何をしていてもつらい

3 148 maguro 8 ヶ月、 3 週間前

何をしても心が休まりません。楽しいことを考えたいのに、バイトでミスしていないか、もしミスしていて次行くときに怒られないかと考えたり、将来のことを考えたりして、自由な時間のはずなのに全く休まりません。バイト中も、先輩方が2人で会話している内容が私に対する愚痴に聞こえます。本当にそうなのか幻聴なのか全くわかりません。とにかくバイト中もそればかり気になって落ち着かず、焦ってミスすることが多くなり、悪循環に陥っている気がします。楽しいと思えることをしている時も、不意にそんなことばかり考えてしまって、趣味の時間もうまくとれず、寝られた時が一番楽な時間だなと思います。うまく寝られない時もあるので、そうすると本当に追い詰められてたまに泣いてしまいます。たまにこうしてネットで吐き出したりもするのですが、それでも全くおさまりません。その頻度が最近はかなり増しています。以前はそれでなんとかなっていたのに、今はそれすら通用しなくて、どうしたらいいのかわからなくなっています。
最近はバイトの日数が多くて、余計に疲れているのかなと思います。多くても週5日になるようなシフトが組まれるようにお願いしていたのですが、他の方のシフトを変わらなければならないことが多く、気づけば3週間先ぐらいまで週に1日しか休みがなくなっていました。屋台の手伝いのアルバイトも頼まれていて、午前はコンビニで8時間、その2時間後に22時まで屋台の手伝い、なんて一日中働きづめの日までできてしまって、余計疲れるとわかっているのに断れなくて、自分でも呆れています。勉強もしないといけないのに全く手がつかないまま忙しい週を迎えてしまい、レポートやテスト勉強を進めなければならないのにこんな状況で、もう意味がわかりません。自分でもなんでこうなったのかとずっと後悔しています。
ストレスの原因だとわかっていてもバイトはやめられないので、本当にどうしたらいいのかわからないです。父親とどうしても離れたいので、引越しの資金を貯めています。お金や父のことで頼れるものが周りに何1つないので自分でお金を稼いでどうにかするしかありません。でも今すぐにでもバイトをやめられたらどんなに幸せだろうとも思っています。それはできないこともわかっていて、それをずっと繰り返し考えてしまいます。
でも、こうしてたくさんバイトをして、暴言ばかりの父から離れて、落ち着いた環境に移れるからといって、それで何が変わるのかと最近は考えてしまいます。結局環境が変わったところで、他人が怖くて、仕事はうまくできないでしょうし、そもそも引っ越すのに精一杯な資金では大学にはいけないですし、たくさん勉強できるような時間の余裕も引っ越したら家賃を自分で払わないといけないのでほとんどないです。高校は実質一年留年するのが確定しているので、高卒な上に一年遅れているというのでは、将来何になれるのかと言われれば大したものにはなれないでしょうし、結局これからもずっと今のようにバイトなどの非正規の雇用で働き続けるのかなと思うと、引っ越しても今と何も変わらないのかなと思います。今なんのためにバイトをしているのかもわからなくなってきます。
何をどうしたら今の状況が好転するのがさっぱりわからないです。ずっとそんな考えが頭の中でぐるぐるしていて、本当に落ち着かないです。
先が見えないです。それでも少しでも楽になりたいです。どうしたらいいんでしょうか。

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』もうすぐオープン!
ココトモは不登校に苦しむ中高生向けフリースクール『Riz』を2018年6月に東京都内につくります。すでに公開している公式サイトではいち早くRizの詳細情報を確認確認できるので、興味ある方はぜひご覧ください。

⇒Riz公式サイトはこちら
◆PR:Riz設立のためのご支援・ご協力をお願いします!
Riz設立に向けてただいまクラウドファンディングにて支援者を募集しています。お金を集めるだけでなく、1人でも多くの方にRizのことを知っていただく機会にしたいと考えているので、下記の詳細ページを読んで共感いただけた方はシェアだけでもご協力いただけると嬉しいです。

⇒支援者募集の詳細はこちら

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 気を休める場がないように感じます。
    気力をチャージする場や時間がないのです。
    その場を作ってみてはどうでしょうか。
    そのためには、ぎゅうぎゅうな今の状況を変えるしかありません。
    お父さんとソリが合わないようですね。
    ソリというか不満。
    一度、それをぶつけてみてはどうでしょうか。

  • wataru
    2017/07/26 08:56

    心も体も悲鳴をあげてますが….。その働き方、後どれほど続くんですかね…。お金が必要だから…と言うのは十分理解できるんですが、それにしたって大きなリスクを冒しすぎな気が….。
    本来、法的に人の働ける時間というのは制限されてます。ただ、これは使用者側の責務なので、バイトの掛け持ちとなると自己責任になってしまいます。法的な制限がなぜ作られてるか、分かりますか?それ以上やったらかなりの確率で死ぬか、社会保障費を食いつぶすような状態になるからです。
     
    留年一年くらいなんなんでしょう。一浪、二浪してる人だってザラなのに。就活で重要なのは新卒で入ることであって、高校お大学の間のブランクなんぞ、大して影響ないですよ。今は売り手市場でもありますし。
     
    高校に通われているなら、進路指導や生活指導の先生、担任の先生に相談ってできませんか?決して、誰かに話して恥ずかしいとかいう状態ではない、どちらかと言えば、よく頼ってくれたねと言われるような感じなので、是非周りを頼ってください。
     
    あとは、公的な機関やNPOなどで、あなたのような方を支援してくれるところもあるので、そちらを頼ってみるのも手かなと。

  • 掛け持ってもいいスケジュールになるようにコンビニのバイトの方は休みを申請していました。掛け持ちといっても、頼まれるのは夏祭り等イベントのある7、8月の数日のみなので、そのままいけばなんともないぐらいではあったはずでした。ただ、人からシフトの代わりをお願いされると全然断れなくて、午前中はコンビニ、午後は屋台で一日中仕事、という日をつくってしまいました。なんでか全然断れません。これ以上嫌われたくないからかなと思います。
    そんな事ばかりやっていても、いい人になれるわけじゃなくて、都合のいい人として使われるだけだとは思うのですが、それでも頼まれたら頷いてしまいます。もうすでになっているような気もしますが。昨日は午前中に4時間代わりで出たあと2時間後に本シフトの4時間をお願いできないかと聞かれて、さすがに参って断ってしまいましたが、それぐらい意味がわからないシフトにならない限りは断るのがつらいです。
    もう休みを取るのも怖いです。オーナーに相談すると、できれば自分で誰かに言って変えてもらって、と言われますが、年上の人ばかりなので頼める人が本当に限られていて、休みが取りづらいです。昨日は代わりを頼んでいた人に断られました。予定があるそうなので仕方ないことなのですが、もうこうなるとオーナーに直接言うしかないです。今の状況で自分で相談して変えられなかったの?等言われたらその場で泣き出しそうだと思います。
    通信制で一年留年というのを覆せるほどの能力がないです。人が怖いのでもっとマイナスがつきます。気もきかなくて、気づいたら周りから浮いていて、というのをどこの場所でもやっているので、まともなところで働ける自信が全くないです。
    もうずっとずっと父親にはしねとか消えろとか、たくさん言われて来ました。もうたくさんです。そのことを周りにどんなに頼っても状況が好転したことがないですし、もう頼れないとわかっています。母にも祖父にも祖母にも、前の学校の先生にもどうにもならないとはっきり言われているので頼る方が嫌です。生活が成り立たなくなるかもしれないというのであれば離婚はできない、というなかで母には最大限助けてもらっているのでそれでもいいです。祖父や祖母も先生も、結局改善の道が離婚以外ないのだったらなんの手出しもできないでしょうし、頼れない理由もわかります。
    人が怖いのや周りから浮いてしまうのを父親のせいにする自分が怖いです。結局やっていることが父親と何1つ変わらないのに、気づいたら人のせいにして、それで気分が良くなってしまうのが本当に怖いです。でも本気で父親のせいだとも思います。決してそうではなくて自分のせいなんだとも思います。こうやって考えてしまうのが一番嫌です。
    学校ではたまにカウンセラーの方が来て相談室を開いているそうなのですが、8月末までないです。お金がないので、趣味に使うお金を増やしたり、心療内科等メンタルクリニックに通うのも無理です。個人の出費が毎月5000以内でないと2、3月の引越し業者が忙しい時期に当たってしまい、費用がかさむので、引越し時期がかなり遠のいてしまいます。
    もう全然どうしたらいいのかわからないです。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/