newhiro

優しさってなんでしょう?

コメント:2件 閲覧:1,625人 最終更新:4 ヶ月前 作成者:newhiro

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

自分は今まで自分が優しくされたければ自分が人に優しくしてあげればいつか自分に返ってくると思っていました。でも何も返ってきません。それどころか裏切られてばかりです。もう優しくするのがばかばかしくなりました。これって絶望ってやつですかねぇ?

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-2件目(全2件)
  • yuhchin
    yuhchin
    ココトモメンバー

    おはようございます。yuhchinと言います。

    優しさって難しいですよね><僕も人からはよく優しいね とか言われたりします。でも、それを仇で返されたりすることも度々あり
    人に優しくすることは、損をすることだと思っていました。

    けれど、優しさというのは見返りを求めてはいけないんだなあと思うようになりました。見返りを求めるような優しさならば、最初からしないほうがいいと思います。

    でも、これは絶望ではないと思います。接し方を色々と試してみてください。優しさだけでなく、理不尽だと感じればしっかりと意見を言うようにしたら
    もっとメリハリの効いた優しさになると思います!

  • TARA
    TARA

    はじめまして。TARAと申します。

    私事ですが、優しさのつもりで電車で席を譲ったときにお礼を言われず、ムッとしてしまった経験があります。それは心のどこかでお礼を言われることを見返りとして期待していたからだと今ならわかります。
    見返りを求める気持ちは期待に変わり、期待が満たされないとき裏切られたという気持ちになります。
    わかっていても、見返りを求めない優しさってなかなか難しいですよね。
    私は、見返りを求めない優しさ(=愛)は、何かを失ったり、傷ついたりした時に、痛みや苦しみを通して学べるものだと思っています。
    病気を経験した人は、健康の有り難さを知っていて、飢えを経験した人は、一膳のご飯の美味しさを知っていて、孤独を経験した人は、絆の大切さを知っていて、足を無くした人は、歩けることの素晴らしさを知っていて、絶望を経験した人は、希望のありがたみをよく知っています。
    自分が苦しい思いをしたからこそ、自分以外の人にそんな苦しい思いはさせたくない。優しさとはそういうものかなと思います。
    何か1つや2つでも十分だと思います。自分が知っている苦しみや痛みを優しさに変えてみましょう。もし、今そう思えなくても、人は年を重ねる中でいつかは親を無くし、健康を無くし、あらゆるものを失いながら大切なことを学んでいきます。

1-2件目(全2件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆