どうしたらいいでしょうか?

コメント:1件 閲覧:790人 最終更新:1 年、 2 ヶ月前 作成者:せばすちゃん

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

私は中3です。長文です。すいません。
今から2年前、同い年の男の子に告白しました。
返事は「別にいいよ。」はっきりとしない返事でしたが、その時はとてもうれしかったんです。
告白したのは小6のときで、その時卒業もわずかだったせいか、告白をする女の子がたくさんいたんです。
私はその勢いに押されて、友達の押しもあって私の告白は公開処刑のような形になりました。
そのせいもあってか、私達が付き合っているということはだれもがしっていることになりました。

☆もう少し長くなりますが、お付き合いお願いします。

進学して、同じ中学に進みました。クラスが分かれ、あまり話さなくなりました。もともとケータイを持っていなかったので、連絡もとれませんでした。
せめて学校でとおもったのですが、向こうは私をさけているようでした。恥ずかしい。彼はそう言いました。

私はしばらくして、ケータイを買ってもらいました。
彼のアドレスを入れて、これからよろしくね!
とメールしました。彼からもよろしく!
と返信がきました。とても嬉しかったです。
それから私と彼は名前で呼び合うようになりました。

しばらくして、彼のメールの語尾に大量のハートマークがついてくるようになったんです。
最初はとても嬉しかったのですが、毎日次第に増えていってなんだかきもちわるくなったんです。
さすがにやめてもらいましたが、そのあと、これから話す本題につながる大事件がおきたんです。

私と彼が付き合い始めてから1年がたって、私と彼にはほとんど進展がありませんでした。私は彼と、どこかに行きたいと思いました。水族館に行くことにしました。
彼はあまり乗り気ではなかったのですが、渋々といった感じでした。
自転車で駅に行って、バスでいくことにしたんですが、
彼はキョロキョロと周りを気にしていました。
先輩がいるから知り合いがいるからというのです。
私は彼を気遣って、他人のふりをしながら、駅まで行きました。パッとふりむくと、彼はいませんでした。
電話をすると、「お前今どこいんだよ⁉︎」とキレ気味にでんわがかかってきたんです。
えっ?とおもいました。
しばらくたって、彼から「ごめん。ばあちゃん帰ってきたからうちに帰らなきゃいけない。帰るわ。」とメールがきました。2人分のお昼まで作っていた私はさすがに頭にきました。このメール全てうそだったんです。
彼は謝りもしませんでした。

さすがに我慢できなくなった私は彼と別れることにしました。でも彼は、いやだ。別れたくないよ。
私はどうしても別れたかったのか、あなたが私のこと好きだったのかよくわからないなどとひどいことを言ってしまいました。
結局彼とはわかれたのですが、その後喋ってません。
あれから2年がたって、彼と同じクラスになりました。正直気まずいです。
友達からきいたのですが、2年がたったのに、彼は私のことを見ているというのです。
本当かな?とおもい、彼を見ると、目が合ってしまいました。これはどうしたらいいでしょうか?
それと、ひどいことを言ってしまったことも謝りたいのですが、これもどうしたらいいでしょうか?
お願いします。助けてください。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

replies 1 (of 1 total)
  • こもも

    何も気にする事はありませんよ。
    彼があなたの事を見ていようが、あなたが気にしなければ良い事です。
    気まずいと思うから気まずいだけのこと。
    酷い事を言ったと気にしているようですが、あなたも彼に酷い事を言われたのですから
    お互い様なので気にする事もありません。
    あなたがただ気にしすぎているだけのこと。
    彼のことを気にしたいのなら別ですが、お話の内容を拝見する限り気にする必要性が
    見当たりません。
    それでも謝りたいならあなたが普通に接して、『あの時はごめんね!』と
    明るく謝れば良いのです。
    それができないならいちいち気にする事をやめましょう。
    あなたの時間が勿体無いですよ。

replies 1 (of 1 total)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆