ブックカバー

10 149 changethepast 4 日、 15 時間前

みなさん、こんにちは。

書店で本を購入するとき、本にカバーをかけてもらうことはありませんか?
私は新品の本を汚さないために、また、どんな本を読んでいるのかを周りの人に見られないようにするためにカバーをよくかけてもらいます。そして、自分の部屋の本棚には何年も前に買ってブックカバーをかけたままの本がたくさんあったりもします。

先日、本棚を整理している時にいくつかの本のブックカバーを外してみたら、なんと同じ月刊誌の同じ号が2冊並んでありました。しかも、同じ書店の同じブックカバーです。どうやら同じ書店で同じ本を2回買ってしまっていたみたいです。
当時はまだまだ若かったはずなのに、なんでこんなことをしていたのだろうと今更ながらに思います。また、その書店で毎日レジ係を務めていた店員さんが同時どんな気持ちで本を販売していたのか想像してみると笑いが止まりません。きっと私は「良いお客さん」だったのでしょう。
もし仮に、当時そのミスに気がついていたら、このことでまた大きく悩んでいたに違いありません。今は、どうしたらこのネタで人を笑わせることができるかに悩んでいます。多くの人に楽しんでもらえるために、そして誰も傷つかないために。

そして、こんなのまだまだ序の口、私はもっとひどいこともいろいろやってきました。

カバーをかけたままだと、同じものが近くにあってもなかなか気がつきません。しかし、カバーを取れば、近くに同じものがあることに気づくことができます。

ココトモ姉妹サイト「ティーズプレイス」では、【10代限定】の交換日記も運用中!よかったら覗いてみてね☆

⇒ティーンズプレイスを見てみる

コメント一覧

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)
  • 有栖ペンギン
    2017/12/07 11:10

    僕も本屋で本買ったらカバーかけてもらいますね。
    中学生ぐらいの時は趣味が「書店のブックカバー集め」でしたから。笑笑

  • 2017/12/08 01:36

    私も必ずブックカバー、かけてもらいます。

    続き物の本だと、本棚に並べるときにやっぱり困りますね。
    順番に並べるのに、中をみなければいけない。

    あと、読み返したい本を探す時も同じです。
    でも、一度読んだ本なのに、見つけたときの感動は不思議とあるものです。
    「やっと読める!」という感覚が、内容はもうわかりきっているのに、ワクワクさせてくれます。

    本棚に並べやすいように、見つけやすいように、
    透明のブックカバーを買おうか悩んだこともありますが、「透明のブックカバーを、これだけの数買うお金があるなら、本がほしいな。」と思い、やめました。笑

  • コメントありがとうございます。

    >有栖ペンギンさん
    大変面白い趣味ですね。あまりデザインを気にしたことはありませんでした。

    >oAoVさん
    本棚って「整理」するためのものだったという当たり前のことに今更気づきました。買った本を本棚に「詰め込む」ことしかしてこなかった私だからこそのストーリーだったのですね。

  • 面白いですね。
    僕は、プレゼントによく本を選ぶのですが、そのときはブックカバーをつけたり、ラッピングをしてもらったりしています。

    oAoVさんが仰られるように、僕も透明なブックカバーがあればほしいですね。
    僕も本棚は整理(というよりジャンル分けや関連分け)させたいですからね。
    もっとも最近は、置き場がなく平積みになってますが(笑)

  • 2017/12/08 17:53

    そうですね、
    今は、おっくんさんも仰られていますが、
    本棚が足りず、平積みになっている本たちもありますが、
    「本を本棚にしまう」ことも、楽しみの一つでもあります^^
    お気に入りの本たちで、埋め尽くされていく本棚を眺めるのは、ウキウキします。笑
    達成感のようなものもありますね。

  • コメントありがとうございます。

    >おっくんさん
    透明なブックカバーは汚さないためのものかと思います。私の場合、本の汚れは気にならずもっぱら周囲の目を恐れるためのブックカバーですので、ほしいと思ったことがありませんでした。

    >oAoVさん
    「本を本棚にしまう」のが「楽しみ」なのは良い事ですね。私は「整理」がかなり苦手でどのような配列で本を配置したら良いのかとても悩ましく、何度も出し入れしてしまいます。本の整理はどちらかと言えば「苦しみ」なので、どうも「詰め込み」や「平積み」が多くなってしまいます。

  • changethepastさん
    人の目は、気になりますよね。
    人の目というか、人に詮索されるという意識みたいなものですよね。

    本って、その人の個性が出るものですしね。

  • 2017/12/09 13:15

    changethepastさん
    なるほど、苦しみになってしまうのですか。
    確かに、本を並べるときの配置は私も悩みますね。
    また、うちの本棚は、手前と奥でしまうタイプのものなので、「どの本を奥にしまおうか。」なども、考えなければなりません。
    なので、本を整理した配置を忘れてしまうと、
    ブックカバーのせいで見えないので、手前の本も全て出さなくてはならないというような、とても手間がかかる作業になるのですが、
    何故でしょう、その時はそれを「苦労」と感じたことがなかったですね。

    本屋さんでかけてもらえるブックカバーについては、実はあまり深く考えたことがなく、
    私は、外に持っていく本には、自分のお気に入りのブックカバーを持っているので、それをつけます。
    人の目線がやっぱり気になるから、ブックカバーはほしいけれど、それは、外で読むときの場合のみ。
    家では本当は、あってもなくてもどちらでも良く、むしろ整理するときに億劫にさえ感じているのに、何故か「ブックカバーはかけますか?」と店員さんに聞かれると、「お願いします。」と答えてしまいます。^^;

    そして、読み終えた本を売るなどの考えも持ったことがないので、けして、「キレイに保存」しておきたいわけでもないのですよね。

    ブックカバーひとつで、あらためて気付きますね。
    自分の考えや行動が^^;

  • コメントありがとうございます。

    >おっくんさん
    他人の目は非常に気になります。かつて私は授業中にとある資料をノートの下に隠していたのを隣の人に見つけられました。その資料のタイトルは「授業中に寝ないための工夫」。爆笑されました。

    >oAoVさん
    本棚の整理が苦手です。ジャンルごとに並べると本のサイズがバラバラになりますし、サイズごとに並べるとジャンルがバラバラになります。その時に絶妙な整理法を見つけても、一冊追加したときに一からやり直しです。結局、平積みにして詰め込んでます。

  • 2017/12/10 01:35

    changethepastさん
    おー、なるほど。
    私は、ジャンルごとには並べていませんね。
    基本的には作者でわけています。
    作者でわけていても、本のサイズ感の悩みはでてきますが、
    それは、「サイズが違う本たち」の部類に入れてしまいます。
    「1冊追加したときに一からやり直し」
    これもよくわかります。

    私も、整理するとは言え、「よし、やるぞ!」となるまでは、平積みです。^^;
    その1冊が追加されることによって配置が変わる場合は、特に大変な作業になるので、changethepastさんのように、苦しむという感情はないけれど、まとまった時間は必要になります。

    そこで私の場合は、「好きなものに触れていられる時間」と思えるのです。
    本当なら読む時間にあてたい気持ちもありますけどね^^;

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/