃない、もう干渉しないで。
    そう本心を伝える勇気が必要です。

    理解して貰えないかもしれません。
    あなたの心をまた踏み躙るかもしれません。

    でも、もう負けない事です。
    嫌われたって良いと思える事です。
    突き放してあげるのもあなたの愛情です。
    それがたとえ相手に伝わら無かったとしても。

    あなたには、良き理解者がいます。
    良かったですね。一人ではありません。
    親からの自立、突き放す勇気を持って下さい。

  • Kukka
    2018/03/07 15:29

    私も猫の手さんが仰るように、小さな事ではないと思います。
    親が子に向ける本当の愛情というのは、先回りをして選択の幅を小さくするのではなく、選択した先で何かあっても、味方でいて、帰れる場所を用意する事だと思います。
    たぶん、ご両親は、くろねこさんを思い通りにしたい気持ちが、見守るより強いのでしょう。くろねこさんが一人の人間だという事が根本で理解できず、自分達の作品の様に育ててきてしまった…そんな感じがします。「私達の娘(作品)は、そんなではない」…そういう想いが根底に流れている気がします。
    くろねこさんの行動は、何一つ間違っていないですよ。周囲に協力してくれている方がいらっしゃる事が何より大事だと思います。
    境界線を著しく侵害されていますので、怒りがあっても当然です。伝えるには根気のいる事ではありますが、感情的に相手のペースに飲まれない様に、毅然とした言葉と態度で接するのが一番安全です。内情よりも、事実だけを伝えて、相手が情に訴えかけるようなら、事務的に処理を繰り返して下さい。説得するというより、「あなた方と私は違う人間であり、その権利を侵害するならば、法的な手段に出る事もいとわない」…確実な一線を引いて下さい。
    情に訴えかける方法は、この手の方達の常套手段です。書籍も沢山発行されていますので、確かな情報を手にして、対処に応じて下さい。
    くろねこさん、今気付いて、本当に良かったと思います。是非、周囲にいる方とこれから歩いていける事を祈っています。

  • 猫の手さん

    いつもありがとうございます。

    三日前になって言うのは、いくらなんでも逃げ場をなくされてるように思います。

    これから卒業する身なので、完全に親を断ち切ることも難しいです。金銭面など頼らなければならない場面もないわけではないので…

    わめきちらして、部屋にある母の荷物全部投げ捨てたいです
    母の居場所がなくなると耐えてきましたが、もう限界です。

    彼に来てもらう時間をずらしてもらって、親の自己満足に付き合うしかないのかもしれないです。

    そこを過ぎたらもう距離おきます
    彼と協力しあって前に進みます

  • Kukkaさん
    コメントありがとうございます。

    母も家族の問題を抱えているので、ずっと庇うような気持ちでいました。

    でももう疲れちゃいました。私の人生私のものです。

    引っ越しの日、彼に来てもらう時間をずらしてもらって、部屋に荷物を運ばなきゃ、きっと気がすまないです。

    三日前に言う時点で、私の気持ちを無視してますよね。

    まだ卒業したばかりなので、少しずつ離れていきます。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/