すべては自分のせいか・・・

コメント:5件 閲覧:2,077人 最終更新:4 ヶ月、 3 週間前 作成者:maya22

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

自分なりに頑張って生きてきたけど、病気になるとダメですね。
負の出来事すべての原因が病気のような気がします。

仕事も生活もすべてがうまくいきません。
誰のせいなのかと考えると、けっきょくは自分が病気になって仕事を辞めてしまったのが原因なのではと思います。
夫が多額の借金をしたのも、私が働けなくなったからなのかもしれません。
収入を得ないと生活していけないのに働きにいけません。
いや、働きにいきたくないのか・・・

病気で体力が落ち、自転車移動ができなくなりました。
筋力が足りなくてペダルをまともにこげません。
だから働く場所を探すにも歩いて移動できる範囲しか行けません。
すると最低賃金の飲食かコンビニしかありません。

耳管開放症でもあります。
症状が出ると会話が思うようにできません。
なので接客業は避けているのですが、ちょっとだけカフェでのバイトをやってみたことがあります。
が、5時間休憩なしの立ち仕事で、ストレスもあり、問題なかった右耳にも症状が出そうになり、恐怖で辞めました。

こんな私は怠け者なのでしょうか?
つらくても生活の為に働くのが常識なのでしょうか?
以前、正社員で働いていたときはつらくても働き続けて、けっきょく病気になりました。
自分の限界がどこなのかわからないのです。
限界の基準て何ですか?

そんなこともあって今は働いていません。
夫の小さい会社の実務を在宅でやっていますが、なかなか収入につながりません。

病気になると、やはり社会から排除されますね。
難病患者として認定されるほどの症状ではない中途半端な状態で、見た目には健康人です。
他人からはただ怠けてる人に見えるでしょう。

生きるって何でしょうね?
どこかの国からミサイルが飛んできて当たって死んじゃえばいいのにと思います。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-5件目(全5件)
  • 匿名

    私は難病患者です。
    死に向かう病気で治療法がないため、この命も数年もたないでっしょう。
    当然のごとく仕事を辞めました。
    それでも、診断後1年ちょっと働いていたんですけどね。
    そんな私の状況に照らしてmaya22さんがどうだとか言うつもりは毛頭ありません。
    整理して考えるお手伝いができればと思いました。
    まず、今の課題は、病気派の対処かと思います。
    病気が治れば事態も好転するかも知れませんし、治るのが難しい病気なら、場合によっては難病認定を受けて社会保障を受けられるかもしれません。
    それと、借金の存在です。
    こんな金利の低い時代に高い金利を払うのは良くないことです。
    最低限、家計を見直し支出を抑えたほうが良いと思います。
    ちなみに、私は、災害や犯罪に合うのが怖いです。
    なぜなら、寝たきりで動けないからです。

  • maya22

    campos様

    コメントありがとうございます。
    campos様は寝たきりなのですね。
    私よりも苦労していらっしゃる。
    私の悩みなんて小さなものですね。

    でも納得がいかないのです。
    夫の多額の借金ですが、私に何も言わずに勝手に作った借金です。
    ですが本人は、生活のため、私のためにした借金だという認識だと思います。

    また、借金を返すために稼がなければならず、知らない間に犯罪までしておりました。
    私は何も悪いことをしていないのに理不尽は私に降りかかってきます。
    しかし夫にとっては、私のためにやった、という認識です。

    私が原因なのでしょうか?
    私が悪いのでしょうか?

    私が病気にならず働き続けていれば、夫は借金も作らず犯罪に手を染めることもなかったかもしれません。

    私の病気はQOLがよろしくない程度なので、家にいるぶんには普通に過ごせます。
    だから病気で非常に困っているという感じではありませんが、夫からそんなこと言われても私にはどうしようもできないという感じです。

    ただ夫は弱い人で、私のせいにしておかないと「俺はクソヤローだ!俺は死ぬー!」となりひどく落ち込みます。
    つまりは私に矛先が向いてるんですよね。
    とても幼いのです。

    うまく気持ちが言葉にできなくてスミマセン。
    私が間違っているのでしょうか?
    私が常識だと思っていることも夫にとっては愚かであることがあるようで、当たり前のことを言ったつもりが怒られることもあります。
    おそらく夫はアスペルガーです。
    社会ルールや一般的な価値観とはズレた感覚を持っています。
    会話をしていると何が正しいのか間違っているのかわからなくなってきます。

    こちらが少しでも感情を出すと2倍3倍になって返ってくるので、喜怒哀楽すべてを抑えてる毎日。
    最近の私は無表情になってきた気がします。

    うまく説明できずスミマセン。

  • 匿名

    返信ありがとうございました。
    で、拝読して愕然としました。
    maya22さんの病気は根本的な問題ではないように思います。
    maya22さんが悪いかどうか私にはわかりませんが、少なくともお一人の問題ではない気がします。
    妻に養ってもらっている立場で何ですが、もし私が健康で働き続けられて、妻が病気で仕事を辞めたら…少なくとも、家計が苦しいことを妻のせいにはしないと思います。
    世代が違うかもしれませんが、ソレが昭和の男の甲斐性です。
    さて、一番何とかしなければならないのは、maya22さん個人の生活を立て直すことだと思います。
    そのためには、自治体などの相談窓口を利用するのも良いかもしれませんね。
    場合によっては弁護士さんなどの力がいるかもしれません。
    経済的なことでは、例えば、実家の援助を頼る、酒・タバコなどのし好品を止める、などが考えられます。
    どうしても立ち行かなくなったら、自己破産や生活保護も検討すべきと思います。
    最後にご主人のことですが、アスペルガー症候群ならきちんと病院に行った方が良いと思います。
    あと、先行きのことをお考えになっても良いかと思います。
    それと…罪は償うべきと思います。
    スミマセン、問題があまりに多くて…。
    maya22さん、どうか自分を大切に。

  • maya22

    コメントありがとうございます。
    借金についてはすでに弁護士さんにお願いして任意整理済みです。
    が、正直なところ返していけるか全く自信はありません。
    夫はいま派遣で働いておりますが、任意整理で月の返済額が減ったとはいえ、返済はかなり厳しい状況です。
    これが何年も続くのかと思うと憂鬱です。
    病気が分かる直前に購入したマイホームは先祖代々からの土地に建てたものなので、手放すことは難しいです。
    夫が自己破産するとなると資産として手放さないといけなくなるため、それもできません。

    夫は罪を償って出てきております。
    身内がこのような事態になるとこんなにも心身が消耗するのかと身をもって知りました。

    アスペルガーは、本人にとって病院に行くのも勇気がいることのようで拒否されています。
    仮にアスペルガーと診断された場合、それは絶対治らないものであり、「あなたの頭はおかしい」と医師から断定されるも同然なので、絶望するようです。
    それを夫が乗り越えられるとも思えないので、強くは勧めていません。

    なるほど、私は問題がたくさんあるのですね。
    自分が犠牲になることにはならないよう、よく考えようと思います。

  • 匿名

    返信ありがとうございました。
    そうなんですね、罪も償われて、弁護士も入られている。
    ちゃんとやられているんですね。
    四方の専門家が関わっているのなら、私がとやかく言うものではありません。
    失礼しました。
    maya22さんは良くやられていると思います。
    あと、ご主人の病気ですが、やはり病院の受診をおすすめします。
    一つの意見として聞いてくださいね。
    病気がはっきりするのが怖いようですが、もしアスペルガーだとわかっても。それで死ぬわけではないですし。
    それに、病気じゃないこともあるし…もしそうなら喜ばしいではないですか。
    それに、もし病気だったら、説明もつきやすいし、専門家のアドバイスも聞けると思います。
    アスペルガーはいろいろな出方があると思いますので、その人ごとの接し方があると思います。
    そんな時に専門家のアドバイスがあればと思います。

1-5件目(全5件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆