人間は醜い生き物

コメント:4件 閲覧:2,991人 最終更新:6 ヶ月、 3 週間前 作成者:craft21

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

少し前から私は人間は醜い生き物だと思っています。
いざとなったら助けてくれない。
悩んでて「話して」って言うのは、自分が情報を得たいから。
本当に心配してくれる人なんてほぼいないと思う。
友達の中にもほぼいないと思う。
自分を犠牲にしてまでは、絶対に助けない。
他人を蹴落としてまで助かろう、這い上がろうとするのが人間なのだと思う。
自分でもそろそろ精神的にヤバイかなと思っています。
どうすればいいですか

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-4件目(全4件)
  • gamhpd9l

    今まで、君がどの様な人間と関わって生きてきたかは分からないけどそれだけで判断するのはどうかと思うよ。

    確かに、人間の中には利益を優先する人も居るけど助けてくれる人も居るよ。

    虐めとか虐待とか辛い経験をすれば人間不信に陥って狭い視野で周りを見られなくなるけど
    もったいない。

    craft21がこれから生きてく上で味方が現れたとしても現在の認識だとその人の優しさに気付けずに受け取れないよ。

    後、一番手っ取り早いのは自分の意識を変える事かな。
    人を変える事は、難しいけど自分を変えるのは簡単。

    ほら、類は友を呼ぶとか引き寄せの法則とか言うじゃん?
    今まで、craft21 の周りに裏切る人間しか居なかったのは君が自分や人を疑い続けたからそういう人しか寄って来なかった。
    そういう人間を引き寄せたのは、craft21 自身だから自己責任。

    後は、誰かに助けを求めるのは大切な事だけど人に求めてばかり居ないで自分が人に何かを与えられる
    人間になりな。

    人間関係は、一歩通行ではなく相互で成り立つから。

    これから、理解者が欲しかったら自分が人を信頼するようにして一人でも楽しむ力を身に着ける事かな。

    趣味とか、人生を楽しんでいる人は輝いているから自然に人が寄ってくるよ。

    最後に、忘れてはいけないのはこれから、人に裏切られる事があるだろう。
    その際に、そういう人を引き寄せて相手の本性を見抜けなかった自己責任。
    決して、誰かのせいにしてはいけない。

    もう一つは、人と喧嘩時や裏切れた際に全部相手が悪いとって事はあまりない。
    craft21 にも問題があると思うからそこを反省して次に繋げな。

    文句を言っている暇があったら失敗しながら多くの人と関わって学んだ方が前進するよ。

    頑張れ。

    以上。

  • 風草
    風草

    craft21さん、こんばんは。お話を拝見いたしました。

     

    >いざとなったら助けてくれない。

     

    この言葉を、しっかりと見て下さい。私も過去にcraft21さんと同じことを考えていました。しかし「助けてくれない」というのは「他人任せ」の言葉です。自分自身の中にある「自分が助かりたい」という気持ちを「他人に放り投げてしまっている」考え方なのです。ハッキリ言えば自分が助かりたいがゆえに「相手を利用しようとする」考え方です。

     

    craft21さん、あなたの言葉をお借りすれば「他人を蹴落としてまで助かろう、這い上がろうとするのが人間なのだと思う。」という考え方そのものです。過去の私もそうでしたが、今のあなたも「同じこと」を考えていることに気付いてください。このような考え方を自分がしていることに「気付くこと」が、今の苦しみから抜け出すきっかけになるのですよ。

     

    上記の田中さんのお話「類は友を呼ぶとか引き寄せの法則」にありますように、自分が「相手を利用してやろう」と思えば、自分と同じ考え方の人が寄ってきます。しかし、時には「違う考え方」をしている人が、自分の傍に現れることがあります。

     

    craft21さんの考えている「自分が幸せになる為に、アイツを蹴落として幸せになってやる」という考えの人は、この世には必ずいます。しかし、その反対に「自分と相手の幸せを、一緒に考える人」も、この世には必ずいるのです。

     

    そして、craft21さん。あなたは前者の「人を陥れ、自分だけ助かろうとする人」の考え方に偏ってしまっているのです。だからこそ、後者の「自分と相手の幸せを考えている人」が目の前に現れても、見極めることができないことで、人間をひとまとめに「醜い生き物」と見てしまっているのではないでしょうか。

     

    >自分でもそろそろ精神的にヤバイかなと思っています。

     

    craft21さん、私はあなたが、この考え方で踏みとどまってくれたことを嬉しく思います。「人間は醜い生き物」といった極端な考え方をするのは、確かに「ヤバイ」考え方です。

     

    craft21さんも気付いているからこそ、この言葉が出てきたかと思いますが、この考え方を自分自身の中に定着させてしまえば、この先の人生は「生き地獄」です。悲しみ、苦しみ、怒り、憎しみ、恨みなどの感情だけを抱えて生きていくことになり、自分も他人も信用できなくなってしまいます。

     

    「自分とあなたの幸せを両方願う人」が、たとえ目の前に現れても、あなたはその手を払い除けて、ドロドロした感情のみを背負って生きていく「生き地獄」を、死ぬまで味わうことになるのです。

     

    ちょっと怖いお話をしてしまいましたが、これは脅しではありません。そのままの考え方で、この先を生きれば必ず後悔します。その考え方を改めるのは、今がチャンスです。精神的にヤバくなるような考え方というのは「craft21さん自身の考え方に合っていない」からです。本当の気持ちとは反対の事を考えていることで、心が拒否反応を起こしているのです。安心してください、あなたは心の底から「人間は醜い」なんて考えていませんよ。

     

    私は、craft21さんは「人間が好き」な方だとお見受けしました。しかし、自分の感情をコントロールができないことから、人とのコミュニケーションによって「息苦しさ」感じてしまったことから「人間は醜い生き物」という、極端な考え方をしてしまうようになった「だけ」のような気がしてならないのです。

     

    人は「醜い生き物」のではなく「弱い生き物」なのです。人は、必ず何に支えられて生きています。この体も、心も、支えがなくなれ、生きていけなくなってしまうぐらい「弱く儚い生き物」なのです。そんな弱い生き物だからこそ「お互いを支え合える関係を築くこと」が「生きるうえでとても大切」になるのです。

     

    craft21さんにとって、とても大切なことは「他人に一方的に支えてもらおう」という考え方を捨てて「さまざまな人と支え合える関係を作る」ことです。支え合える関係を作るためには、まず「自分の心を向き合う」ことが、とても大切です。自分が、どうして「他人に一方的に支えてもらおう」という考え方に至ったのかを、ゆっくりと考えてみてください。

     

    人間は「醜い生き物」というヤバイ考え方は、思い切って捨ててしまいましょう。そんな「色眼鏡」で人を見てしまえば、怒りや憎しみの感情しか出てきません。自分の心を、より深く傷付けるだけですよ。

     

    また何か、お話したいお気持ちが湧いたときは、こちらで心の内を聞かせてくださいね。

  • tanpopo

    精神状態がヤバイ時に、もし貴方に助けを求めてきた人が来たら…。
    親身に悩みを聞いて一緒に悲しんであげて、適切なアドバイスをして、寝る間も惜しんで自分を犠牲にしてでも助けることができますか?
    たぶん出来ませんよね?
    私が助けてほしい側だよ、と思うでしょう?
    人とはそういうものです。自分を犠牲にしてまで出来ることは無いです。
    それは人との関わりを諦めろということではなく、そういうものなんだと知ることです。
    貴方の悩みを聞いて親身になれないのは、その相手も苦しんでいることがあるから。
    貴方に手を差し伸べてくれないのは、その相手も手一杯だから。
    それを知ることが出来れば、貴方の気持ちも変化すると思います。

  • 匿名

    craft21様はじめまして。
    Yocoと申します。

    craft21様の考えほんの少しだけわかる気がします。
    私の場合根底が違うので全く同じではないですが…

    私は人間も動物なので、弱肉強食の世であると思います。
    他の動物と違うところは理性ですね。
    理性があるので、同族同士の殺生は『大変少ない』という点かと。
    最近平気で殺人事件があるので最早本能で動く獣かと思う事もありますが。

    私の言う弱肉強食は殺生の強さではなく、『心』の強さです。
    人間社会『心が強い人が勝つ』のではないでしょうか。

    心が強い人って人の意見に左右されず、『自分』を持ってます。
    なのでまず『人に頼ること』が少ない。
    自分で道を切り開いちゃうんですよ、心強者って。
    でも彼らは常に強者ではない。
    弱くなったら…
    『今自分が弱っている』という事実を受け止め、一度自分が弱者であるという事を受け入れます。
    この段階でも彼らは自分を受け止める強い心を持っているので、まだ強者だと思いますが(^^;)

    人は生まれてから死ぬまで絶対誰しも独りなのです。
    友達や家族はあくまでサポーター。

    他人に自分の人生委ねちゃだめだと私は思います。
    助けて貰うというのは人に自分の人生を委ねること。

    自分を助けるのは自分。
    他者の意見は参考資料。

    が私の哲学ですね。

    craft21様のこのお悩みは一種の哲学だと思いますよ。
    私はとても興味深く思います。

    craft21様のご意見が私の見聞を広めて下さいました。
    craft21様から見て、私の哲学から1つでも考えることありましたか?

    他者とのあり方とは見聞の広め合いと私は考えます。

    助けるとは違いますが、結局やってることは一緒かなーと。

    如何でしょう?

1-4件目(全4件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆