同級生に対する憧れのようなもの

2 93 har11 5 ヶ月、 2 週間前

中学校の2年半不登校で一年間引きこもり今月で社会人二年目に入った17歳女です。
仕事を始める前はとにかく毎日生きてるのが嫌で嫌でたまらなかったのが働き始めると辛いこともありますが楽しいと思えるようになりました。

でも本来なら高校3年生です。
同級生の現状を見聞きしたりすると自分の今の生活が充実してないように感じ、涙が出てきます。
他人の人生と自分の人生を比べること自体が可笑しいとは思っていても私にはないような輝きをみんな持っているように見えて羨ましく思います。
人付き合いがあまり得意でなく友達もほとんどいないし、活動的ではないのでより一層同年代の子達の行動力がすごく羨ましい。

私の祖父母より上の方たちが大勢いる職場の方々が孫のように可愛がってくださり、可愛いねとかしっかりしてるねと仰ってくれたりするのがとても嬉しいです。
いろんな人から仕事を褒められます。
月に最低でも10万は稼げるし、ほとんど自分に使える。この点は学生よりは良いと思っています。

傍から見ると何不自由ないと思えますが、やっぱり気持ちの整理ができません。
褒め言葉も素直に受け取ることが出来ず、自分を肯定してあげることが出来ません。
最近仕事も、苦手な人たちを気にするあまり失敗も増えてきてしまいました。

毎日仕事で忙しくても楽しく過ごして取り繕っているときに急に現実に引き戻されるような感覚が怖いです。
自分は不登校だったし、中卒なんだぞ。他の人よりも劣ってるんだぞ。と同級生の近況を知ると気付かされます。

かと言って現状を変える、変わる気もなく、ただただ温い環境の今に甘えてしまっています。

いつか幸せになれる日が来るのでしょうか。

心がパンクしそうでこちらに書き込ませていただきました。
乱文お許し下さい。

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • みくり
    2017/05/29 09:49

    こんにちは^ ^
    ご相談内容読ませていただきました。
    私も同じで中学の時に2年半不登校でした。中学を卒業後、1年間高校に入学せず、かといって働いていたわけでもありません。
    ただ1年間フラフラ何もせずに無駄に過ごした経験があります。
    それに比べて高校に行ってはいませんが、働いているということは私から見れば素晴らしいことだと思いました。

    私の場合は、1年間ただ無駄に過ごし高校に進学するにも周りよりは歳が1つ上になるので初めは高校進学は諦めていました。そこで勧められたのが定時制高校という昔は夜間しかありませんでしたが、今は午前、午後、夜間の三部制の高校に通いました。
    私は夜間部に所属していたのですが、夜間の人達はみんな働いている人でしたから歳もさまざまで割と溶け込みやすかったです!
    歳関係なく、ワイワイ楽しく話して周りよりは遅い青春を過ごしている感じでした。

    他に通信制の高校もありますし、定時制高校は出席毎日ですが、通信制の高校は週に2日行って課題を提出するだけなので働きながらでも大丈夫かと思います。

    周りの子より早くに社会に出たのでそれなりのマナーや社会のルールを知りましたよね?
    私はそれなりに落ち込むこともあるけど、学生の子が味わうことのない仕事に対する喜び、悲しさを感じて毎日少しずつメンタル的なものが強くなっていると思います。
    気分は本当に自分勝手だけど、自分で自分を苦しめる必要はありません。
    人は変わりたい、決意したその日から変わることができると私は思っているので何かをするということに遅いということはありませんよ!

  • 2017/06/02 18:29

    「不登校」でも「中卒」でも人より劣っていることではまったくありません。私の周りにも中卒で立派な社会人の方がたくさんいらっしゃいます。それに、どうしても気になるなら、今からでも高校に行くことはいくらでも可能です(前述の「ミクリ」さんが書かれている通りです)。あなたの前にはあらゆる可能性が開けています。自分の心とよく相談して、本当にしたいようにすれば良いと思います。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/