大学を辞めたい

コメント:4件 閲覧:1,159人 最終更新:1 年、 6 ヶ月前 作成者:nonn

【新サイト公開】友達・仲間と楽しくスキルアップを目指すスキル取得サイト『チャレトモ』!
ココトモPR

こんにちは、わたしは今大学一年なのですが大学を辞めたいです。
前期の時点で高い学費を払って貰ってまで通う価値のある授業を受けいるのかと思い、夏休みの終わりからシルバーウィーク明けに掛けて病気をしてしまい後期の授業に大幅な遅れを取ってしまい学校に行きにくくなってしまったのと、療養後も定期的に通院をしているので早い段階で単位を落としている科目もあり授業を受けても無駄と感じてしまいました。
母子家庭なので無理を言って進学しているので母からは資格を取って卒業してねと言われるのですが正直それもプレッシャーで辛いです。
母と一対一で話したいのですが母の彼氏と同居しているのでなかなかチャンスがありません、どうしたらいいでしょうか

ココトモ姉妹サイト「ティーズプレイス」では、「不登校」「いじめ」などで悩む【10代限定】の掲示板を運用中!よかったら覗いてみてね☆

⇒ティーンズプレイスを見てみる

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 優那
    優那

    外(カフェやファミレスなど)でお母さんとお話しするのがいいと思います。
    人がまわりに居るので、少し騒がしいかもしれませんが、
    お互いに感情的になりにくいです。
    外なら、お母さんの彼氏さんもいないでしょうし。

    資格によっては、専門学校などでとれるものもあるので、
    そちらも検討されてはいかがでしょうか。
    (例えば、理学療法士や看護師などの資格です。)
    専門学校は教養科目がないので、
    大学より年数が短かったり、安かったりします。
    また、奨学金などを利用することも考えてみてください。
    日本の奨学金制度は、給与型は少ないので借金と言う形になってしまいますが、
    お母さんにかける負担が少なくなるので、少しプレッシャーも和らぐのではないでしょうか。

  • DJ Ryu

    はじめまして
    大学などは入ってみてわかることもあるでしょうし、通う事に意味を感じなくなってしまったんですね。
    思いと違っていたことも、体調を崩されたことも決して悪くないといいますか、誰にでもあることだと思います。

    もちろん学費の事がありますから、気軽に決められないかもしれませんが、やりたくないことにこのままお金を出し続けてもらうのも申し訳ないっていう考え方もあるかもしれません。

    ここで辞めるのも、続けるのもどちらをとっても絶対間違い、絶対正解ということはないと思いますから、今の気持ちをやはりお母様に聞いてもらうといいかもしれませんね。

    お話しをされるのはお二人きりの方がやはりいいと思いますので、二人でしっかりお話しがしたいから、二人で、時間をとってほしいとおねがいのがいいと思います。

  • DJ Ryu

    お願いするのがらいいと思います。
    でした、打ち間違って失礼しました。

  • justice
    justice

    お母様と外で話すのもいいですね。
    もしうつ病であれば励ましてはいけないのですが、そうでなければ最後まで
    単位をとるのを諦めないで追うのも良いでしょう。
    将来やりたいことはありますか?とりあえず大学を卒業するほうがいいと思います。
    専門学校で資格をとるのもいいですが、大学在学中に取れる資格もあるはずです。
    お母さんは大変苦労したことでしょう。お母さんが望むことは資格をとって大学を
    卒業することだと思います。なぜか?それはあなたの将来にとって有益だからです。
    多分自分のことなんて考えていないお母さんなのでしょうね。優しいじゃないですか。
    何年も遅れてしまった私からすると1年なんて短いものです。
    せっかく手に入った大学というチャンスを捨ててしまうのは勿体無いですよ。もうこのような
    チャンスはないかもしれない。目の前のチャンスを生かさないのは愚かです。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/