過去のトラウマから抜け出せない

4 181 minton3010 8 ヶ月、 3 週間前

はじめてご相談させてもらいます。よろしくお願いいたします。

私は過去に幾度かイジメを経験し、それ以来他人を信じられなくなっています。現在でも過去の映像が蘇ってきて苦しくなります。
ちょっとした他人の発言で簡単に傷ついてしまい、人間関係を築くことも難しいです。
また家でも、父と母が不仲だったことから、居心地の悪い思いをしていました。二人にはここまで育ててもらったことに感謝の気持ちがあります。しかし、その気持ちだけでは帳消しできない記憶があります。
母は過干渉とも言えるほどの距離で、私に接してきました。交友関係の制限、言葉遣いや服装や身だしなみに関する厳しい注意、手紙やメールや電話の盗み聞きや盗み見などがあり、常に見張られているような感覚がありました。彼氏と別れさせられたこと、男友達のアドレスを着信拒否されたことがあります。
母や父の意向に従わなかったり、気に触ることを言ったりすると、「俺がお前の養育費を稼いできてやってんのに、その態度は何だ」「そんなもの言いをするならお前はもうウチの子じゃないから出て行け」などと言われました。
勉強でも趣味でも何をやっても「下手くそ」「もっと真面目にやれ」と言われ、いい結果を出せなかったら「結果出せ、結果出すのが全て」と叱られました。
優秀な兄がいて、よく比較されました。「どうして兄みたいに出来ないの」と言われました。

辛くて どうしようもなくて 友人、カウンセラーや学校の先生に相談したことがあります。しかし、余計に傷ついてしまいました。
カウンセラーや教師は 秘密にして欲しかった悩みを全て親に伝えてしまいました。知られたくなかったし、信じていただけにショックでした。
友人も「嫌ならやめろって言えばいいじゃん」「うちなんか放置だよ、構ってくれて面倒見てくれて良い親でしょう」と言われました。

大学に入って、少し道が切りひらけた気がしていました。
しかし、先日同じ学部の人同士の飲み会に参加した時に 辛い気持ちがふっと蘇ってしまいました。
私は講義で少し飲み会に遅れて行きました。着いた時に一人の男子が「なあんだ、アミちゃんかと思って期待してたのに、がっかり」と言いました。アミちゃんと言うのは、すごく美人なことで有名な同級生です。憧れてる人が多いそうです。私とアミちゃんは名字が同じなので、アミちゃんが来ると思ったらしいのです。ちょっと酔っていたのだと思いますが、アミちゃんコールみたいなのをされ、アミちゃんがいかに美人で仲良くなりたいかをみんなで話していました。一番傷ついたのは、「可愛くない方も頑張れ」「いやいや、どうあがいてもアミちゃんにはなれないだろ」という会話です。
笑って聞いていたけど、「私来なければよかった」と思いました。アミちゃんじゃない私は来るべきじゃなかったと思いました。
その時と似た経験を思い出し、さらにそれに付随するイジメの記憶が溢れ出してきました。
ブスと言われ、キモい死ねと言われ、学校来たら来んなと言われ、そして親にも お前は可愛くないから大人になったら整形すればとも言われました。

辛い経験を乗り越えるため、自分では頑張ってきたつもりです。
人間としても、女性としても、より良くなるため努力をしたと思っています。
しかし、なんかもう疲れてしまいました。
終わったことなんだから忘れようと思っても、ずっとずっと過去がつきまとってきます。
悔しさをバネにして頑張るべきだと分かっています。けれど、もう頑張れそうもないです。でも、頑張らなくちゃ、結果出さなくちゃいけないんです。

先日、友人のお母さんが話していました。
優秀な人は子供の時から優秀であること、ある階級の人はどんなに頑張っても登れない段階があるということ、そして難のある人は大人になってからもこじらせ続けること。
もう自分は ダメなんじゃないか、存在する価値ないんじゃないかと思ってしまいました。
何をやっても満足に出来なかったし、人がやってることが普通に出来なかったし、出来ない人でした。
長々とすみません。分かりにくい文章ですみません。
こんな情けない人の文章を読んでくださり、ありがとうございます。

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • mintonさん
    _
    ある程度年齢を重ねないと、
    また修行を重ねないと、
    人間の考え方は猛獣と一緒です。
    気を付けないと大怪我を負わされて今います。
    だから、あまり、気になさらず、
    地道に慈悲深い人々を見つけて、
    傷を癒してゆきたいものです。
    私自身、大学時代は、
    人を傷つけるような思考を、
    今よりも持っていましたから。
    さて、トラウマに関して、
    二つほど紹介したいことがあります。
    _
    1.キュウさんの記事
    ココトモのメンバーが、トラウマについて、
    記事を書かれています。
    やはり、つらい目にあって、
    男性恐怖になってしまったそうです。
    しかし、そこから脱する希望も書かれています。
    トラウマー男性が怖い
    http://kokotomo.com/98411/
    _
    2.水島広子さんの本
    なかなか優秀なお医者さんにめぐりあえない、
    その気持ちはわかります。
    そんな方に、水島広子さんの本をおすすめします。
    『「心がボロボロ」がスーッとラクになる本』や、
    『トラウマの現実に向き合う』などがおすすめです。
    水島先生のように、偏見なく、
    ありのままに患者を診ることができる医者は、
    なかなかお目にかかるのがむずかしいと思います。
    おすすめします。

  • Piano
    2017/03/25 23:24

    よくここまで頑張ってこられましたね。頑張ったねと言ってあげたいです。

  • yukke
    2017/03/26 10:15

    こんにちは。yukkeと申します。まるで私のようだと思いコメントさせていただくことにしました。
    いじめ、過干渉、プレッシャー等、私も経験し、そして現在大学生です。ここまで境遇が似ているとなにか運命のようなものを感じますね?感じませんか?すいません。
    いじめのフラッシュバック、よくわかります。私はそのおかげで周囲の人が皆刃物を持って狙っているかのようなそんなイメージに堪えつつなんとか会話しています。そんなびくびくオーラが伝わるのかいじめられなくなったけれどちょっと不利な立ち回りというか、いや、そんな不満言ってるような立場に自分はいないんだ…会話に混ぜてもらってるだけで…とか考えて我慢したり、なーんてしちゃいません?男の方が面と向かって言いますよね、私は目の前で座る位置のじゃんけんされたり…まあ酷いものです。
    あなたは馬鹿なのではなく自分が思っているより頭が良いのです。そのぶん人の言葉を分かるまで聞いちゃうんです。多分その辺の人はさほど聞いてないし、そしてさほど考えず言いやがります。だから良い意味でも悪い意味でもこの世界生きられるんだと私は思います。
    でも頭のいいあなたは周りにどうにか合わせようとさらに頑張って自分も磨いてなんとか周りの期待に応えようとしてきた。本当に偉いと思います。変な話なんですけど過干渉の親って子供褒めないくせに自分褒められたがりません?…私が相談しちゃいけませんね。とにかくあなたの周りにいま誰も褒めてくれる人いないでしょう?そして褒められなれてもいないでしょう?ということは、正直言って心を鬼にして自分で自分を褒めるしかありません。あなたが一番信用できる人は自分自身しか居ないと思います。悔しいですが。多分最初は自己嫌悪との戦いです。落ち込みます。寂しいです。そういう時はまた話しにきてください。私がそばに居て褒め合いっこでも出来ればいいのですが…、長くなってしまったので名残惜しいけれどこの辺りで。ああ、そうそう!疲れたなら休む!大事です。休みにも罪悪感だと思いますが何も考えず寝るか趣味をしてください。頑張らなきゃならないあなたが次頑張ることはこんな感じかなぁと思います。どうかあなたに何処の馬の骨とも知らない奴が幸せを祈っていること時折思い出してもらえたら嬉しいです。

  • みなさま、あたたかいコメントをありがとうございます。
    お礼が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
    お一人ずつ、気持ちを伝えたいと思います。

    davidさん。
    コメントをありがとうございました。
    そうですよね、体のことと同じで 心も鍛えて健康を保っていれば、また免疫のようなものがついていたら、ある程度乗り越えられる部分もあったのだと思います。
    何年かたったら感じ方も違う気がします。特に容貌のことに関しては、価値観が変わってくるはずですから。
    トラウマに関する記事や本を紹介してくださり、ありがとうございました。
    やはり他の方の経験や、その道の方の意見は参考になります。
    勉強します。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/