自分の居場所がほしい。

3 108 coscinK 5 ヶ月、 3 週間前

こんにちは、高校3年の者です。
家庭で自分が置かれている境遇のことで相談があります。

私は父母と3人暮らしの一人っ子です。
自分の部屋はなく、寝室は家族全員一緒です。学習机は居間にあり、唯一自分だけのスペースです。
空いている部屋がいくつかあるので、そこで勉強したい旨を家族に伝えたことはあるのですが、何故か聞き流されてしまいます。

聞き流されてしまう要因を自分で考えてみたところ、いくつかありました。
1つ目は人には言えないような趣味を持っていること。無論家族に言ったことはないのですが、感づかれているのかもしれません。
2つ目は、私が1つのことに熱中しすぎてしまうこと。特に受験勉強をしだすと楽しくなってしまい、時間を忘れて続けて睡眠時間は2~3時間ほどです。自分はそれでも勉強量は足りないと思っているのですが、家族は体調を心配して、よく私を止めて寝かせようとします。

それに関連して困っているのが、私が勉強を終えるまで家族が寝ずに待っていてくれることなのです。本当に申し訳ないので「先に寝て良いよ」と言うのですが、私が家族と別行動をとろうとすると喧嘩になることが多いので葛藤しています。

私自身は自分の部屋があったほうがよいかと思っています。なにかと思い悩むことが多く、ひとりで泣きたい時間帯があるのですが、家族や知人に弱いところを見せるのが苦手なのでいつも我慢してしまうし、「人には言えない趣味」ができないとストレスが溜まってしまうので… 
大学に入ってから一人暮らしができないかとも思いましたが、金銭面で無理なようです。

私はあまり両親に反抗したことがないので友人に相談してもなかなか共感できる答えが返ってこず…ただ単純に、勉強している間に家族から関係のないことを話しかけられたり、違う用事を頼まれたりするのが非効率だと思うだけなのですが…

一人でいると安心する、というだけです、どうすれば自分の居場所を見つけられるでしょうか?

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • coscinkさん
    _
    お悩み拝見しました。個室がないということですね。私にも「人に言えない趣味」はあります。また、そういう趣味でなくても、ある程度のプライバシーは必要かと思います。人に言えない、言いたくないことの一つや二つあるのが、人間ですよね。そして、その立場から二つほど提案があります。
    _
    1.高校生の多くが個室があることを材料に親を説得する。
    少々調べますと、高校生の75%が個室を持っているそうです。小学一年生では25%しか個室がなかったのが、成長するとともに個室がほしい、という要望が高まることがデータで示されています。そのデータがグラフで示されているサイトを紹介します。
    _
    自分だけの部屋があるか、テレビを持っているか…いまどきの子供事情(2016年)(最新) – ガベージニュース
    http://www.garbagenews.net/archives/2241295.html
    _
    さて、このデータによれば、やはり学年が上がれば上がるほど個室がほしいと思う気持ちが高まるのは当然ですから、coscinkさんの思いは自然な流れのように思えます。ですから、このデータを根拠に親を説得してみてはどうでしょう?
    _
    2.カラオケボックスなど、一人になれる場所でストレス発散する。
    さて、高校生の25%は個室がないわけです。個室がない人たちもけっこういます。ですから、もしも上のグラフだけでは親の説得の材料として弱く、願いがかなわなかった場合は、たとえば一人カラオケボックス、または映画館で泣く。もしくは、そんなものがあるかわかりませんが、個室付き漫画喫茶? のようなところで、何か一人でその自分の趣味が肯定される場所、感情を解き放てる場所を、探すしかないと思います。これは、危険な場所はさけて、やはり、上に紹介したようなカラオケボックスなど安全度が高そうな場所から試してゆくことをおすすめします

  • 返信遅くなって申し訳ありません
    コメントありがとうございます

    いただいたアドバイスをもとに両親を説得してみようと思います
    ありがとうございました

  • coscinkさん
    説得できるといいですね^^

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/