彼への不満。怒るべき?飲み込むべき?イライラしないためには、どう考えたらいいの。

コメント:1件 閲覧:83人 最終更新:2 ヶ月、 1 週前 作成者:tomoto

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

交際中の彼に逐一いらいらしてしまいます。
彼とは3年付き合っており、内1年半は同棲生活です。
彼のことは好きだし、今後も一緒にいたいと考えているのですが、どうしてもイライラしてしまいます。

私にも非はあるのだと思います。
けれどイライラしている頭で考えてもでてくるのは、彼への苛立ちだけ。
客観的に見て、私の治すべき関わり方を教えてほしいです。

ある日、食事処に行くことになりました。

彼はお休みの日、私は仕事。17時には帰宅することを伝えて仕事へ。
16:45、家に帰ると彼はベッドでスマホを操作。
1日寝て過ごしたらしき彼にいつ出発するか尋ね、17:15に出発しようと彼が決める。
17時、まだベッドでスマホを操作。
15分に出発するよと何度か声をかけ、結局彼の準備が整い出発できたのは17:30。
自分で時間を決めたくせに待たせるなんて、とイライラ。

出発したらしたで、買うものがあるとか。
今日一日休んでいた人の発言とは思えずイライラ。

途中の買い物に付き合い、食事処まで徒歩40分。
歩くのは嫌いではないので、そこはいい。
しかし割と距離あるね、腹減った、まだまだか、等の何度も不満をもらす彼の発言にイライラ。

食事処に到着し、お食事もおいしい。
ただ、おいしい食事を前にすると何も考えず、食べたいものを食べる彼の癖が発動。
お店の人にもお腹の調子を気遣われるほど、たくさん注文し、たくさん食べ、お会計。
1万6千円。
トイレに行く途中にお会計をしようとしたらしい彼。
しかし手持ちがたりなかったとのこと。
自分の手持ちを知らずにあんなに食べていたのかとイライラ。

私も彼の5分の1は確実に食べていたので、もちろん支払う。
5千円を手渡す。
お会計5千円でいいから。
私そんなに食べてないんだけど、って思いイライラ。

帰宅時。また徒歩40分。
電車で帰る?それとも歩く?の問いかけに歩くと答えた彼。
しかし途中疲れたのかずりずり足をすらせる音や、だるそうに歩く彼。
行きと違う道を通ったため、道が分からずようやく知っている道に着いたときには、まだここか、もっと家の近くだと思ったと不満をもらす彼。
そんなに不満なら電車で帰るといえば良かったのにとイライラ。

家の近くにくると、コンビニ寄ってお金を下ろしたいという彼。
さっきまで不満タラタラだったのにわけがわからず、それに明日降ろせばいいものを、と思いイライラ。

私はイライラしたときすぐに怒りを伝えられません。
よって、私はただただ不機嫌になるのです。嫌なやつだと思います。
彼のことは大好きなので、今後も一緒にいたいです。
ただイライラすることが多すぎます。
上記たったの4時間の出来事です。
どうしたらいいですか。アドバイスいただきたいです。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

replies 1 (of 1 total)
  • なお
    なお
    ココトモメンバー

    こんばんは。
    「イライラした時に怒りを伝えられません。よって不機嫌になります。嫌なやつだと思います」と自分で言っていますよね。
    あなた自身が「好きな人に怒りを伝えたら嫌われる、だから我慢して良い子でいなくちゃ」と思っているから、
    「好きな人にテキトーなとこや愚痴言うとこ見せても別にヘーキ」と思って自由に振る舞う彼に、「私のこと好きならなんで良い子でいてくれないの!?私のこともっとていねいに扱って!」と感じて悲しくてイライラしているんです。本音は好かれたくて大事にされたくて悲しいんですよ。
    解決方法はカンタン。ぶつかって思いっきり喧嘩すること覚悟で、今度からイライラを感じた時は素直にそれを表現することです。そして、彼に対して我慢したり良い彼女になろうとか好かれようとせず、テキトーに勝手に振る舞い、疲れた時には愚痴を言うことです。
    がまんしないでね(  ̄▽ ̄)がまんはがまんできない自分を自己嫌悪する種になるだけで得はありません。

replies 1 (of 1 total)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆