pity

心の問題なのでしょうか…

2 144 pity 1 年、 2 ヶ月前

私は今高校1年生なのですが小学校4年生のころから始めた手の爪を噛むこと皮をめくることがやめられません。
最近では足の爪や皮にも手を出してしまい、血が出るまでやってしまいます。
最初はこのささくれとりたい。とかから始まってだんだん止められなくなっていきます。
やってしまった後には必ず後悔しています。

治したくていろいろ調べてみたら「強迫性皮膚摘み取り症」というものを見つけました。そのサイトには皮膚摘み取り症の可能性があるのなら精神科に行ったほうがいいと書かれていましたが、母に伝える勇気はありません。

結局何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが、この癖は精神的なものからくるものなんでしょうか???それともただの癖でしょうか???

初めての投稿で変なところがあったと思います。
すみません。

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 僕も昔似たような癖がありました。
    何か考えている時やイライラしている時に、無意識にしていました。
    落ち着かせたいのだと思います。
    治し方は、良いやり方かどうか分かりませんが、イライラしたら別のことをするようにしたら、自然と爪を噛まなくなりました。
    皮めくりも同様で、やりたくなったら、別のことをしてみてください。
    気にならないようにするようにするのがポイントだと思います。

  • 2016/11/27 21:33

    私も保育園に通っている小さいときから高校生まで、爪を噛んだり剥がしたりするのがやめられませんでした。

    足の爪も(とくに親指)爪切りでよくえぐってました(^_^;)

    手の指は、あまりにもひどい状態だったので、バンドエイドで隠してることもありました。

    でも、自傷行為という認識があってやっていたわけでもないし、何かに追い詰められていたという感覚もなくて、手の爪に関しては気付いたら噛んでいて、噛んで不揃いになった爪を整えようと思って爪切りを使っていたはずが、さらにひどくしてしまう…の繰り返しでした。

    マニキュアをしてみてもマニキュアがはげる頃にはまたかんじゃうし、マニキュア自体も飽きて続かないし、彼氏ができても変わらずかみ続けていて、爪がキレイな友達をみて「羨ましい…」と思うことがあってもやめられなかったです。

    やめることができたきっかけですが、(参考にならなかったらすみません…)高校3年生のときにできた彼氏が、私と同じように爪を噛む人だったんですね。(私よりマシで本当に噛むだけですが)
    その人のこと、本当に好きで、文句無しの人だったんですが、爪を噛む仕草だけがどうしても嫌だったんです。笑
    人のこと言えないのに、「爪、噛まないでほしいなぁ…」って思っちゃったんです。
    自分以外の人で、ここまで頻繁に爪を噛む人を初めて見たんですね。

    その時に、「私も周りからこんなふうにに見られてるんだ…」って思いました。
    例えそんなふうに見てる人がいなくても、見られてるかもしれないって思ったら、恥ずかしくなったんです。

    それから、その彼氏とお互いに「爪をかまない、いじらない」という約束をして、噛む癖を直すことができました。
    余談ですが、その彼氏とは無事に結婚し、爪を噛まない約束をしてから8年になります。笑

    精神的な問題というのは、私も聞いたことがあります。
    多分、リストカットなどと同じようなことなのかな?というとても大まかな認識しかしてなかったのですが…。

    「心の問題」と聞いて、もし思い当たることがあるのであれば、精神科にいくのも悪いことではないと思います。

    もし、心に余裕がありそうなら、私は失敗してしまいましたが、「爪をキレイにする」ということを試してみてはどうでしょうか。

    噛みそうになった瞬間が、自分でわかったら、
    「よし、爪の手入れをしてみよう」と切り替えてみるのです。

    とても単純なアドバイスで申し訳ないです…(^_^;)

    参考にならかったらごめんなさい。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/