常識的に直したい誤り

3 1,358 pcii 1 年、 2 ヶ月前

言葉の誤りについて直したいことが、あります。

例えば、私たちは歩く、という文があるとします

ただこれは、私たちが歩く、と置き換えられる場合

もあるじゃないですか。

それだけならいいんですが、私はそう思います、

という他の文に触れるとき、私がそう思います、

っていうのはおかしいですよね。

このように一度経験したミスを引きずってしまいます。

そんなのあり得ないよ。ちゃんとやれよ。

駄目だよ「は」は「は」だよというと、

一時的にはほぼ直って、さらに少しだけ継続的に

治ります。

これより強い特効薬はありませんか?

自分としてはこういうことからは逃げて、

考えないようにするのがいいと思ってますが、

どうしたらいいでしょうか?

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • JUN
    2016/08/29 23:36

    こんばんは。
    誤った言葉の使い方をすることがたまにあり、嫌だなと感じていらっしゃるんですね。どういった嫌な気分を感じられるているのでしょうか?
    状況として、誤った言葉を使うのは話すときですか?書くときですか?また、他にも誤った文法を使っているといったことはありますか?

  • 2016/08/30 12:41

    聞くときです。

    例えば、言いたくないんですが、

    何かのきっかけで、あ、でも、い、でも考えられる

    状況があったとして、これが原因で、

    勿論「あ」は「あ」、「い」は「い」ですが、

    他の言葉に関わるとき、両方の可能性を試してしまいます。(;_;)

    関係ないし、あり得ないとは分かっているんですが、

    死にたくなります。

    助けてください。

  • JUN
    2016/08/30 22:23

    返信ありがとうございます。
    話しにくいのに話してくださいましてありがとうございます。誤った言葉の使い方をしてしまうことがとても嫌でお辛いんですね。
    「他の言葉に関わるとき、両方の可能性を”試してしまう”」とはどういったことか教えて頂くことは可能ですか?たとえば「私はパンを食べる」を「私にパンを食べる」とか「私はパンが食べる」とかそういった感じですか?ちょっとまだ内容の理解ができていないです。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/