彼が毎日ある女性とLINEすることについて

コメント:7件 閲覧:824人 最終更新:9 ヶ月、 1 週前 作成者:Mizuki.N

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

今私は彼と付き合って1年足らずです。
彼には私と付き合う前、いい感じになっていた女性がいました。私と付き合ってしばらくしてからは、彼はその女性と連絡を取るのを辞めていたのですが、最近またその女性とLINEで連絡を毎日取っているようです。
それを知った時、私はどうしても嫉妬で我慢出来なくなり彼に連絡を取るのをやめて欲しいと言ったのですがやめてくれず、喧嘩になってしまいました。
その後もずっと彼はその女性とLINEを毎日しています。彼が私への連絡よりその女性との連絡を優先しているように感じるのでせめて私とLINEしている時はその女性とLINEしないで欲しいとお願いしたのですが、それも叶いませんでした。
私のLINEへの既読が遅いのは男友達とLINEをしているからだと彼は言いますが、嘘でした。その女性と会うことがあり、そのときちらっとLINE画面が見えたのですが、彼とのLINEのあとがバッチリ残ってました。
彼は私のことを好きだと言いますが、本当でしょうか。
私が何度も嫌だと言ったことを受け止めてくれず、嘘までついてその女性とのLINEをするというのはどういう心情なのでしょうか。
彼は、私を失ってまでもその女性との関係を守りたい、つまりその女性のことを好きなのでしょうか。
1ヶ月ほどずっと悩んでいます。
彼に変わってもらうことは出来るのか、それとも私の心構えを変えなければいけないのか。
もうどうすればいいか分かりません。アドバイスお願いします。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-7件目(全7件)
  • 紅蘭
    紅蘭
    ココトモメンバー

    はじめまして。紅蘭です
    トピック読みました。
    彼氏さんに毎日LINEしてくれてありがとうなど感謝の言葉を伝えてみるのはいかがでしょう?

  • 匿名

    心理的リアクタンス。
    人は選択の自由を奪われると感じると、無条件でそれに抵抗しようとする。

    あなたが彼から何かを奪おうとすればするほど、彼は意固地になる。
    水に片栗粉を溶かした経験はある?
    ダイラタンシーというらしいけど、それをギュッと握ると固くなるんだけど。
    力を緩めるとするすると流れていく現象。

    もし仮に彼氏がその女性へ好意を寄せ始めているんだとしたら。
    あなたはそれを無理やり取り上げようとするのではなく、「そっちへ行っても良いけど、損をするよ」ということを。
    暗に示してあげるほうが効果的なんじゃないかな。

  • Mizuki.N

    コメントありがとうございます。

    確かに感謝の気持ちを忘れていたかも知れません。
    毎日LINEがある事を当たり前に思って要求が大きくなっていたのですかね。
    感謝の気持ちを伝えてみたいと思います。

  • 紅蘭
    紅蘭
    ココトモメンバー

    コメント読みました。紅蘭です。
    彼氏さんに感謝の気持ちが伝わって良いことがあるように祈っています

  • Mizuki.N

    コメントありがとうございます。

    押しすぎはダメなんですね。
    彼がその女性に好意を抱いていてもそれを制限すればするほど離れて行っちゃうと。
    一旦彼の行動に一々過敏に反応するのを我慢してみます。

    押すんじゃなくてたまには引いてみるくらいの心の余裕が持てるように頑張ってみます。

  • 紅蘭
    紅蘭
    ココトモメンバー

    想いが伝わるように祈っています
    お2人に良いことがありますように☆
    話したいことがある時はいつでもコメント入れてくださいね

  • Mizuki.N

    ありがとうございます。
    また相談したいことがある時にはよろしくお願いします

1-7件目(全7件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆