ぽん

自分が情けなくて

5 131 ぽん 8 ヶ月、 3 週間前

先日、専門学校を卒業した21歳女性です。

私は在学中にある企業から内定を頂いていました。
そこへは内定が決まってからアルバイトに行っていましたが、2月3月は疎かにしてしまっていました。

そして確認事項があった為、電話をしてみると「やっぱりリスクがあるし、続かないと思う」と言われ内定取り消しになってしまいました。まだここ数日の話です。

自分に非がある事は分かっています。反省しています。でもこの事実を親に言うのが怖くて仕方ありません。

内定を貰った時も試験に受かった時も、本当に祝ってくれた両親に申し訳ないのと、いかに自分が甘えて怠けているのかが身に滲みています。

怒られるのは承知で伝えようとはしていますが、なかなか一歩踏み出せません。

新しく次の就職先は探してはいますが、内定取り消しの事実を伝えないと先に進めない気がしてなりません。

私はこれからちゃんと社会人として生きていけるのか不安で仕方ないです。

コメント一覧

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • JUN
    2017/03/28 23:20

     内定の決まっていた企業への入社前アルバイトをさぼってしまい内定を取り消されてしまったんですね。ショックですよね。それで、内定が取り消しになったことをご両親に伝えるべきだと思っているものの、自分を非難されたり怒られるのが怖くて、まだ伝えられていないという感じですよね。それに、就職できていない今の状況にも不安を感じている。そういう感じですよね?
     ご両親は優しい感じの人でしょうか?厳しい感じの人でしょうか?優しい感じのご両親であれば、事情を正直に伝えれば「あなた何やってんの。もうしょうがないわね。今回は残念だと思うけど、次の就職先を見つければ良いだけよ」というぐらいだと思います。厳しい感じのご両親であれば、たしかに何を言われるか怖くなるかもしれないですね。そうであれば、アルバイトをさぼってしまったことについての原因や改善策を考えておき、また、これからの就職活動の計画について考えておき、それらを話すことで前向きに頑張る姿勢を示すことができれば、話の論点はyu__000さんの非難というよりも、yu__000さんの今後の活動が論点になるかもしれないですね。そういう風に考えたら少し言いやすいかもしれないです。
     以上をどう思いますか?

  • JUNさん、コメントありがとうございます。

    先程、母には正直に話しました。母は私の異変に薄々気づいていたようでした。やはり、叱られるのと責められるのは避けられませんでしたが、「明日、候補先見せて。一緒に考えるから」と言ってくれました。母の優しさと21にもなってこの状況を1人で乗り切れない自分の情けなさにやりきれない思いです。

    また父はこういった事には厳しい人で、昔ながらの考えを持っているタイプです。きっと母以上に責め立てられるでしょう。

    私は専門学校に入って勉強していくうちに、その職種に就くのが嫌になっていました。しかしそれを言うに言い出せませんでした。それは両親や周りが期待していたからです。多額の学費を出してくれているのに、本当はやりたくないの!とは言えませんでした。でも学校を辞めるという選択肢はなく、卒業しました。アルバイトを疎かにしてしまった理由として、その職種に就くのが嫌だった点もあります。でもそれは、社会人として、人として間違ったやり方だったと思っています。今思えば、もっと早く本音を伝えていれば良かったなと後悔しています。

  • JUN
    2017/03/29 23:46

     返信ありがとうございます。お母さんには話せたんですね。良かったですね。頑張りましたね。それで、話してみて自分の情けなさを感じたんですね。お父さんにはまだ話していないんですね。お父さんは厳しい人で話すのに抵抗を感じているという感じですよね。
     お母さんには専門学校で勉強した分野の職種に就きたくないということも言えたんでしょうかね?その職種が本当に嫌なのであれば全然する必要はないと思いますよ。ただ他にやりたいことがないのであれば、将来やりたいことが見つかったときに投資できるように、勉強した技術を活用して仕事をして貯金するのもありかもしれないですね。他にやりたいことがあるなら、状況的な障害が色々あったとしても挑戦した方が長期的に見ると良いかもしれないですね。

  • JUNさん またまたご返信ありがとうございます。

    昨日、父にも話をしました。
    すると怒られるどころか責められもせず、「あの企業とは縁がなかったんだ」と言ってくれました。怒られると思っていたので、予想外の返答に拍子抜けしてしまった部分もありましたが、ずっと言えなかった不安が一気に解放されて気持ちが楽になりました。

    両親に「専門学校で勉強してきたけど、この職に就くのにプレッシャーがある」と正直に話しました。すると「折角勉強頑張ってたけど、他の道を探すのも全然アリだ」と父が言ってくれて、涙が止まりませんでした。

    資格も取れているので現場経験はないものの、その職に就くことはできます。とりあえず今は気持ちが楽になったので、就活を頑張ろうと思っています。

    ここでJUNさんに優しい言葉をかけて頂いて、とても安心したし嬉しかったです。ありがとうございます。

  • JUN
    2017/03/30 22:11

     返信ありがとうございます。お父さんにも話せて良かったですね。就活上手くいくといいですね。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/