転職という道

3 138 ttrako 2 ヶ月、 3 週間前

閲覧頂きありがとうございます。
私は今年から新卒で働きはじめ、6ヶ月目になりました。

大学時代にやりたいことが見つからず「地元での就職」を軸に就活していましたが、
なかなかうまくいかず、採用してもらえたところへ就職するというところまで追い込まれていました。

現在の業種は正直自分が「働きたくない」と思っていた業種で、
でも採用して頂けたし、なによりもまた就活で苦しい目に合いたくないので
多少つらいことがあってもここで頑張っていこうと入って2ヶ月ほどは思っていました。

職場での人間関係は良好で、仕事内容や忙しさもいわゆるブラックと呼ばれるような環境ではありません。
お金の面では、残業代も(おそらく)しっかりでていますが、賞与が同規模の同業他社に比べてだいぶ少ないという点があります。

賞与の問題もネックにありますが、最近は先述した「働きたくなかった業種」で
仕事を何十年も続けるのかと思うと不安とちょっとした恐怖が湧いてくるようになりました。

転職をするならと考えたときに、公務員という選択肢をひとつ考えました。
まだ意志を固めたわけではないですが、ざっくりと考えたときに来年いっぱいまで働きながら試験勉強や面接対策をして再来年に受験しようと考えています。

公務員というのはあくまでひとつの道なのでこだわる必要はないのですが、
私の会社を辞めるということについてみなさんどう思われますか。
いろいろなご意見をお聞きしたいのでよろしくお願いいたします。

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 転職しない方が良いと感じました。
    理由が弱く、後で後悔すると思うからです。
    前提として、余程の実績がない限り、転職先は今よりも悪くなると思ってください。
    また、公務員は決して楽な仕事ではないことを自覚してください。
    ※この辺りは、公務員の知り合いに聞いてみるのが一番です
    賞与が高い会社は、基本給が低いか、ハードな仕事…つまり業績連動な場合が多いです。
    また、嫌いな業種というのも、そう決めるのはまだ早いです。
    3年くらいはやってみて判断するべきです。
    今は、社会人としての基礎を作る時期です。
    今の環境を使い、自分をどうレベルアップさせるかを考えましょう。

  • 2017/09/13 19:56

    この先のことや、いずれ就きたい職業のことを考えたときに、
    「同じ場所で長く働いた」という経歴は役に立ちますよ^^
    やりたい職業にだけ目を向け、資格の勉強をしたりすることは前向きで、とても良いことのように私は思います。
    それを、とりあえず今の職場で働きながら、というのが一番理想的ですし、勉強している最中に「やっぱりこの職場でもいいかな」と思ったらそれはそれで良いことだと思います。
    あとは、おっくんさんも言っていますが、どの職業に付いても、「なんか違うな」とか、そういうことは少なからずあると思いますし、どの職業も大変さは必ずある、ということだけわかっていればいいのではないでしょうか。
    転職をして失敗した方もいれば、転職して本当によかった!という人もいます。
    きっとそれは努力など、自分の力で得たものもあれば、働いてみなければわからない職場の環境=運、みたいなものもあると思います。
    転職するかしないかは私は決めることはできないけど、公務員の試験勉強や、また他の資格に目を通してみるとか、そういうのはこの先決して損しないものだと思うので、応援したいです^^

  • 2017/09/24 00:55

    やりたいことが見つからなかったなかでそれでも就職して励んでおられること、感心します。給与のことなど、やはり将来性を気にすると迷いもありますよね。
    公務員についても考えておられるとのこと。自分の思う通りに進まれていけば良いと思います。最終的には自分の考えで決められるように。
    少し個人的にですが、全体的に安定した仕事や環境を見据えておられる印象がありました。これは余談かもしれませんが、人生一度、お若いのでもう少し視野を広げて考えてみるのも、やりたいことへのヒントになるかもしれないし、あくまでできる範囲でですが^^ふと思いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/