人間関係について

コメント:6件 閲覧:2,141人 最終更新:2 ヶ月、 3 週間前 作成者:yuzuo

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

初めての利用です。yuzu(柚)といいます。
今までずっと耐えてきましたが、もう我慢出来そうにないのでここに投稿させて頂きます。

私は小学5年生から6年生の間にいじめ(5年生の時はクラスでしたが6年生の時は学年でいじめられました)を受け、受験した中学校でも同じ小学校出身の人がいてまたいじめられ、半年程不登校になった後、別の中学校へ転校しました。転校先ではいじめはありませんでしたが、積極的にクラスの人と話せず孤立しがちでした(仲の良い友人は2、3人出来ましたが、今では1年に1度会うか会わないかの仲です)。

そのせいか、私は独りになるのがとても怖いのです。いじめられた事もあって独りには慣れているといえばそうなのですが、やはり怖いです。また、元々の性格なのか、私はとても嫉妬深くて寂しがり屋です。それに、自分から話しかけるのは何度も深呼吸して気持ちを落ち着けてからでないと無理なんです。正直しんどいです。

私には、2、3年程前からツイッターで仲良くしている友人がいます。彼女とは出会った当初はとても仲が良く、お互いに悩み等を吐き出せる少し深い仲でもありました。
彼女は地方に住んでいて、去年の春頃に上京してきたんですが、勤め先が所謂ブラックで鬱寸前にまでなってしまいました。私も高校の頃に鬱の経験があったので力になりたいと思い、心療内科に行くよう勧めてみたり、勤め先を辞めて地元で働けばと提案してみたり、直接会いに行ったりもしました。
4月から約2ヶ月間、休みの日以外は毎晩のように彼女から「しんどい」「辛い」等の話を聞かされ続け、初めの内は「今日もよく頑張ったね」等の言葉をかけていたのですが、段々私も疲れて落ち込んできてしまって、毎日夜が来るのが嫌で憂鬱でした。
友人は結局勤め先を辞め、地元に戻る事になりましたが、彼女が地元に戻る少し前に喧嘩をしてしまい、彼女から「ただ話を聞いて欲しかっただけだった」と言われてしまい、自分がした事は余計な事だったのか、彼女を余計追い詰めていただけだったのかと落ち込みました。

けれど、私にとって彼女は初めて出来た少し深い仲の友人。離れたくはありません。もしかしたら、依存してしまっているのかもしれません。彼女がツイッターで他のフォロワーさんとまるで恋人同士のようにとても仲良さげにしているのを見ると、胸がとても苦しくなって、酷い時は涙も出てきます。最近まではその相手は自分だったのに、と嫉妬して、でも彼女の相手は私よりもいい人ばかりです。私なんかが敵う訳がありません。

私はツイッターでも色々あり、今はほとんど孤立している状態です。最近はまた彼女と喧嘩してしまい、ぎくしゃくしながらも手紙を出し、以前のような仲に戻れるようにこういう事しようね、とお互いに約束をしました。そのすると約束した事を私は実行しているのに、彼女の方は他のフォロワーさんと仲良くするのに忙しいようで、全く実行してくれません。

今までは彼女が私と会話してくれるのならと我慢していましたが、そろそろ爆発してしまいそうです。というか少しだけ爆発して、先程また喧嘩してしまいました。今日は私の誕生日だったのに、私がまた余計な事を言ってしまったせいで…。

なんだかもう疲れてしまいましたが、彼女とこのままぎくしゃくしつつ付き合っていくのか、もう離れてしまった方がいいのか…。私は出来れば離れたくはないのですが、彼女に私の事をどう思っているか聞いても答えてくれなくて、正直どうすればいいのか分かりません。私の性格、私が無理な事、全て話してあるのですが、彼女は唯「自分から話しかけてこい」と言うばかりで…私は消極的な性格を改善しようと努力しているけれど、正直しんどいです。

私は、これからどうしたらいいんでしょうか。どうするべきなんでしょうか…。
彼女と離れたら、また独りぼっちになってしまう。怖いです…。

長文失礼致しました。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-6件目(全6件)
  • おっくん
    おっくん
    ココトモメンバー

    おっくんです。
    確かに、友達に依存されていますね。
    (ちょっと厳しい言い方になるので、ごめんなさい)友人へアドバイスをしてるのも、本当はその友人を放したくないから必死に励ましていた・・・ということなのかもしれません。
    人のためではなく、自分のために。
    でも、それは仕方がないことです。
    だって、人って弱いものです。
    最近、テレビを見ていると、努力している人や頑張っている人をやたらと取り上げることが多いと思います。
    それは、多くの人が”弱い”から、自分を励ましたり、勇気をもらうきっかけしてしているのだと思います。
    yuzuoさんの件は、それと同じのような気がします。
    人に依存しない方法は、人に期待しないことです。
    「こうしたから、こう返してほしい、こう思ってほしい」と思わないことです。
    僕も人に依存していましたが、期待をなくすことで少しずつ解消できました。
    別の言い方をすると、自立することだと思います。
    でも、人は弱いもの。
    近くに心の支えがほしいものです。
    ご家族との仲はどうですか。
    仲が良ければ、家族との触れ合いを強めてみるのも良いと思います。
    ※人に依存しないという意味では、矛盾してしまいますが、新の意味で人は一人にはなれないので、心の支えとして必要なことだと思います。
    まずは、弱い自分を受け入れ、愛してみてください。
    弱いことは、悪いことではありません。
    無理に強くなることもありません。
    ”強い”人だって弱いところもたくさんあります。

  • yuzuo

    おっくんさん、コメントありがとうございます。

    人に期待しないこと、ですか。
    彼女に、出会った当初「yuzuoがいないとだめ」だと言われた事もあり、そのせいで余計彼女に依存してしまっているのかもしれません。もう彼女には私は必要ないのか…、と最近思うようになり、諦めている部分もあります。昨日からしている喧嘩で良い方向に転ぶか悪い方向に転ぶかは分かりませんが、彼女に期待するのは少しずつやめていこうと思います。期待するだけ疲れちゃいますもんね。

    家族との仲は正直複雑です。
    というのも、母との仲は良い方ですが、父と一人いる兄とは…表面上は良くても心の中では、といった感じです。両親の仲もそうです。父は所謂瞬間湯沸かし器で、自分が絶対的に正しいと思っているような人間で、兄は発達障害者です。私は障害者を差別するような人は嫌いだし、身近で見てきたので大変さは分かっているつもりですが、嫌になる時があります。今は実家暮らしなのですが、正直時々「一人暮らししたい」と思ってしまいます。

    私は母が父との関係に疲れてきている事を知っているので、唯でさえそっちで大変なのに私の事まで背負わせる訳にはいかない…と思えてしまいます。

  • おっくん
    おっくん
    ココトモメンバー

    おっくんです。
    今のyuzuoさんなら、一人暮らしはお勧めしません。
    依存心って、寂しいと大きくなりますから。
    人と触れ合える環境を作るのが一番だと思います。
    もう一つ、「◯◯だから」と決めつけず、気持ちを柔らかくしてみてはどうでしょうか。
    寛容性というのでしょうか。
    過度に期待しなければ、徐々に寛容さも生まれてくると思います。
    お母様とお兄様という愛すべき一人暮らしたちがいることは幸せなことだと思います。
    何事も悪い面だけではないと思いますよ。

  • yuzuo

    お返事ありがとうございます。

    結局、彼女とは先程喧嘩別れしてしまいました…。
    でも、それで良かったのかもしれません。最近の彼女は私と一緒にいて不快な思いばかりしていたようですし、私は私で、もう彼女とは続かないかもしれない、と覚悟はしていましたから。

    でも、やっぱり涙が止まりません。なんだか疲れてしまい、食事が喉を通ってくれません。
    人と触れ合える新しい環境を作って、人に期待しないよう心掛けながら、立ち直れればいいのですが…。

  • おっくん
    おっくん
    ココトモメンバー

    この経験は、必ずプラスになると思います。
    悲しみは、時間が癒してくれます。
    だから、今は余り考え込まず、ゆっくり休んで下さいね。
    自分の弱さを知ったことは、良いことです。
    そして、その弱さを否定せず、受け入れてあげて下さい。

  • yuzuo

    はい、ありがとうございます。
    ゆっくり休んで、自分の弱さと向き合ってみたいと思います。

1-6件目(全6件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆