男女の価値観の違い

コメント:6件 閲覧:1,352人 最終更新:1 年、 7 ヶ月前 作成者:ましろ

【新企画】6週間で必ず自信がつく!メルマガ配信ワークショップ『トライメルマガ』のお知らせ
ココトモニュース

そういうの、調べてみました。やっぱり、男女だと考え方、捉え方に違いがあるんですよね。例えばメールとか。

私が男友達と険悪になったのも、それも少しあります。私は依存しすぎてメールをたくさん送ったりしました。返事がなかなか来ないことに不安を感じ、そうしてしまいました…。

私が先日読んだ本には、女性は話がしたくてメールを送るけど、男性は必要な時しかしない。こんな感じのことが書いてありました。

あと、男性は人付き合いより仕事を優先するが女性はその逆であるとか。他にもそんな感じのことがたくさん書いてありました。

価値観のズレ、難しいです…

ココトモ姉妹サイト「ティーズプレイス」では、【10代限定】の交換日記も運用中!よかったら覗いてみてね☆

⇒ティーンズプレイスを見てみる

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています

コメント一覧

1-6件目(全6件)
  • そんな事はない

    その真逆も実際多い
    男性はラインを心待に。女性は気づいた時しかラインしない。
    今はこの形の方が多いかもよ

  • ましろ

    コメントありがとうございます。

    そうなんですか?私はLINEはやってませんが、もしやってたら多分頻繁にやってるかもです(笑)

  • 匿名

    端的にいうと、男性は論理的、女性は感情的。そこに優劣はない。

    これは憶測だが、大昔、男性は狩りをするために論理性を身につけたのではないか。
    家族を守るために、どうやったらより確実に、より効率的に獲物を捕えられるか。
    その役目を負った立場の人が、いちいち感情的になっていたのでは、みなが食いっぱぐれる。

    女性は住処で子供の面倒を見て、地域住民と友好的な人間関係を構築する必要があった。
    近くに住んでいる人と友好的な関係を構築することもまた、人間にとっては
    より長く、より平和的に、生きながらえるために必要なプロセスだから。
    そこに求められるのは感情性。
    思ったことをすぐに口にせず、相手との関係性や、相手の顔色を見て振舞う技術が必要となる。

    もう一つの観点から違いを説明すると。
    男性は解決型の思考。女性は共有型の思考をしている。

    例えば、道を歩いている子供がこけて、手足を少し擦りむいたとする。
    男性は怪我の状態を見て、「これくらいなら大丈夫」もしくは「病院へ行く」という発想をするが。
    女性は「大丈夫?」という発想をする。

    例えば、男性が誰かに相談を持ちかけるときは、その問題の解決を図っているが。
    女性が誰かに相談を持ちかけるときは、問題の解決ではなく、ただ話を聞いて欲しいだけの場合が多い。

    女性が男性に相談を持ちかけて、男性がそれを解決できるような提案をすると
    女性は「そうじゃない」という気持ちに陥る。

    男性と女性の違いを理解すれば、「価値観のズレが難しい」ということにはならなくなる。
    なぜなら男女では価値観が異なるのが、当然で当たり前なことなのだから。

  • ましろ

    コメントありがとうございます。

    確かに、私は解決より聞いてほしい、というのもあるかもしれません。男性は論理的で女性は感情的、そんな感じのことも本に書いてありました。

    もっと早く、そういう違いに気づきたかったです…

  • 匿名

    「学ぶ準備ができたとき、師は現れる」

    恐らく、あなたがその問題に苛まれる以前に「男女の違い」について
    目にしたり、誰かに説明を受けたところで、興味を示さなかっただろう。
    そういう類いの書籍を購入することもなかったはず。そもそもまず、目に止まらない。

    人は問題に直面して始めて、苦悩し、打開するために学習し、知らぬ間に成長する。

  • ましろ

    言われてみれば、その通りかもしれません。今回のことがなければ、絶対に興味を示さなかったと思います。

    こんなことがなければ、知ることもなかったはずです。

1-6件目(全6件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆