人に流されて生きて行くのが辛いです

13 227 koko 1 年、 6 ヶ月前

私はNoと言えない人間です。
人の顔色を伺って生きています。
自分が馬鹿で苦しいです。

うわべだけの人間関係に疲れ
流されやすい自分の性格にうんざりし
金銭的な余裕もなくなり引きこもりがちになり
何でも悪い方向に考えてしまって動けなくなって
夜もなかなか寝つけず暗いことばかりを考えます
朝起きる度に涙が出ます。
優しい夫が私のことを心配してくれます。
それが更に申し訳なくて悲しくて自分が情けなくてどうしようもない気持ちになります。とにかく自分が情けないです。

人前では馬鹿みたいに明るく振る舞って、黙っているのが不安でとにかく沈黙しないように喋り続けます。
ひとりになるとどっと疲れが押し寄せます。

私は絵を描くことが好きで、ずっと絵を描いて暮らして行けたらと思っていました。
それを知っている年上の友人が、「今度自分がお店を開く為の家を一軒借りようかなと考えている。もし家を借りたら部屋をひとつ貸すので絵画教室を開いてみないか」と誘ってくれました。普通だったらとても良いお話なんだろうと思います。でも

私には人に絵画を教える技術はないし、教えることを楽しいとも思えないので、正直、絵画教室を自分がやるということに全く魅力を感じませんでした。そもそも不特定多数の人に会うのがとても苦痛でしかたがないです。でもせっかくの優しいお誘いを無下に出来ず、しかもまさかすぐに実現するとは当時思っておらず、軽い気持ちで
「わー!いいお話をありがとうございます!それは楽しそうですね!」
と、断るでもなく、受けるでもなくのらりくらりと誘いをかわしていました。

でも実際家を借りる話が現実味を増して行くと怖くなり、「私に絵画教室なんて出来ますかね~?ちょっと自信ないです。」と少しマイナスな発言をするようにしたのですが、「いや絶対出来るよ!私が言うんだから大丈夫!」と励まされ続け、

もうきっぱり断ろうと思っていた矢先、「もう家を借りた」と言われ、びっくりして「教室の話は自信がないのでちょっと考えさせて欲しい」と伝えた所、「一緒に家賃払ってくれると思っていたから借りた」と言われてしまい、後に引けず、結局毎月家賃を納めて部屋をひとつ借りて絵画教室を開くことになりました。

わかっています。完全に私が悪いです。
友人は悪意など全くなく親切で言ってくれただけです。

いつもきっぱりNoと言えない自分が嫌で嫌でしょうがありません。

その友人はとてもきっぱりした性格なので、その方からすれば「嫌なら嫌って言えばいいのに」という所でしょう。

人前では極力明るく振る舞いますが、内心、人に会うのが嫌いな私にとって絵画教室をやるというのはとても苦痛です。生徒集めも思うように行きません。毎月赤字が続いています。教室の場所も友人宅の近くで、私の家からは電車を乗り継いで片道1時間かかります。友人からは近くに引っ越してくるように何度も誘われていますが、夫の職場が離れてしまうのでそれは出来ません。

友人は親切心から私の仕事に対する色々な提案をしてきますが、私にはどれもこれも苦痛でしょうがないです。生徒集めの営業もやるように言われていて、会う度に「昨日は何してた?」「明日は何するの?」と聞かれ、なんだか毎日の動きを監視されている気分です。好きなことをして過ごした日は後々罪悪感でいっぱいになります。

先日などは私の知らない所で「教室の体験をしたい」という方からの話を取り次いでいたらしく、「どうせ暇なんでしょ?」と勝手に話をすすめられていてなんとも言えない気持ちになりました。教室は小学生以上を対象にしているのですが、3歳と4歳の子の体験の話を勝手にすすめられていました。友人には「大丈夫大丈夫」と言われましたが、案の定、当日3歳の男の子が暴れて教材を滅茶苦茶にし、全く授業になりませんでした。4歳の子も母親にべったりで、なぜ体験に来たのか本当に不思議な位でした。

友人は本当に悪意などなく、親切心から色々やってくれます。友人のようにきっぱりと意見の言える人間になれたらといつも思います。ですが、私の感情が毎回ついていけず、戸惑ってしまいます。頭の回転も遅いので、友人の咄嗟の言動にいつも流されてばかりいます。

なぜ好きに生きることが出来ないのか。

たった一言、Noと言うことが出来ないのか。

自分が招いた結果なので、誰にも愚痴ることも出来ずに悶々として、色々押し殺してきた気持ちが爆発しそうになって、吐き出す場所を探していた所でこちらの掲示板を見つけました。

本当に自分が情けなくて辛いです。

以前体調不良から病院を転々として、行き着いた先の精神科の医師に社交性不安障害と診断されました。

私と同じように、Noと言えずに悩んでいて、それでも毎日前向きに生きている人がいるのなら、私も立ち止まらずに生きてみようと思います。

ここまで私の話にお付き合い頂いてありがとうございます。

◆PR:自信はないけど恋したい人のための恋活サイト『Piece』公開!
ココトモがつくる恋活サイト『Piece』は、恋愛コンプレックスを持っている人たちが「自信をつけて楽しく恋愛できるようになること」を目的とした恋活サービスです。ただいま公式サイトにて無料プレユーザー募集中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』プレオープン中!
ココトモは不登校に苦しむ中高生向けフリースクール『Riz』を2018年6月に東京都内につくります。5月は誰でも無料でRizを利用できるプレオープン実施中!興味ある方はぜひ公式サイトをご覧ください。

⇒Riz公式サイトはこちら

コメント一覧

13件の投稿を表示中 - 1 - 13件目 (全13件中)
  • 2016/11/10 21:04

    どうも珈琲と言います。
    絵を描くのが好きなんですね。
    今調べてみましたら…
    [職業一覧]
    画家
    版画家
    漫画家
    イラストレーター
    絵本作家
    アニメーター
    CGクリエーター
    書道家
    筆耕(ひっこう)
    彫刻家
    人形作家
    刺青師(いれずみし)
    絵付師
    グラフィックデザイナー
    インダストリアルデザイナー
    エディトリアルデザイナー
    装丁家[ブックデザイナー]
    ゲームグラフィックデザイナー
    美術修復家
    キュレーター
    ギャラリスト
    コーディネーター
    プリンター
    美術造形
    フレーマー
    アートセラピスト
    アートディレクター
    アートナビゲーター
    Webアートディレクター
    Webクリエイター
    Webコンテンツプランナー
    Webディレクター
    Webデザイナー
    Webプログラマー(Webエンジニア)
    Webプロデューサー
    絵画修復師
    カラーセラピスト
    カラーリスト
    キャラクターデザイナー
    空間デザイナー
    工芸官
    広告デザイナー
    雑貨デザイナー
    照明デザイナー・照明コンサルタント
    CGエンジニア
    ディスプレイデザイナー
    DTPオペレーター
    DTPディレクター
    DTPデザイナー
    デコレーター
    デジタルフォトグラファー
    パッケージデザイナー
    バルーンアーティスト
    ハワイアンキルト作家
    美術教師
    プロダクトデザイナー
    POPライター
    モバイルデザイナー
    これぐらい出てきました。
    これらを少し調べて、その中からやってみたいものを見つけてみてはどうですか?
    やりたい事をやる事は大切なことです。
    是非、自分の持っている能力をfullに発揮してください。
    それと、NOと言えないなら流すというのも良いと思いますよ。

  • 2016/11/10 23:38

    こんなにたくさん!
    わざわざ調べて下さったんですね!!
    嬉しいです
    元気を貰いました
    色々考え過ぎていたのかもしれません
    自分の力を好きな分野で精一杯発揮したいと思います

    ありがとうございます(;_;)

  • 2016/11/11 00:14

    大変な道だと思いますが頑張ってください。応援しています。
    もしあなたがプロになったら、絶対にファンになります。
    だからその時まで私の事覚えていたら、その時はよろしくお願いします。

  • 2016/11/11 08:24

    もう本当に色々考え過ぎて苦しくてくじけそうになっていました。
    初心に戻って何でも楽しみながら突き進んで行きたいと思います。
    珈琲さん、私の話を聞いてくれて、応援のメッセージまでくれて本当にありがとうございます。
    好きな分野でプロになって、珈琲さんにファンになって貰えるように頑張ります(*^^*)

  • 2016/11/11 18:40

    Noと言えなくてこれ程お困りとは思いませんでした は
    相手を真っ向から否定しない という方法は、人間関係を円滑にするために、程度の差はあれ、多くの方がやっていることと思います、
    でも、どこがでnoと言っている。
    そう、noと言っても良いのですか、それには、考えかたを変える必要があると思いますが、それかできれば、悩まないですよね。
    小手先のテクニックですが・・・
    相手のはなしを、なるほど、という言葉で受ける。
    すぐに結論を出さず、考えさせて、待ってなどと言って、インターバルをとる。
    相手がどういう人かを知る。
    なるほど、は、肯定でも否定でもないので、相手を傷つけにくいと思います。
    それで、否定するなら、なるほど、でも、と返せば良いと思います。
    また、相手を知ることで、適切な対応が可能と思います。
    特に、そのお友達の方って、せっかちで、いわゆるKYさんてはありませんか。
    その人に合わせた対応をした方が良いと思います。

  • 2016/11/14 20:50

    人間は、熊に出くわしたらどうしたらいいと思いますか。
    また、ハブに出くわしたら、どうしたらいいと思いますか。
    普通の人は、そっと逃げていきます。

    兎を見かけたら、近づいていきます。
    蝶々出くわしたら、そっと見ようと近づいていきます。

    どのような動物か、先ず識別します。
    危険な動物なら、そっと逃げていきます。
    優しい動物なら、近付いていきます。

    人間は、みな同じ外見をしています。
    しかし、熊のような人間もいれば、オオカミのような人間もいます。
    兎ような人間もいれば、猫のような人間もいます。

    一人一人の人間が、どんな人間であるか、しっかりと見分けることです。
    一人一人に対応を変えることです。
    先ず、危険な人間なら、そっと逃げることです。
    優しい人間なら、近付いていくことです。

    自分の社交の仕方だけに、目を奪われてはいけません。
    他の人間が、どのように対応しているか観察して、分析することです。

    あなたの周りに、掃いて捨てるほど他人がいます。
    みな社交をしているのです。
    他人の社交の仕方を参考にして、上手いやり方を真似ることです。

    私の人間関係の経験を書いてみます。

    学生時代は、みな平等でした。
    社交はそれほと難しいとは言えません。
    しかし、会社に入れば、悪い上司か、悪い上司かによって、雲泥の差です。
    良い上司に出くわせば、幸せです。
    悪い上司に出くわせば、地獄です。

    「良い親分を選ぶことが、大切だ」
    遠い親戚の人が、話していました。
    私は良い上司を選んで、部下に付きました。
    悪い上司につくことは、避けました。

    高校は進学校で、私のクラスには、女性はいませんでした。
    大学では工学部でしたので、女性はいませでした。
    会社に入って、女性に接するか真剣に考ねばなりませんでした。

    当時、社交ダンスが男女の付き合いの場でした。
    男性が、女性にダンスを申し込む。
    女性がどう対応するか。
    女性は、頭から足までじろりと見て、男性を品定めします。
    女性と踊ってみれば、千差万別です。
    数曲踊ります。
    短い時間で女性を観察できます。

    優しい人、エゴイストな人、色々な特徴があります。
    女性は男性と対等者です。
    女性を、ああしたい、こうしたいと変えることはできません。
    一人一人、女性によって対応を変えなければなりません。

    女性が間違った踊りを踊るならば、それに合わせて、間違った踊りを踊ることです。
    上手に踊りたいならば、上手に踊れる女性を選ぶことが大切です。
    どのような女性に申し込むかです。
    「女性の選択」の問題です。
    上手な女性とは、女性が上手に踊れるだけでは十分ではありません。
    相手の男性に対する優しさが必要です。
    相手の男性の踊りを考えながら、配慮して踊ることです。

    社交ダンスで学んだことは、女性との付き合いだけでなく、男女を問わず、全く人間関係そのものです。
    私は人間関係について、多くを学びました。

    私の経験が参考になればいいと思います。
    何か聞きたいことがれば、尋ねてください。

    貴方は、部屋を借りた先輩は親切だと言っています。
    私は彼女に接していないので、正確には判断できません。

    しかし、多くの人間は相手がどう反応しているか、神経を使っています。
    相手が、NOと強く言わなくても、察知してくれるものです。
    それが、日本の文化でもあります。
    貴方の、NOの信号が読み取れない。

    危険な熊である可能性があります。
    そっと、逃げることではないですか。
    自分でNOと言えないなら、他人から伝えてもらうことです。
    他人に頼むことです。
    とにかく、そっと熊から、逃げることでしょう。

  • 2016/11/14 22:31

    自分に厳しすぎるかもしれません。
    断れない性格がなぜ悪いんですか?
    私はあなたを優しすぎる人なんだと思いました。
    優しい旦那さんには甘えて良いんですよ。
    友人の話を断らなかったのはやってみたいからじゃ
    ないですか?
    それならぜひやってみて欲しいと思います。
    もちろんつまらないと思ったらすぐやめていい。
    絵画教室をやるかやらないか、は
    性格とは結びつかないことですよ。
    だからそんなに自分を追い詰めないで。
    優しい旦那さんが優しくしてくれるのは
    あなたが優しい人だからです。
    あなたがそうしたいと思える人だからです。

  • ききお
    2016/11/15 02:36

    うーん
    すいません。優しいとかでかたづけ
    られないんですよね。
    何故なら現実的な問題が発生
    してるからです。契約やお金です。
    大変聞きずらいのですが
    あなたが払ってる家賃は旦那の
    お給料ですか?
    もしそうならそれは老後の
    介護費用や預金はないんですか?
    医療や介護は無料で
    受けれないですよ。

    多分相手の友達だかなんだか
    解らない、たかりの人は、
    あなたがしっかりしてない
    経済的なとこねらってきてる
    可能性もあります。 
    お互い大人で、兄弟や家族じゃない。
    利害関係ありますよ。

  • 2016/11/15 02:56

    camposさん
    返信が遅くなってしまいすみません
    「なるほど」は使えますね!
    適度に距離を取り、「待って」と時間を貰うのも、考えをすぐにまとめる事が苦手な私にとってはとても良いやり方だと思います。
    詳しく回答して頂いて、なんだか私にもうまくかわすやり方が見つけ出せそうな気がしてきました。
    友人はKYとまではいきませんがなかなかせっかちな所があります。
    うまく自分のペースに合わせて貰えるように工夫をしたいと思います。
    ありがとうございます!

  • 2016/11/15 03:08

    trueikkiさん
    とても興味深いお話をありがとうございます
    すごく分かりやすいです!
    Noの信号が読み取れない危険な熊と言われてなんだかしっくりきてしまいました。
    友人に悪気があるわけではないのですが、Noの信号をいつも読み取って貰えないのです。
    いわゆる「察してちゃん」にならないように、自分の気持ちを言葉にしてハッキリ伝えなければいけないとは思うのですが、その人を前にするとなかなか上手く言葉に出来ません。
    仰るように、他人に頼る、第三者を交えて話してみた方が良さそうです。
    とてもしっくりくるご意見をありがとうございます!

  • 2016/11/15 03:16

    hamuさん
    暖かい言葉をかけて下さり本当にありがとうございます。酷い愚痴を吐いてまさかこんなに暖かい言葉を貰えるだなんて思ってもみませんでした。
    絵画教室も、せっかくの機会なので、無理のないように、自分らしく勤めて行きたいと思います。
    どうしても無理だと感じたら、正直に友人に話してみたいと思います。
    hamuさんの言葉を受け取って、やってもいいし、やらなくてもいいんだと思えるようになりました。
    暖かい言葉、本当にありがとうございます…っ!

  • 2016/11/15 03:27

    ききおさん
    現実的なご意見ありがとうございます
    なにか決めつけられているようですが共働きで家賃などは分担しています。絵画教室は私の本職の合間を縫って行っています。
    でも私がしっかりしていないというのは仰る通りなので、きちんと意見が言えるように努力したいと思います。

  • 2016/11/15 03:52

    ききおさん
    あ、家賃とは教室の家賃のことですね、失礼しました。
    教室の家賃で夫に頼るなんてことはまずないですよ。

13件の投稿を表示中 - 1 - 13件目 (全13件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/