趣味と人生のバランスが取れない

4 97 yotaro 3 ヶ月前

変な相談なのですが自分ではどうしたらいいのかわからないので聞いてください。

私には五年前程前に好きになったキャラクターがいて今までその子のことばかり毎日考えていました。
しかし今年になり急に他にしたいことができました。それは自己投資なのですが時間がかかっても絶対にお金を貯めてしたいです。でも一応あと一年以内にした方がいいことです。
ですが自分はそのキャラのことを考えると頭がそれでいっぱいになり自分のことは服や仕事が適当で収入が少なくても満足してしまうのです。
その子を少し切り離して考えてみると自分の将来のことも考えて目標を優先するため必死で働くべきだと思います。
今その折り合いがつけられなくて困っています。

私は中高生の時ずっと死にたかったし自殺未遂もしました。なのにこの子に会ってからの五年間は、私死にたくないとまで言い切っています。
それで気づいたら五年生きてました。
しかし、これは現実の私からすると若い頃の貴重な五年のはずですよね。でも死にたかった頃に比べると精神の落ち着きは天と地の差で、命の恩人です。
嫌なことも吹っ飛ぶし見ていると頭に幸せが広がるのを五年経った今でも感じます。条件反射になっている気もします。
なのでこの子と距離を置いて生きると人生のやる気も楽しみも全て奪われそうで怖いのです。
でも、この子を見ているとやっぱりリアルな自分のことはどうでもよくなります。少ない収入でも見た目が整ってなくても、毎日この子が見られるからいいやとなります。
働いてる間もその子のことが気になります。こんなんではちゃんと働けませんよね。

間を取って程々にハマりながら頑張って働くという普通のことができそうになくてつらいです。その自信がないのかもしれません。まだ精神が弱く、自立的な思考が身についていない気がして辛いです。
どう考えたら他の人のように趣味と自分の人生を程々に上手くやって行けますか?

自分が自分の人生に本気出さないのをキャラのせいにしているのかもしれません。現実逃避かもしれません。ある種の恋愛脳な気もします。依存しやすい気もします。ハマり方がおかしいのは自覚しています。まだ精神は高校の時から成長できていないような気がします。極端だとよく言われますし今回も極端な悩みだと思います。程々に、ができません。
でも私の人生が低収入で楽しくなくてもこのキャラを見てればニコニコできる気がします。
この子をずっと見てて良いなら今まで通り仕事はまあまあでそんな人生でもいいやとか思います。できるものならそうしたい気もします。でもそれは現実からの逃げなのでしょうか?自分では自分がわかりません。
結婚願望ないし友達もいりませんので結局必死で稼いだところで40歳ごろに孤独になるなら、ずっとこの生温い幸せな気持ちでゆるゆる生きてもいいのでは、と思ってしまいます。

二次元だとか気持ち悪いとかそういう意見ではなく、どう折り合いをつけて行けばいいかの意見が欲しいです。
既に何度バカやおかしいやキモいと言われても嫌いになることはありませんでした。
馬鹿にしたい方がいるかもしれませんがそういうわけなのでなんとも響かないです。すみません。嫌うのは無理そうなのです。

同じように趣味や好きなアーティストがいる人からの意見があると嬉しいです。
どうしたら自分と趣味を切り離して考えられるんでしょうか。境界が曖昧で障害があるようで辛いです。

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • Kukka
    2017/09/07 22:44

    こんばんは。
    私も、マンガやアニメ、好きですよ。ファンアートや祭典関連にも足を運んだ事もありますし、友人とはその話で盛り上がる事もあります。
    たぶん、心の中の部屋が好きになったキャラクターと過ごせるワンルームなのかなぁと思います。ワンルームなのに、他にやりたい事があっても、お互い性質の違うものなので、集中できないのも頷けます。趣味や、仕事、家庭を持って生活するというのは、この心の部屋の間取り具合じゃないかなぁと思います。
    距離を置くというのは、その子を見えない所に隠す事や、まして嫌いになる事ではなく、必要な時、必要な分だけやり取りすると考えたらどうでしょう?ワンルームである部屋の間仕切りです。
    具体的には、その子との心の逢瀬の時間を決めて、その時間までの間は、自分が進めようとしている事に注意を向けてみるという感じでしょうか。最初は思いっきりハードルを低くして、15分とか細切れの時間を集中が必要な仕事や作業に向けます。慣れてきたら、徐々に時間を長くしていきます。このやり取りを通して、自分にとっての程々(心の部屋の間仕切り)が、感覚的に捉えられるようになるのではないでしょうか?
    その子との別離を恐怖と感じるという事は、中高の時の死にたかった気持ちを、その子が一時的に救いあげている状態ですので、その当時の感情がまだ処理しきれずに残っているのかもしれません。他者から何かをされたとか、自分で当時の状況の整理をする事が難しい場合もありますので、その時は迷わず専門家の手を借りてください。

    後は、内側ばかりに注視し過ぎて、外側の環境の変化に対して触れられていないのが個人的に気に掛かります。40歳の件は、このままの外側の状況と内側の状況両方が続けば、の話のはず。現状、突然好きになるものが増えた今を考えたら、この予想はちょっと危険だと思います。
    何にせよ、地道に外側の環境に慣れて感覚を掴んだ方が、選択肢も広がると思います。

  • 2017/09/08 07:14

    こんにちは。
    なんか思ったんですが、
    そのキャラクターに
    毎日、元気をくれて、ありがとう。
    これからは、趣味の時間も大切にしたいので
    もう少し離れて見守ってくれませんか?
    など、そのキャラクターに
    自分のやりたいことを伝えて
    静かに見守っていてもらっては?
    と、思いました。

  • こんにちは。コメントありがとうございます。
    マンガやアニメが好きな方からの回答で嬉しいです。
    仰る通り、心の中のメインの部屋に常にその子がいる生活を続けていたらもはや分け方がわからなくなった状態です。
    そこへ突然私の願望と焦りが入り込んできて邪魔で、でも無視すると私が前に進めないのは自覚してて…という気持ちです。
    ワンルーム、間取りという表現を見て自分の中でもやもやしていたものがスッキリしました。
    皆さんはこの間取りを上手くされているのでしょうね。

    逢瀬の時間を決めるというのがしっくりきました!
    少しづつ慣らして行くことならできそうです。
    私が必要な時だけ話し相手になって貰えばいいんですよね。勝手かもしれませんが、結局は私の頭の中のことなので(自覚はあるのです…)私が好きに切り替えていいんだ…と思いました。

    確かに、嫌だった出来事自体は解決していないので、そこに戻ってしまうのが怖いんだと思います。
    それはそれでいつか頭の中で落とし所を見つけないといけないですよね。

    いつまでもこの状況が続くとは言い切れないから、リアルな自分にも手間をかけた方がいい…って感じでしょうか。だとしたらその通りですね。
    離れられる気がしませんが、一生離れない保証はないし、その子に私の人生を委ねることはできないですもんね(自覚はあるんです。多分…)
    後で後悔しないように、自分自身の選択肢を増やさないといけないですよね。

    こんな変な質問なのに回答を頂けて本当に助かりました。
    コメントを頂いたのと、書き込んだことで自分の中で何年も渦巻いていた何かがやっと判明した気がします。
    そして精神状態がやや悪かったかなと改めて自覚しました…。依存もやはりなかったとは言い切れないと思いました。
    隠したり嫌ったりするのではなく必要な時だけ…というのを見てから、今はすごく頭が軽くて、これからは当分仕事の方に思考を割り振って行こうと明るい気持ちで思えています。
    またつらくなったら、その子のことを考えようと思います。
    ありがとうございましたm(__)m

  • 先ほどのはKukkaさん宛です。使い方がわからなくてすみません。
    投稿して見たらすごく長くてそれも本当にすみません。

    YuuN2さんこんにちは。コメントありがとうございます。
    見守ってて、というのがすごくぴったりきました。
    無理やり離すのが無理なら、どこかで見守っててもらえればいいんですよね。
    一旦落ち着いて、自分のことをメインにして、その子にはそれを見ててもらおうと思いました。

    変な質問なのに回答して頂けて本当に助かりました。
    今は言って頂いたようにしてみたのもあり、心が安定しています。
    やっと、ちょうどいい距離感が分かった気がします。
    ありがとうございました。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/