姑の差別発言

3 98 piko-girl 2 ヶ月前

前にも相談させていただいており、二度目の話となります。すみません。

姑が、「健常者」「障害者」という言葉を頻繁に使っています。
男と女くらいの認識で使っているように見受けられ、まるで世の中は健常者と障害者という二種類の人間でできているかのように話します。
私は病院に通っていますが、自分が「障害者」だという意識はないし、姑の差別的な考え方が大嫌いです。
「障害者」というのは、障害を持つ方々の総称であって、それ自体はその人の人格でも名前でもない。
「健常者」に至っては、この言葉を使うのはもちろん、そんな意識を持って日常暮らしていることのほうがおかしいように私には思えます。

以前の相談では、折を見て嫌な思いをしていることを伝えるということにしたのですが、やはり嫁と姑。
和を乱さないことのほうが大事だと思え、言えずにいます。
自分で言わないほうがよいと考える以上、何の対処法もないのかもしれない…と思いつつも、あまりに不快なので、お叱りを覚悟の上また皆さんに聞いてもらいました。
ご意見お聞かせください。

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • nobu007
    2017/09/02 09:04

    こんにちは。
    どういう会話の流れかにもよりますが、高齢者になると周りがどう思うか気にしないで、はっきり言うので、僕も義母に不快に思うことはあります。
    旦那様に言ってもらうといいかもしれません。
    気にしないでいるのが一番ですが、なかなか難しいですよね。

  • 2017/09/19 09:54

    中には不満もない、とても良い姑さんもいると思いますが、
    私が知っている限りの姑さんはみんな「何か言いたい」人たちばかりです。
    文句や嫌味、もしくは僻みや嫉妬。
    「年取るとこういうことしか言えなくなるんだろうな」「年取ると暇なんだろうな、だからどうでもいいことに口を出してくるんだろうな」くらいに思っておくのが一番です。性格悪くなったような気分になりますが。笑

    まぁ、周りの女たちを見てみてください。

    年取っているとか年齢関係なしに、
    相性が合わなければ
    学生時代から女という生き物はめんどくさいものです。

    姑さんとなると簡単に離れられないですが
    どうしても嫌なら旦那さんに相談するしかないですし、
    それもできない夫婦間であるなら、
    「年寄りの小言」と聞き流すのが一番です。

  • ひづき
    2017/10/17 13:34

    失礼します、大人ですが宜しくお願い致します。

    『健常者』『障害者』の言葉自体は悪くありませんよね。
    区別されているからこそ受けられるサービスもありますし。

    私の家族は障害者を『キチガイ』と言い私と喧嘩になりました。
    私も家庭が毒人間ばかりで理不尽や矛盾の差別を受け、ここまで生きています。
    『長女だから』『長女のくせに』私に向けて家族はこればかり言います。

    家のペットの世話(餌・トイレ・撫でる)をしているだけで『動物キチガイが!』と詰られます。
    家族からすると『動物よりも私を一番に甘やかして大切にしろ』という意味です。
    親も弟妹もこんなのです。

    自分の主観を振り回して差別する人間が嫌いでたまりません。
    そういう人間に限って外では八方美人、被害者には理不尽な矛盾も平気で押し通します。

    『長女は最年長だから子供でも甘えるな』←矛盾→『長女だから頼れる人になり家族を背負え』
    『長女で弟妹と年が離れてるくせに』←矛盾→『私とあんたは姉妹でいける(年齢差23歳)』

    年齢を自覚させるために私だけ誕生日をゴリ押しでやらかしてくるんですよ。
    『弟妹には年齢を自覚させるのは可哀想だからしたくない』と言われ、母の本性を知りました。

    差別する人は何処までいっても差別します。正義なんてないからね。
    それだけ低いレベルの人間。
    ストレス発散のために他人を傷付けて生きていく人達です。
    考えようによっては犯罪者ですよね。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/