※かなりの長文です

コメント:2件 閲覧:1,844人 最終更新:1 年前 作成者:すずらん

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

悩みとは違うのかもしれませんが、気持ちの整理の為に吐き出させてください。
※かなり長文です。

私の家は私の家族(父・母・兄・私)と、父方の祖母の二世帯です。

家は父が私生活に対してなかなかに厳しく、過保護でした。
高校生時代、門限は19時。
学校が終わるのは15~16時でしたし、帰路の時間の事も考えると残された時間は決して多いとは言えず・・
周りにそんな早い子はいませんでしたし、複数人で遊んでいて私だけが先に帰る事は少なくありませんでした。
いつも十分に友人とは遊べず、出掛けられず、父親の目を気にするばかり。ストレスが溜まりました。
不満も沢山ありましたが、高校生というのは未成年ですし多感な時期。
もちろん反発する事もありましたが全然話を聞いてもらえず、どんなにうるさくても言う事を聞かなければいけないんだと諦めていました。

そうして大学受験シーズンに入り、母から「お父さんも大学生になったら緩くするって言ってたよ」という言葉に、私は「やっとこの苦しい気持ちから開放されるんだ!」と心躍らせていました。

そして四年制の大学に入学
父が厳しい事に変わりはありませんでしたが、穏やかな日々を送っていました。

ですが私が大学2年初めの頃、同居している父方の祖母が認知症になり始めました。
「あれ?」と思い初めたのは些細なことで、複数人で会話をしている時に今会話している内容とは全く違う話をし始めて会話が噛み合わなかったり、祖母の車の運転が昔に比べて荒くなり注意力が低下していると感じた事でした。

それは私の気のせいではなかったみたいで、母も同じく感じていた事のようでした。
それからしばらくして「もうこれはおかしい。車を運転させるべきではない。」という決定的な事件が起こり、「このままでは近い将来、祖母が車で人を殺めかねない。」という判断から、思い切って父にその事(最近運転が危険だ等)を話す様になりました。

ですが、父は祖母を溺愛しており「自分の母親が呆けてきている」という現実が受け入れられない、信じられない、という気持ちからか「そんな事はない。気のせいじゃないのか。」と話を聞き入れてはもらえないどころか「俺の母親を馬鹿にしているのか」と怒り出す始末でした。

更には「車の運転は頭の運動になるし、良いリハビリになるから母(祖母)の為になるべく続けさせたいんだ」と父は言っていました。
他人を危険に巻き込んでしまうかもしれない事を、リハビリとは呼べないですよね。

これでは埒があかないと思い、叔母が私宅に訪問した時に相談をし「実は私も最近様子がおかしいと思っていた」という話から、
「子供の私の話をまともに聞いてもらえない。元の家族である叔母さんからも直々に父に話をしてほしい。車の運転について話し合ってほしい。」と話を持ちかけ、そこから時間がかかりましたがやっと、しばらくして祖母に車の運転をやめさせる様になりました。
そして祖母が「アルツハイマー型の認知症」だという事が判明しました。

祖母には認知症の自覚はありませんが、
車の運転をやめさせてから徐々に認知症が進行していき、出掛けて帰ってこられるときもあれば、迷子になってしまう様にもなりました。
昼間でも夜でも不安からか家族のあちこちに電話をかけたり、お米の水加減が出来ずベチャベチャに炊いたり、自分の家族構成もわからなかったり、とにかく色んな事が目に見えて変わっていきました。
とうとう徘徊から電車に乗って帰れなくなり駅員さんに保護され、父からの連絡が私にあり
大学から急いで保護しに行ったりもしました。
そこからでしょうか。父は何かと私を頼りにしてくるようになりました。

父 会社
母 実の母である祖母の世話とパート
兄 私と同じく大学生
私 大学生

兄は同じ四年制の大学生でしたが性格的に頼りない所があるからか、あまり言われず。
私のキッパリ断ることの出来ない性格が、事を更に酷くしてしまったのだとは思います。

大学生でしかも四年制となると確かに時間もありますから、そこに目をつけたのか、
最初は些細な要求でしたが私が引き受けると共に、どうせ暇でしょ?と言わんばかりに要求が増える様になっていきました。

「今日は祖母をみれないのか。様子を見ててほしい」
「何時頃に帰ってくるのか明日は暇じゃないのか」
「叔母宅に祖母をお迎えに行ってくれ」or「送ってあげてくれ」
「祖母の買い物に付き合ってあげてほしい」
「祖母にご飯をつくってあげてほしい」

私が用事があるからと拒否をすれば、あからさまに嫌な態度や顔をしたり、不機嫌になったり
それは出来ないと言えば「どうしてこんな事もできないんだ!!俺が or お婆ちゃんが可哀想じゃないのか!!」
父と顔を合わせれば「今日はおばあちゃんと笑顔で話をしてくれたのか?」
「お婆ちゃんにおはよう言ったのか?お婆ちゃんにお休み言ったのか?お婆ちゃんに行ってきます言ったか?おかえり言ったか?etc・・・」
そんなことばかりで、父と顔を合わせることがとても苦痛になりました。
頭がおかしくなる程に笑顔で笑顔でと言われ、言われれば言われる程に祖母の前で笑顔が出せなくなりました。

こちらに要求して来るばかりで、私の意見もまともに聞いてはくれず
私が祖母の事でこうしたほうがいいんじゃないか?と祖母と皆の事を考えて言った提案さえも何故かキレ始め
「お前は金のかかることしか言わないな!!」と怒鳴りつけられました。ショックでした。
私は自分の私利私欲の為に言ったわけではないのに、こんな事さえもまともな話が出来ないのかと思いました。
何に対しても私が意見を言えば全て文句と受け取り、何かと「お前は扶養者なんだから」とねじ伏せられました。
「扶養者」という言葉に距離と冷たさを感じていました。

平日父が休みの日はもちろん父が祖母の面倒を見ていましたが、元々短気な父は思い通りにいかないとすぐに祖母に怒鳴り散らし泣かし、私や兄に慰めろと呼び出したり、ひどい八つ当たりをしたりの繰り返しでした。
理不尽な八つ当たりも、俺は良いんだよ大変なんだから。仕方ない。と開き直っていました。
祖母を怒鳴る事も同じで「俺がいつも怒っちゃうからお前等は必ず笑顔で接してくれ」と言われました。

土日には叔母(父の姉で独身)が祖母の面倒を見に来てくれていました。
当時、お付き合いしている彼氏と土日に会うことが私の最大の癒やしでしたが、
父は「土日に叔母さんが来てくれてる事を有りがたく思いなさい。大変なんだから帰りに車で叔母宅(私宅から徒歩15~20分程度)まで送ってあげなさい。」と要求する様になりました。
面倒を見に来てくれる事は確かにありがたいとは思いますが、何故私がそんな事をしなくてはいけないのか正直意味がわかりませんでした。そんな事の為に大事な彼氏との時間を早めに切り上げて帰る事がストレスでした。

色んな事を手伝っても、感謝はいつもその場限り
むしろお礼を言われれば良いほうで、何も言われないことも多々ありました。
「○○やりました」と言っても、実際に自分の目でやってる所を見ないとあまり信じない。
父は私に感謝をするどころか嫌な態度や怒ってくる事の方が圧倒的に多かったです。
要求してくる事の1割2割やらなければ、お前は何もしないなと怒鳴られ、
機嫌が悪ければ重箱の隅をつつく様に粗さがし。
自分が父の怒りのゴミ箱の様に感じました。

もともと家事の手伝いをしていないわけじゃありませんでしたが、
「お母さんが大変だと思わないのか?」と家事の要求も激しくなりました。

だんだんと友人と遊んでいても彼氏と会っていても頻繁に我慢できず愚痴を言ったり、ふとした瞬間に祖母と父の事が頭から離れなくなったり。
とにかく頭がおかしくなりそうでした。
家族なんだから、私しか出来る人がいないからやらなくちゃ。でもこんな事をして何になるんだろう。
私の貴重な大学生活、こんな思いばかりで終わるんだ。今までよりも酷いじゃないか。

あいつ○なないかな。こ○そうかな。私が○ねば辛い事わかってくれるかな。
考えてはいけないことを考えるようにもなりました。
結果的にそんな事はもちろんしませんでしたが。

現在社会人になり、流石に祖母の介護を昔みたいにしなくはなりましたが、今でも当時の事をふと思い出して
どうしようもなく辛くなります。
今でもあんな思いをした意味が見出せません。父を許すことが出来ません。(謝られてもいませんが)
メールで今も祖母のことを父から頼まれますが、
父とあまり会話をしてませんしお互い避けてるような状態です。
家庭内別居になっています。

皆さんも学生時代に介護を経験して辛い事ってありましたか?
孫が祖母の介護をする事は今では普通の事なのでしょうか?
皆さんは辛い過去を過去だとどうやって割り切っていますか?

最後質問攻めで申し訳ありません・・。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-2件目(全2件)
  • ゆきえ
    ゆきえ
    ココトモメンバー

    すずらんさーーーん!!!!!
    めっちゃ大変!それほんとに大変な境遇です。よく耐えてこられましたね。
    わたしは家庭内でこのような経験はないですが、
    親が介護の仕事をしていて、それを手伝ったりしてたので
    「似たような家庭」は観てきました。
     
    が、それを20歳前後の子に頼るという家庭はみたことないよー!!!!
    相当負担になりますよね。
    家族のことだし、面倒みてあげられない自分がわるいのかな?なんて思うことが
    もしかしたらあるのかもしれませんが、そんなことぜんぜんないよー!!!
     
    たいへん。ほんとに。
    たぶんお父さんは、受け入れられないんだろうね(>_<) 気持ちはわかるけど、、、 でもとってもとっても楽しいはずの大学時代を 「介護」のことで悩まされるなんて、 すずらんさんたいへんすぎる! てか、ほんとによくがんばってこられましたね。尊敬する。   すずらんさんのしあわせがどこにあるのか わたしにはわからないけれど、 バイトとか勉強とか部活とか、大学生活をもっとたのしみたい!というのなら むりやりやっちゃってもいいんじゃないかな。と思いますよ。   親子の血縁関係はきれるものじゃあないから いずれ「大学のとき、すずらんんいちょっと反抗期がきたよね」くらいに見てもらえると思うなぁ。

  • あさみん
    あさみん
    ココトモメンバー

    時間 は

    未来→今→過去 

    と 流れているので
    過去 は 
    あまりに 遠すぎて 
    わたし には 見えません。

1-2件目(全2件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆