優先順位について

コメント:3件 閲覧:122人 最終更新:4 ヶ月、 3 週間前 作成者:shirousagi

はじめまして。カテ違いかもですが、ご相談失礼いたします。長文で不快あられましたら大変申し訳ありません。

10年近く勤めて参りました会社を辞めたいと思う気持ちがここ数日で強くなりました。
原因は会社の主に女性陣、社員です。勤め先は女性が男性社員に対して一割にも満たない位少なく、また年齢はかなり高いです。私が入社して依頼、今でも私が一番下です。

お話が逸れましたが、入社して、所属された部署には二人の女性がおり、年上の女性社員(今後aさん)が、年下の女性社員(今後、局)にかなり気を使って働いてました。私は新卒扱いでしたが20は越えており、中途のような扱いで入社いたし、特に気にすることなく過去に勤めた勤務先と同等な態度でおりました。ら、aさんから、局に気を使って働くように、あの人は大変忙しいから仕方ない。と。入社して日が浅いともあり、ん?と思いましたが、笑顔ではい、と答えました。

最悪です。雑務は一切されません。お茶の時間は他人の悪口、機嫌が悪ければその場で八つ当たり。気にいならければ、思い通りならなければ、怒り狂う。
但し、若手男性社員以外。自分だけしかできない仕事を確立されており、口をだそうものなら劣化のごとく怒る始末。女子トイレでタバコを吸い、灰を撒き散らし、座面は一部溶けたあとがある始末。
私の身なり服装持ち物には、毎日クレームの嵐。私が話せば否定から入り、同じ会話を若手男性が話すと笑顔で褒め称えます。雑務の押し付けはよそ部署の方からもあります。
引き受ければ、あんたのせいでうちの部署が軽んじられていると、怒り狂われますが、上司の命令なのでしかたありません。また、私の手柄は女性陣に総取りされております。が、それを口に出したことはありません。お互い様だと、いつかは助けていただく日が繰るかもだからと思ってました。
正直、嫌ですが、それでも、どこへ行っても同じ。当時はしっかり勤めれば大丈夫。局が私よりも20上だから先にやめるから、大丈夫と言い聞かせ役に立たないなりに勤めておりました。

が、ここ数年の八つ当たり、雑務の押し付けが酷く精神的に参ってきたのか、今は通勤だけで精一杯です。
上司にも相談いたしましたが、自分はなにも知らないから。なんともいえない。どこまで我慢できる?仕方ないよ、若いから大丈夫。辞めるとかわがまま言わないで、ね!っと言われ、更に悲しい現実を突きつけられました。またさらに、aさんの変わりに入社して来た小局にも問題があり、もう無理だと確信いたしました。
支払いや、訳あって家に帰るわけには行かず、今まで親に頼ることなくやって来たつもりです。しかしながら、仕事がない、家がない頼れないとなるともう毎日絶望です。結婚には至りませんでしたが、3年前に婚約破棄、父親の不貞に対する慰謝料、親の車代、兄や弟の学費、極めつけは大病を患う親の医療費。私の薄給では賄いきれず、貯金は使い果たしました。

もう、退職したいのか人生を終わらせた方が良いのかわからなくなってきました。
局小局には殺意に近いものと、恐怖しかありません。
上司はそんなこと、っといって強くなれとしかいわず。同僚先輩は、局の擁護か知らん顔。
同期と一部後輩は味方してくれますが、男なので下手にかばい伊達出来ずな立場です。
おかげさまで、夜はなかなか眠れず、食事はあまりできておらず、気がつかぬうちに3ヶ月で激ヤセ

皆さんならどうされますか?
この程度で、弱音を吐いていてはいけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • さきこ
    さきこ
    ココトモメンバー

    shirousagiさん

    はじめまして、さきこと申します。
    投稿いただいてから大分時間が経ってしまいましたが、その後いかがでしょうか。とても大変な状況にいらっしゃると感じて、偽善と思われるかも知れませんが心配に思いコメントしました。
    まず、ご家族のお金問題について。専門家ではないので詳しくはわかりませんが、医療費ですと「医療費控除」などの国の支援があるようです。ネットで見ても難しくてわたしは理解しきれなかったので、もしお時間あれば最寄りの役所や税務署にご相談されてはいかがでしょうか。わたしの経験上、国の施設は「待たされるけどちゃんと話は聞いてくれる」ところが多いと思います。
    次にお仕事ですが、わたしだったら辞めると思います。生きていくためとはいえ、shirousagiさんの人生をあまりに犠牲にしているように感じたからです。ただ、そのまま退職してもお給料がなくなりより不安になってしまうと思います。ですので、1度メンタルクリニックなどにかかり、診断書をいただいてから休職の後、退職されるのはいかがでしょうか。休職中は会社の規定にもよりますが、それなりにお金は入ってくるし、仕事が原因の体調不良で退職の場合、きちんと申請すれば退職翌月から保険が支給されます。
    また、次の仕事が見つかるかの不安ですが、shirousagiさんの年齢にもよりますが35歳までならまだまだ大丈夫!とハローワークのカウンセラーさんはおっしゃっていました。今の労働市場は働く側の売り手市場なので、希望通りの仕事ではないかもしれませんが、働くことは可能だとわたしは考えます。

    長々と失礼いたしました。
    shirousagiさんが少しでも明るい方向を向いて今年を過ごせることを願ってます^^

  • shirousagi

    はじめまして。夜分遅くに失礼いたします。
    すみません、年末から無理をしたのか風邪をこじらせ肺炎になってしまい、お返事が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

    さて、初めに。私の稚拙な相談にお目通しくださいまして本当にありがとうございます。親身に寄り添って頂けたお返事、誠に感激いたしました。
    母ですが癌を患いまして、もうお察しかと思いますが高額医療を申請しても払うべき支払いはかなりありまして、貯金使い果たしました。母の命にしたら安いものだったかもしれません。それは自ら納得した上でしたが、介護中、父親の勝手な振舞い、兄弟の母親に対する生活依存。
    甘やかしたのは母親でありますが、当の本人、母親がそれを私のせいだ、兄弟が困っている何とかしろと辺り散らかす始末です。
    今なお変わりません。会社にも家庭にも気がおけない現状です。私の考えが甘いと思いあれから更に精進したつもりが、からまわり。しかし、良いこともありました。私とふたり棘道を歩いてきた別の上司ですが、その上司が会社から功労賞を頂いたのです。本当に嬉しく病床から喜びました。
    ぼんやりとですが転職を考えております。地元を離れ単身再出発する準備をしております。ただ何をしたらよいものか、私にできることはあるのかと、不安になるばかりです。

    親を放り出して、…..生涯の親不孝でしょうが、限界かなと思いました。またひとり一からかと思います。

    お返事くださって本当にありがとうございます。
    さきこ様の優しさ本当にただただすがるばかりです。
    本当にありがとうございます。

  • さきこ
    さきこ
    ココトモメンバー

    shirousagiさん

    コメントありがとうございます。お身体の調子はいかがですか?まだまだ寒い日が続くようなので無理はなさらないでくださいね。
    ご家族のこと、会社のこと教えてくださりありがとうございます。細かい事情も知らない他者であるわたしが言うのは恐縮ですが、shirousagiさんは本当にとても頑張ったと、そして今も頑張っていると思います。しんどい状況でも、どうしたら改善できるだろうと考えて少しずつでも行動されている。「甘い考え」では出来ないことだと思います。本当にお疲れ様です。
    転職に関してですが、shirousagiさんにはご自身では気付いていないスキルがあるのでは、と思いました。例えば、辛い状況の中でも継続して働き続けられた、というスキルは自信を持って良いのでは、とわたしは考えます。1人で活動するとどうしても不安になったり焦ったりすると思います。エージェント会社を活用するなど一緒に考えてくれる方と活動されると良いかもしれません。
    ご家族のことですが、わたしも達観するほど生きておりませんが、今は距離を置いたとしても何十年後とか、遠い未来ではまた普通に話せたりするのではないか、と思います。血の繋がりって良くも悪くもなくならないので。距離をとって、shirousagiさんか、ご家族か、もしくは両方が今よりも落ち着いて、願えば、また笑い合える日もくる。理想論かも知れませんが、どうせ見えない未来なら明るいものを描いちゃった方が楽しいです^^
    ご家族のことをどうにかしようと努力したり、苦しい会社で頑張ったり、その中で出会えた上司さんの功績をちゃんと喜べたり、わたしよりshirousagiさんの方がよっぽど優しくて努力家です。あまり抱え込まずに、苦しくなったら、いつでもすぐでも、ここを利用してくださいね。
    また、長くなってしまった…今日も素敵な1日を★

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆