幸せが怖いです

4 1,342 mizuki 2 年、 1 ヶ月前

幸せな思いをするのが 怖いです。
たとえば片想いをしている人と遊びに行けて楽しかった日、帰り道までは幸せなのに、布団に入るときには涙が出ます。
明日は仕事に行かねばなりませんし、この先いつか、片想いが実らず失恋する日が来るかもしれません。
一度幸せな気持ちになってしまうと、日常に戻るのが辛くて仕方ありません。

最近、嬉しいことがあっても感情に出さなくなりました。
人から褒められても、素直に喜べなくなりました。
一度幸せになってしまうと、それを失ったとき、あるいはそれが偽物だったときにとてつもないショックを受けるからです。
傷つくことも怖くて、目標を持って頑張ることもできません。
考え方を少しずつ変えていかないと、ずっと苦しいままだと思います。
アドバイスをいただけませんか。
心の病院にかかるべきでしょうか。

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 2015/09/28 23:11
    退会したユーザー

    失うとつらいから、手に入れないのではなく、失わないように努力する。

    偽者だったときつらいから、関わらないのではなく、用心深く観察する。

    子供は苦手なピーマンを皿の上からはじくことしかできないが

    大人はそれを我慢して食べたり、他のものと一緒に食べてごまかしたりすることができるし
    そのうち「その存在」のありがたさにも気づくことができる。

  • そのお気持ちよく分かります。

    幸せなら幸せな分、反動が怖くて素直に喜べないんですよね…

    例えば晴れてる時は「どうせ、いつか雨になるだから」と思ってしまいます。マイナス思考というか自分の心に逃げ道を作ってしまう状態。仮に悪いことが起きたとしてもあらかじめ心の準備をしてるのでそんなに傷つかないことも多いんですよね。

    傷つくことが怖いうちはこういう考えを持ってる方が楽な時もあります。心が疲れてる時はこういう考えでいることは悪くないことだと思います。

    でも、最近思ったことなのですが…傷つくってそんなに悪いことでしょうか?傷ついたからこそ、成長したり人間的に深みがでてくるところもあります。目標を持つということは挫折した時は傷つきます。でも人生プラスマイナスでマイナスが深い分プラスの上がり幅も大きくなると思いますよ。

    mizukiさんの思われてるところから外れてたらごめんなさい。でもちょっとずつでも気楽に喜んでも良いと思います(^_^)

  • 2015/09/30 04:15
    退会したユーザー

    世の中、人生と言うのは、「安定したものは何もない」のです。

    全ては「無常」なのです。全て変化するのです。変化するものに

    安定はないのです。安定を求めると、当然苦しくなります。

    先のことは分からないのです。分からないことを考えると不安

    になるだけです。今を、充実させて幸せに生きる、楽しむ。それだけ

    です。

  • 皆様、コメントありがとうございます。
    皆様お強いですね。多少のことではご自身が揺るがされない自信を持っていらっしゃるように見えました。
    それに比べて私は、気付いた時にはいつでもどこでも背水の陣のような感じがします。
    自尊心??というのでしょうか、そういうものをここまでの人生で形成し損ねた感があります。

    失敗しても大丈夫、という感覚を、皆様どんな場面で身につけられたのでしょうか。
    逆に、何故わたしは背水の陣感覚から逃れられずにいるのでしょう。
    皆様のおかげで問題の本質に近付けた気がします。
    重ねてお礼申し上げます。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/